初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

フォグランプとは?HID化とLED化でも車検に通る色から後付け交換や配線まで!

黄色のフォグランプは車検に通らない?いつのまにかそんな噂が流れています。黄色のフォグランプこそ、悪天候の視界確保には最適な色ですが、どうやら情報が曖昧になっているようです。ここでフォグランプに関する正しい情報を整理してみたいと思います。何色なら大丈夫?HIDやLEDのフォグランプは車検に通るの?どうやって取り付けるの?そんな疑問にお答えします。

フォグランプとは?

フォグランプとはヘッドライトの補助としてバンパーに取り付けられるライトのことです。
フォグ(fog)とは霧のことを指し、濃霧が発生した場合の視界確保のための補助灯であることがその由来で、保安基準上では前部霧灯と呼ばれます。
濃霧だけでなく、降雪時や雨天時の良好な視界確保にも役立つフォグランプは、路肩を照らすほどの広い範囲を照射する特性から、真っ暗な夜の山道でもその効果を発揮します。

しかし、近年のHIDの普及で、ヘッドライト単体での十分な光量と視界確保が可能になっているため、ファッションとしてのフォグランプが一般的になっているようです。

HIDとは

フォグランプのつけっぱなしはマナー違反

リアフォグを消し忘れて走行する先行車。後続車はとても迷惑です。

フォグランプを付けっぱなしにして走行していませんか?
光量が控えめなものであれば問題はありませんが、本格的なフォグランプは広い範囲を明るく照らすので、対向車までも眩しく照らしてしまいます。
当然、対向車のドライバー思わず眩しくて目をそらすか、強い光を受けたドライバーの眼は瞬間的に視力を失ってしまいます。
これは「眩惑」と呼ばれる現象で、そこへ歩行者が道路へ飛び出したという事態になれば事故は必至です。
車の灯火類を扱う際には忘れてはいけない大切なことです。

リアフォグランプもつけっぱなし注意

霧が発生しやすいヨーロッパの車では装着が義務化されているリアフォグランプ。
濃霧が発生した際にいち早く車の存在を後続車に知らせるための装備です。
車の後ろについているので、ドライバーは消灯を忘れやすく、後続車は終始ブレーキランプよりも強烈な赤い光で眩惑されることになります。
ヘッドライトのパッシングで注意を知らせようとしても、気づいてくれることは希で、当のドライバーはなぜパッシングされているか分からず困惑する始末。
これで事故でも起きたら、笑い話にもなりません。

フォグランプは必要なときにだけ使うのがマナーです。
消し忘れには十分注意しましょう。

HID化やLED化したフォグランプは車検に通る?

アーク放電による闇を切り裂く鋭い光が特徴のHID。
また、指向性の強い光がまるでレーザービームのようなLED。
それに対し、いまだ多くのフォグランプに使われるのは、暖かみのある暖色光のハロゲンランプ。
これではどうもマッチングが悪いということで、フォグランプのHID化やLED化をして、ヘッドライトとの光り具合や色をそろえるのが現在のトレンドのようです。

HID化、LED化したとしても、保安基準に則った正しい取り付けがなされていれば車検は問題なく通すことができます。
取り付ける前に、フォグランプの保安基準を確認してみましょう。

ハロゲンランプとは

フォグランプの光の色の保安基準

フォグランプの光は「白色または淡黄色」で「その全てが同じ色」とされています。

フォグランプを含む、車のライトに使われる灯火の色は、色温度(単位はk、ケルビン)と呼ばれる数値で判断されます。
フォグランプの光は「白色または淡黄色」と規定されているので、車検に通る色はおよそ3,000k〜6,500kの範囲となります。
3,000k未満ではウィンカーの橙色に近くなってしまうのでNG。
6,500k以上では青色が強く出てしまい、視認性が低下するため車検には通りません。
きわどい色温度の場合は、試験管の判断によっては車検が通らない場合があるので、3,000k〜6,500kの範囲内に収めるのが無難でしょう。

フォグランプの光量の保安基準

光を表す単位には輝度、ルクス(照度)、ルーメン(光束)、カンデラ(光度)などが規定されています。
平成17年12月31日までに製造された車は、補助灯の光りの強さが1万カンデラ以下とされています。
純正のハロゲンヘッドライトが約1万5000カンデラ弱くらいなので、ヘッドライトよりやや暗いあたりが1万カンデラです。
バルブの明るさではなく、フォグランプユニットの明るさとして判断されるので、大きなフォグランプに35w以上のHIDを装着した場合は1万カンデラを優に超えてしまうので注意が必要です。

平成18年1月1日以降に製造された車は、光の強さ制限はありませんので、ハイワッテージのHIDやLEDに交換したとしても光度車検が通らないということはないでしょう。

フォグランプの取り付け位置の保安基準

フォグランプを新規に取り付ける場合は、その取り付け位置にも詳細な規定があります。
ヘッドライトよりも下であり、地上250mm以上、800mm以下。
車幅の端から400mm内の位置に左右対称に取り付けられることが条件です。
その上で、同時点灯は2灯までとしなければなりません。
以上の保安基準の規定により、すべての車の純正フォグランプはあの位置に取り付けられているのです。

