初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ新型エンジンのトリプルチャージャーとは?構造や出力や搭載車種など

独創的なエンジン開発において定評のある「マツダ」が、アメリカにおいて新型エンジンの特許申請を行っていることが明らかとなりました。本記事は、マツダ新型エンジンとなる「トリプルチャージャー」の構造、出力や将来搭載されるであろう車種についても紹介しています。

マツダ新型エンジンを米国で特許申請!

マツダ エンブレム

アメリカ「USPTO(特許商標庁)」は公式サイトにおいて、マツダが新型エンジン技術を特許申請中であることを明らかにしました。
公式サイトによると、新型エンジン技術とは「トリプルチャージャーによるエンジン技術」であるとのことです。
「トリプルチャージャーエンジン」とは、どのようなエンジンをいうのでしょうか?
その構造をご紹介しましょう。

マツダが開発したロータリエンジンについてはこちら

マツダ 新型エンジン「トリプルチャージャー」とは?

マツダ トリプルチャージャーエンジン

マツダ トリプルチャージャー パテント

特許申請中のマツダの新型エンジンは、2つのターボチャージャー(ダブルターボ)に、電子制御となるスーパーチャージャーがプラスされた、いわゆる「トリプルチャージャーエンジン」となるようです。
このトリプルチャージャーはその原理としては新しい技術ではなく、最近ではアウディが「SQ7 TDI」で、ベントレーが「ベンテイガ」で搭載しています。
トリプルチャージャーは、簡単にいうと、ターボの特性を生かせる(ターボラグが発生しない)中・高速回転域の走行には2つのターボチャージャーでパワーを確保、応答性の落ちる(ターボラグが発生する)低速回転域の走行には、電子制御となるスーパーチャージャーでパワーを確保するような仕組みといえます。
トリプルチャージャーは、排気量の少ないエンジンでも高パワーとなる夢のあるエンジンですが、一方でデメリットもあり、部品数が多くなる、エンジンが重くなる、エンジンコストが高くなるなどの問題もあるのです。
マツダ 新型エンジン「トリプルチャージャー」の胆(きも)となるのは、どのくらいエンジンを軽くできるか、また、コストをどれだけ安く抑えられるか、そしてパワーを発揮しつつも現在のトレンドである燃費向上がどれだけ達成できるかにかかっているといえるでしょう。

ターボチャージャーとスーパーチャージャーに着いての記事はこちら

マツダ 新型エンジン 搭載車種は「SUV」か「スポーツカー」?

マツダ RX-9 予想レンダリングCG

マツダ新型RX-9 予想レンダリングCG

マツダ 新型エンジン「トリプルチャージャー」の搭載車種は何になるのでしょうか?
海外での予想の多くは、エンジンが大きくなることを見越して、FRのスポーツカータイプとなるのではないかと予想しています。
そうなると、「RX-8」の後継車あたりとなるのでしょうが、本記事では敢えて「SUV」もありえるのではないかと予想します。
何故なら、トリプルチャージャーが採用されたアウディ SQ7 TDIは「V8 4.0L ディーゼルエンジン」を持つ5人乗り高級SUVです。
スカイアクティブ技術で高性能のディーゼルエンジン開発において定評があるマツダですから、マツダ フラッグシップSUVの「CX-8」次期型ディーゼル4WDに「トリプルチャージャー」が搭載される可能性は無いとは言い切れないでしょう。

マツダ 新型エンジン 「トリプルチャージャー」の出力は?

マツダ CX-8 現行型

マツダ 新型 CX-8 外装

マツダ 新型エンジン「トリプルチャージャー」の出力などスペックに関しては、まだ情報は公開されていません。
しかし、エンジンのダウンサイジングがトレンドとなっている今、大排気とはならず、最大でも3.0L当たりにトリプルチャージャーが搭載されるのでは?と思われます。
前述のアウディ SQ7 TDIは、4.0Lディーゼルターボで最高出力435psとなっていますが、価格帯も1,000万以上という超高級SUVです。
現行の「マツダ CX-8」を考慮すると、その価格設定はないでしょうが、グレード「XD プロアクティブ」が、2.2Lディーゼルターボで最高出力190psですから、3.0Lにトリプルチャージャー搭載で250~280psの最高出力となるパワーアップが実現できたら嬉しいですね。

マツダは「エンジン」にこだわり続ける!

マツダ 次世代RENESIS ロータリーエンジン

マツダ 次世代RENESIS ロータリーエンジン

自動車メーカーがPHVやEVに次々と開発をシフトするなか、マツダはまだまだ従来のエンジン開発にもこだわりを見せ続けます。
そして、スカイアクティブなど、目からウロコとなるような技術を生み出し、次の一手につなぎ続けています。
また、ロータリーエンジンもひそかに開発を続けているとの情報も。
これもきっと近い将来、次世代ロータリーエンジンへと飛躍するかも知れません。
特許出願中の「トリプルチャージャーエンジン」も、要注目ですね。
詳細が分かり次第、また紹介したいと思います。ぜひ、乞うご期待下さい。

マツダの新型車に関連するおすすめ記事はこちら

マツダの技術に関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す