初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スバル新型WRXフルモデルチェンジ最新情報!発売日とスペックや価格は?

東京モーターショー2017では、スバルの新型コンセプトモデルの展示や、新型市販モデルのお披露目が行われました。本記事ではコンセプトモデルがベースとなると予想される新型WRXフルモデルチェンジについての情報をお伝えします。

スバルの新型コンセプトモデルが公開!

VIZIV PERFORMANCE CONCEPT

東京モーターショー2017にてスバルの新型コンセプトモデル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(スバル ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト )」が世界初公開されました。

このコンセプトモデルは、スバル独自の運転支援システム「アイサイト」を核とした高度運転支援技術の搭載し、スバル共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID”に基づいたスポーツセダンスタイルを採用しています。

スバル ヴィジヴ パフォーマンス コンセプトに関してはこちら

東京モーターショー2017についてはこちら

コンセプトは新型WRXフルモデルチェンジモデルのベース?

現行型 スバル WRX S4

前述の「スバル ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」のフロントの雰囲気や、WRX STIの新型ホットバージョン「S208」や新型BRZ STIの発表を前面に押し出していることから、スバルの方向性は「走りの愉しさ」をアピールするものだと読み取ることが可能です。
つまり今回のコンセプトモデルは、新型WRXフルモデルチェンジを示唆しているものと予想されます。

過去のコンセプトモデルはSUVモデルでしたが、今回は本格スポーツセダンを採用していることからも、安全性や環境配慮を前提として昨今の自動車イメージから離れかけている「走りの愉しさ」に勢いを吹き返そうという意図は必然的でしょう。

スバル現行型WRXについてはこちら

新型WRXのエクステリアデザイン(外装)は?

現行型 スバル WRX S4

新型WRXの外装デザインは現行型よりアグレッシブになるという噂があります。
東京モーターショー2017にて発表されたコンセプトモデル「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」の未来的なデザインは、新型WRXを示唆するものだと思われます。

「ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト」のデザインがそのまま採用される可能性は非常に低いですが、現行モデルよりスポーティーなデザインになる可能性はあるでしょう。

新型WRXのインテリアデザイン(内装)は?

現行型 スバル WRX S4

現時点では、新型WRXの内装変更等の情報は確定していません。
WRX S4 D型の内装は、通常のセダンのような上質感は採用せず「操縦室」を意識させる機能的な雰囲気となっています。
新型WRXも同様のコンセプトを採用する可能性は十分に考えられます。

新型WRXのエンジン性能とスペックは?

パワートレインに関しては明らかになっていませんが、FA20型「DIT」の高出力バージョンに6速MTを組み合わせたものになるだろうと言う噂があります。
また、新型のWRXではSTI(MTのみのラインナップ)にもアイサイトが装備される可能性がありますが、真相は明らかになっていません。

現時点で最新型である「WRX S4 D型」のスペックを以下に掲載しますので、参考にしてみて下さい。

WRX S4 D型のボディスペック

全長全幅全高
4,5951,7951,475
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6501,7655
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

WRX S4 D型のエンジン性能

エンジン種類水平対向4気筒DOHC
16バルブ ツインスクロールターボ
排気量2.0L
最高出力227[308]/6,400
最大トルク422[43.0]/4,400
トランスミッション6速MT
駆動方式AWD
使用燃料レギュラー/ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型WRXのカタログ燃費と実燃費

新型WRXのエンジン、トランスミッションや車両重量に変更があることはほとんど間違いありませんが、現時点で燃費性能の予想は不可能です。
下記のWRX S4 D型の燃費性能を参考にしてみてください。

JC08モード燃費12.4~13.2
実燃費-
[単位]km/L

新型WRXの新車車両価格は?

新型WRXの新車車両価格は現時点で不明です。
しかし、エンジン性能の向上やアイサイト標準装備などが行われれば、価格は上がる可能性は高いとの見方も可能です。
参考として、WRX S4 D型の新車価格を以下に掲載します。

スバル WRX S4 D型
2.0 GT アイサイト337万
2.0 GT-S アイサイト374万
[単位]円(消費税込み)

スバル WRXとは?

現行型 WRX S4 D型

スバルWRXは、1992年に発売されたスバル インプレッサをベースとして、WRC(世界ラリー選手権)などの競技用に開発されたスポーツセダンです。

インプレッサ発売と同時に登場した際は「インプレッサ WRX」という名前を持ち、あくまでラリー用のインプレッサとして扱われていましたが、2014年のフルモデルチェンジを期に「スバル WRX」として独立しました。

現行型 WRX S4 D型についてはこちら

新型WRXの発売日は東京モーターショーで明らかにならず

現行型 WRX S4 D型

新型WRXの発売日は現時点で不明です。
今回公開される「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(スバル ヴィジヴ パフォーマンス コンセプト )」が新型WRXのベースであるという仮説を元にすれば、2015年に公開された一つ前のコンセプトモデル「ヴィジブ フューチャー コンセプト」の市販化モデルが2018年の発売が予想されているため、今回の場合も市販化は3年後である2020年という予想は可能です。

現段階は仮説を立て、そこから予想するという範疇を超えることができない状態です。
東京モーターショーで発売時期が発表されるかもしれないと期待されていましたが、発表はありませんでした。
スバルからの公式発表に期待ですね!

東京モーターショー2017の展示車両についてはこちら

スバルの新型車情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!