初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

三菱新型クロスオーバーSUV e-EVOLUTION CONCEPT発表!ランエボEVで復活?スペックや価格は

三菱自動車は9月20日、新型コンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を東京モーターショー2017で初公開すると発表しました。e-EVOLUTION CONCEPTは、クロスオーバーSUVのハイパフォーマンスEVとなります。本記事では、e-EVOLUTION CONCEPTのスペックや価格についての予想を紹介しています。

三菱新型クロスオーバーSUV「e-EVOLUTION CONCEPT」が発表!

e-EVOLUTION CONCEPT

三菱 新型 e-EVOLUTION CONCEPT

三菱自動車が東京モーターショー2017でお披露目する予定の新型コンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT(eエボリューションコンセプト)」の情報を公開しました。
e-EVOLUTION CONCEPTは、三菱自動車の新たな成長と発展、これからの車づくりの方向性を示唆するEVコンセプトカーであり、公開された1点の画像からはクーペスタイルのクロスオーバーSUVであることが見て取れます。

東京モーターショー2017についての記事はこちら

三菱新型e-EVOLUTION CONCEPTとは?注目ポイントまとめ

書類 チェックリスト

「e-EVOLUTION CONCEPT」の注目ポイントは、以下の3点となります。

・クーペスタイルのクロスオーバーSUV
・進化したEV、四輪制御技術を搭載
・ドライバーアシスト機能を搭載するAI技術を採用

e-EVOLUTION CONCEPTは、三菱自動車が得意とするEV技術や、四輪制御技術をはじめとしたSUVノウハウを一層進化させ、新たにAI技術を搭載したクロスオーバーSUVタイプのハイパフォーマンスEVです。
乗る人の行動意欲を駆り立て、一歩先へと踏み出す気持ちを後押しします。
また、「e-EVOLUTION CONCEPT」という車名には、三菱自動車独自のEVの進化形(EVOLUTION)という意味が込められているとのことです。

三菱新型e-EVOLUTION CONCEPTの外装(エクステリア)デザイン

三菱 e-EVOLUTION CONCEPT 2017
三菱 e-EVOLUTION CONCEPT 2017
三菱 新型 e-EVOLUTION CONCEPT

三菱アウトランダーPHEVの「ダイナミックシールド」フェイス

三菱 アウトランダーPHEV 2015年 現行型

2017年10月5日、e-EVOLUTION CONCEPTのフロントビューおよびサイドビューが新たに公開されました。
フロントデザインには三菱車の統一デザインである「ダイナミックシールド」フェイスが採用される可能性が高いと思われます。
ハッチの傾斜はなだらかで、クーペのようなデザインになっています。

ドアミラーにしては異様に小さい突起物など、何らかの機能の要となるであろうパーツも気になるところです。

アウトランダーPHEVに関連するおすすめ記事はこちら

三菱新型e-EVOLUTION CONCEPTのパワートレイン

三菱 i-MiEV

i-MiEV

e-EVOLUTION CONCEPTのEVパワートレイン

2017年10月5日、e-EVOLUTION CONCEPTのパワートレインに関するいくつかの最新情報が公式に発表されました。

e-EVOLUTION CONCEPTには小型・高性能モーターと大容量の駆動用バッテリーが搭載されることが明らかになりました。
これにより、どんな気象条件や路面状況においても安全で快適なドライビングを提供すると述べられています。

三菱自動車では、「i-MiEV」「ミニキャブ・ミーヴ」といったEVを販売していますが、e-EVOLUTION CONCEPTのパワートレインは、これらに使用されているEV技術をより進化(EVOLUTION)させたものが搭載されると言います。

他社が発表しているコンセプトEVの航続距離が軒並み500km以上になっていることを考慮すると、e-EVOLUTION CONCEPTも他社に対抗して、500km以上という実用的な航続距離を持っていることが十分に考えられます。

また三菱自動車は現在、他社と共同で非接触充電システムを開発しているので、e-EVOLUTION CONCEPTに搭載されるかもしれません。

e-EVOLUTION CONCEPTの4WDシステム

10月5日の公式発表により、フロントに1機のモーター、リヤに新開発の「デュアルモーターAYC(Active Yaw Control)」を搭載したトリプルモーター方式の4WDシステムを採用することが発表されました。

e-EVOLUTION CONCEPTには、三菱自動車がパジェロやアウトランダーの開発で培ってきた四輪制御技術やSUVのノウハウを、一層進化させたものが搭載されると述べられていました。

他社の新型コンセプトEVについてはこちら

三菱新型e-EVOLUTION CONCEPTのAI技術

人工知能

2017年10月5日、e-EVOLUTION CONCEPTに搭載されるAI技術に関する情報も発表されました。
e-EVOLUTION CONCEPTの車載AIは、多くのセンサーにより道路環境や交通状況を認知、さらにドライバーの操作からドライバーの意思を正確に読み取ることで安全で快適なドライビングを提供します。

また車載AIには独自のコーチング機能が搭載されることが明らかになりました。
車載AIがドライバーの運転技量を把握し、運転技量を向上させるメニューを考え音声対話や全面大型ディスプレイ表示を使ってアドバイスされます。
これによりドライバーは技量に関わらず、知らぬままに意のままにドライビングを楽しめる一方、はコーチング機能を活用したドライビングを行うことで、今まで以上にクルマを乗りこなす楽しさも提供します。

同じ三菱グループである「三菱電機」では、AIを用いた衝突回避支援システムや自動運転技術などを開発しているというので、e-EVOLUTION CONCEPTには、その成果が加えて搭載される可能性があります。

三菱新型e-EVOLUTION CONCEPTの価格

自動車 金額 価格 円

e-EVOLUTION CONCEPTの価格については、まだ公式からの発表はありません。
ただ、最新のEV技術やAIなどを搭載するとしていることからも、市販された場合の価格設定は、それなりの高さになるのではないでしょうか。

三菱新型e-EVOLUTION CONCEPTは「ランエボEV」として復活の噂も?

ランサーエボリューションEVの予想イメージ

復活ランエボ 予想レンダリングCG

e-EVOLUTION CONCEPT(eエボリューションコンセプト)はその車名から、三菱が世界に誇る名車「ランサーエボリューション」の次期モデルではないか、という噂も流れています。
e-EVOLUTION CONCEPTが、本当に新型ランエボEVになるのかは分かりませんが、その全貌は10月25日から開催される東京モーターショーで明らかとなるので、楽しみに待っていましょう。

MOBYでも、新型e-EVOLUTION CONCEPTに関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

ランエボ復活の噂についてはこちら

三菱自動車の新型車についてはこちら

販売中・新型デビュー予定のEVについてはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す