MOBY

ミライース徹底攻略!実燃費・評判・最新値引き価格・モデルチェンジ後の新型情報など

ダイハツの軽自動車といえばミライース、いえ今人気の軽自動車といえばミライースと言えるでしょう。そんな大人気のミライースの情報を今回を徹底解説したいと思います。

ダイハツのミライースってどんな車?

ダイハツミライース

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

軽自動車を得意とするダイハツが、ハイブリッド車でも電気自動車でもない、第3のエコカーとして開発したのがミラ イースです。
低燃費、エコ、低価格という3つの柱をそれぞれ高いレベルで実現しました。

予防安全性の評価で「先進安全車」の評価を受けたスマートアシストを搭載し、安全性能もバッチリです。
スマートアシストは、誤発進抑制制御機能や、衝突回避支援機能、先行車発進お知らせ機能、急なハンドル操作時の車両安定性を確保するなどの機能があります。

さらに、エコドライブアシストディスプレイにより、燃費のいい走り方も一目で教えてくれます。

ミライースのデザイン・内装は?

ミライースの内装

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツミライースのインパネ

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

外観のデザインだけみても、ライバルのスズキ・アルトエコとくらべても室内幅、室内長ともに10cm程大きくなっています。

実際車は10cm広いだけでかなり広く感じるもので、乗ったときに「広い!」と感じることができる軽自動車となっています。

しかも、古い立体駐車場は車高の上限が1500mm程度の所も多く、全高が1500mm以下のミライースは停める場所にも困りません。最近人気のトールワゴンでは、停められない立体駐車場もあるので、まさにちょうど良いサイズ感といえそうです。

コンパクトなボディでありつつも、ロングホイールベースによって、スペースを最大現に活用する快適空間は他の自動車会社のライバル車種と一線を画しています。リヤ席のひざ前も広びろとしていて、大人がゆったりと座ることができる空間を実現しました。

徹底的に低コストにこだわった車ながら、2011年にグッドデザイン賞を受賞している事もプラスポイントですよね!

ミライースの燃費・実燃費も気になりますよね?

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

2011年の発売当初の燃費はJC08モード燃費で30km/Lでしたが、2013年のマイナーチェンジで33.4km/Lへと伸びました。

さらに2014年のマイナーチェンジで35.2km/Lを達成!年々、燃費が向上してる期待のエコカーです。

ミライースの評判・口コミは?

とにかく燃費が良いです。エアコン使った街乗りでも、平均27km/Lを下回ることがありません。
ガソリン代がかなり節約できるようになりました。大変満足です。

出典:http://www.goo-net.com/

車両価格が控えめで燃費がすごくいい。
維持費は普通の車と比べてかなり抑えられるんじゃないでしょうか。
走りの面では坂道や高速道路では非力感は否めませんが街乗りメインなので
十分と思っています。

出典:http://www.goo-net.com/

購入者の声を見ると、経済性と燃費の良さに満足している方が多く見受けられました。
軽自動車の中でも経済性能はトップクラスなのではないでしょうか。

ミライースの価格・中古車価格ってどれくらい?

ダイハツミライースの価格

出典:http://blog.evsmart.net/

車体価格766,286円から購入することができます。しかも消費税込です。100万円を切る価格で35.2km/Lの燃費の良さはかなり経済的です。

この価格でエアコンやオーディオなどの運転を快適にしてくれる装備が付いていることを考えると、かなりお買い得な車と言えそうですね。

さらにはスマートアシスト付きでも966,857円(消費税込)から購入が可能です。100万円を切る値段で高い安全性能も買えてしまう車は、ほかになかなか見当たりません。

中古価格は30万円~くらいです。セカンドカーとしてもお手ごろな価格です。

ダイハツ「ミライース」を安く買うには?

グレードにもよりますが、5万~10万ほどの値引きが可能です。


①競合車を調べておきましょう

ライバルはスズキのアルトが挙げられます。
また、トヨタのピクシスエポックはミライースのOEM供給車なので、価格を調べて比較しておきましょう。
これらの市場価格を調べてから交渉に臨むと、きちんと下調べをしている事がディーラーさんにも伝わり、値引きを引き出しやすくなるでしょう。


②買うタイミングを見極めましょう

年末年始や決算期などはディーラーも多く売りたい時期ですから、値引きを引き出しやすくなります。
また、消費税増税前の駆け込み需要も予想できます。
グリーン税制による軽自動車税の軽減対象は、平成28年3月31日までの新車新規届出車なので、それまでに買えば税金が少し安くなります。
エコカー減税は平成29年までなので、買い替えを考えている方は考慮に入れておきましょう。


③ディーラーの下取り価格と買取業者の買取価格を比較しましょう

ネットなどで買取業者の買取価格を調べておき、ディーラーさんから下取りありと下取りなしの見積もりを貰いましょう。
買取価格が下取り価格より大幅に高い事もあります。
場合によっては数十万の差が出る事も!

現在乗っている車は古い車だし、どこで売ってもたいして変わらないだろうと思わず、まずネットで査定してみてください。

モデルチェンジ後の新型ミライースについて

コンセプトモデルの画像

出典:http://www.daihatsu.co.jp/

2015年の東京モーターショーで発表されたコンセプトモデルのD-BASEが注目され、ミライースのフルモデルチェンジも期待されています。

現時点でかなり燃費のいいミライースですが、今回のフルモデルチェンジを経て、JC08モード燃費で40.0km/Lを超えてくると噂されています。

ライバル車種であるスズキ・アルトがJC08モード燃費37.0km/Lということを売り出していることもあり、新型ミライースはそれに対抗していくと考えられています。

時期も2016年の秋頃と予想されているので、これからの情報に期待しましょう。

フルモデルチェンジ予定の新型ミライースの詳細な予想情報はこちらです!

ミラ イースはエコとスマートのコンセプトから生まれた「第3のエコカー」

ダイハツのミライースは新しいエコカー

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

低燃費低価格で環境にも優しい第3のエコカー、「ミラ イース」。
経済性ならトップクラスのこの車ですが、できる事なら可能な限り安く買いたいところですよね。

元々の販売価格は安いですがさらに安く買う事が可能です。
そのためには、特に下取りと買取を比較する事で総支払い額を抑える事が重要になってきます。
よく調べて、賢く安く買いましょう。

ダイハツのモデルチェンジ情報はこちらにまとまっています!

ダイハツ以外の人気軽自動車の情報も注目です!

ドライバーの方の細かな悩みを解決してくれる便利グッズばかりです。