フォグランプの作動条件の保安基準

フォグランプは、スモールランプやテールランプの点灯時にフォグランプ単体で点灯、消灯できる構造にする必要があります。
つまりスモールランプ、テールランプが点灯している状態であることが、フォグランプを使える条件であるということです。
これは周りから見て、夜間の車の形状を把握しやすいようにとの配慮でしょう。
また、フォグランプが点灯しているか消灯しているかを、車内からスイッチやインジケーターですぐに確認できるようにしなければいけません。

LEDフォグランプへの交換方法

LEDフォグランプの取り付け動画

LEDライトは発光ダイオードという電子部品を点灯させることで高輝度の光を発生させるライトです。
最大の特徴は、省消費電力ながらハロゲンよりも明るい光を発生することができる高い効率特性。
くっきりした光が特徴でHIDヘッドライトの光りにもよくマッチします。
取り付けは単純で、通常の電球交換のように付け替えるだけです。

ただし、LEDバルブを発光させるためには電圧制御基盤が必要です。
LEDドライブと呼ばれる制御基盤は発熱するため、多くの製品が冷却装置とともにLEDバルブ後端に取り付けられます。
そのためハロゲンバルブに比べて全長が長くなってしまう傾向にあります。
特に、バンパー裏のスペースが少ない軽自動車は取り付けスペースが確保できない場合が多く、バルブ部とドライブ部が分離しているタイプのLEDバルブがおすすめです。

HIDフォグランプの配線と取り付け方

HIDフォグランプの取り付け、配線動画

HIDはディスチャージランプとも呼ばれ、車の12ボルト電源を昇圧した約2万ボルトのスパークが、あの鋭い光りを作り出します。
しかし、HIDをフォグランプとして使用するためには、重く大きな安定器(バラスト)と昇圧器(イグナイタ)を上手く収めなければいけないためLED以上にスペース確保が重要になります。
HIDバルブの発熱量は、明るさに応じて増えるので、最近主流の省消費電力タイプのフォグランプでは、ランプハウジング自体がHIDの発熱の耐えられず、曇りや融解を起こしてしまう場合があるので注意が必要です。

また、HIDランプは省消費電力とされていますが、発光開始時に大きな電流を必要とします。
エンジン始動直後の電圧低下した状態で、ヘッドライトとフォグランプのHIDを動時点灯した場合、バッテリーと配線にかなりの負担がかかっていると思われます。
フォグランプのむやみなハイワッテージHID化は考えものかもしれません。

HIDフォグランプの配線

市販されているHIDキットであれば、そのままフォグランプ配線→バラスト→イグナイタ→バーナーバルブへとコネクタをつなぎ、ボディアースを取るだけで動作させることができます。
しかし、ハイワッテージHIDバルブでは、電力不足で点灯不良を起こすことがあります。
その場合には「電圧低下防止リレー回路」を追加することで、安定した始動電力を供給することができます。

電圧低下防止リレーとは

純正の細い配線ではHIDが必要とする電力を確保することができずに起こるのがHIDの点灯不良です。
車に限らず、電気配線は太いほど瞬間的に大きな電流を流すことができます。
大電力を消費するフォグランプに安定した電力を供給するには「電圧低下防止リレー」を使います。

「電圧低下防止リレー」とは、電磁石のオン・オフを制御するための細い配線と、大きな電流を流せる太い配線で構成されている部品です。
スイッチをオンにすると、リレー内の電磁石が動き、接点がくっついてバッテリーからフォグランプへと電気が流れ、スイッチをオフにすると接点が離れて電気が止まる仕組みです。
陸上競技のリレーのようにスイッチ信号のバトンを渡して、大きな電力を流すことができるのがリレーの役割です。

後付けフォグランプの配線

フォグランプが付いていない車にフォグランプを装備する場合には、車内にスイッチを設置するための配線を引きこまなければなりません。
引き込んだ配線をリレーの電磁石側に接続し、バッテリーとフォグランプの間にリレーの太い配線を挟みこむことでフォグランプの配線回路ができあがります。
そのための便利な配線キットも販売されています。

ちなみに、業者にフォグランプ追加を依頼した場合の工賃は、1万5000~3万円+部品代というのが相場のようです。

フォグランプは安全な走行を補助するための装備

視界不良での視認性、被視認性を高めるための安全装備が本来のフォグランプの役割です。
フォグランプが原因で事故が起こるようでは意味がありません。
フォグランプ運用の大条件として「他の交通の妨げにならないもの」と保安基準で規定されています。
法律としては、やけに曖昧な表現ですが、モラルやマナーを守った運用を心がけてくださいというメッセージにほかなりません。
特に、過度に明るいフォグランプの付けっぱなし、光軸のズレには注意しましょう。

ライトに関する記事はこちら