初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【保存版】中型自動車免許の合宿と教習を費用&期間を徹底比較!一発試験は盲点か?

中型自動車免許の取得は、運送業において大きなメリットとなります。中型自動車免許は2007年に制定された免許で、2017年には「準中型自動車免許」も新しく制定されました。中型自動車免許の区分や、通学教習と合宿の期間や価格差など、まだ広くは知られていません。中型自動車免許の詳細や、通学教習と合宿の期間と費用の比較、一発試験についても紹介していきます。

中型自動車免許とは

中型自動車免許は、中型自動車、準中型自動車、普通自動車の運転ができる免許です。
貨物車や引越し車両、旅客事業以外の目的の自動車学校の送迎バスやスポーツクラブのマイクロバス、幼稚園バスなど、取得により幅広い用途の車が運転できます。

大型免許よりも年齢や運転経歴の条件が緩和されていることや、短期間かつ低費用で取得できることから、近年では仕事の幅を広げるため中型自動車免許取得を目指す方が多くなってきました。

中型自動車とは

中型自動車とは、車両総重量は7.5トン以上11.0トン未満、最大積載量4.5トン以上6.5トン未満または乗車定員11人以上29人以下の車で、一般的な4トントラック、6トントラック、マイクロバスが該当します。

中型自動車免許とは

中型自動車免許は2007年6月2日に施行され、大型自動車免許と準中型自動車免許の間にある免許です。
中型自動車が制定される前は大型自動車免許と普通自動車免許の2つのみで、2007年6月1日以前に普通自動車免許を取得した方は、免許証に「中型車は中型車 (8t) に限る」に記載され、運転できる車は中型自動車の車両総重量8トン以下と限られています。

中型自動車免許を取得するためには場内での教習のほかに、中型仮免許での路上教習を受けた後、路上試験が課せられることになります。
一方、適性試験の内容は、大型自動車免許と同様の基準とされています。

中型自動車免許の取得条件

年齢修了検定までに、満20歳以上になっている事。
限定解除の場合は、卒業検定までに、満20歳以上になっている事。
免許経歴普通自動車または大型特殊自動車の免許期間が通算して2年以上ある事。
視力両眼で0.8以上、かつ片眼で0.5以上。
深視力検査で誤差が平均2センチメートル以下である事。
色彩識別能力赤・青・黄色の識別が出来る事。
聴力10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえる事。(補聴器可)

中型自動車・中型自動車免許についてはこちら

準中型自動車免許とは

準中型自動車免許は2017年3月12日に新設された自動車免許で、準中型自動車、普通自動車が運転できます。
準中型自動車は、普段我々がお世話になっている運送業の配送トラックや、コンビニへ商品を運ぶ運搬トラックのほとんどが準中型自動車になります。

準中型自動車とは

準中型自動車とは、車両総重量3.5トン以上7.5トン未満、最大積載量2.0トン以上4.5トン未満、乗車定員10人以下の車です。

準中型自動車免許とは

準中型自動車免許は、普通自動車免許と中型自動車免許の間にある免許です。

準中型自動車免許が登場する前の2007年6月2日から2017年3月11日までに普通自動車免許を取得した方なら、免許の更新時に「準中型(5トン限定)」に切り替わり、車両総重量5.0トン未満、最大積載量3.0トン未満の車を運転することができます。

2017年3月12日以降に普通自動車免許を取得した方では、運転できる車が車両総重量3.5トン未満、最大積載量2.0トン未満になります。

準中型自動車免許の取得条件

年齢修了検定までに、満18歳以上になっている事。
免許経歴特になし
視力両眼で0.8以上、かつ片眼で0.5以上。
深視力検査で誤差が平均2センチメートル以下である事。
色彩識別能力赤色・黄色・青色の識別ができる方
聴力10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえる事。(補聴器可)

準中型自動車免許についてはこちら

合宿免許とは

合宿免許とは、一定の期間に教習所が用意した宿泊施設に滞在しながら教習を受けることです。
合宿期間中は、免許取得のために学科教習と技能教習のカリキュラムを組み取得を目指します。
短期間で取得でき、非常に高い免許試験合格率となっています。

最短4日で取得も可能

中型自動車が施行される2007年以前に普通車免許(中型8t限定MT)を取得した方は、最短4日で取得することが可能です。
また、準中型自動車が施行された後に普通車免許を取得した方では、最短8日で取得することが可能です。

合宿免許についてはこちら

通学教習とは

通学教習とは、教習所に通いながら教習を受けることで、免許を取得する多くのかたが通学教習を利用します。
平日や土日祝日も一日を通して教習を行っており、自らが空いた時間帯に教習所へ教習を受けることが可能です。
合宿に参加するためのまとまった休みが取れない方や、平日の夜間や土日祝日しか利用できない方は通学教習が一般的です。

平日の夜間や休みの日に利用したい方は、夜間に1~2時限の教習と、休日に1日5時限ほどまとめて教習ができれば、比較的早く免許取得できます。
しかし、技能教習は予約が必要で土日祝日は予約が多くなり、技術講習が受けられないこともあります。
対策としては、空いている日がわかり次第、早めに技術教習の予約を入れておくことです。
合宿に比べれば自由度が高く、空いている時間に学科講習と技能講習を消化しつつ、3カ月ほど時間をかけながら取得することが可能です。

通学教習についてはこちら

中型自動車免許取得を合宿と通学教習で費用を比較

合宿での費用

合宿で中型自動車免許を取得する場合、8t限定中型自動車免許を所持している場合は約9万円~、準中型自動車免許を所持している場合は約14万円~、5t限定準中型自動車免許を所持している場合は約14万円~、普通自動車免許を所持している場合は約16万円~です。
また所有する免許がAT限定の場合、約2~3万円高額になります。

合宿時期で見ると、教習所が込み合う2月~3月(春休み)、7月~8月半ば(夏休み)、12月末から1月初め(冬休み)など、繁盛期のオンシーズンでは高くなり、それ以外のオフシーズンが安くなります。
オフシーズンに合宿へ参加すればお得になっておすすめです。

また、合宿期間内に免許取得まで保証する内容が組み込まれているものなら安心ですが、もし延長になれば、その分の宿泊費や教習日が加わるため、取得までの保証内容などをよく確認することをおすすめします。

通学教習

通学教習で中型自動車を取得する場合、関東地方の教習所で見ると、8t限定中型自動車免許を所持している場合は約11万円~、準中型自動車免許を所持している場合は約12万円~、5t限定準中型自動車免許を所持している場合は約13万円~、普通自動車免許を所持している場合は約16万円~です。
また所有する免許がAT限定の場合、約2~3万円高額になります。

価格の比較

所有免許合宿通学教習
中型自動車免許(8t限定)約9万円~約11万円~
準中型自動車免許約14万円~約12万円~
準中型自動車免許(5t限定)約14万円~約13万円~
普通自動車免許約16万円~約16万円~
AT限定の場合は、プラス約2~3万円

合宿と通学教習では、価格に大きな差はありません。
普通自動車免許や二輪車免許のようには合宿で取得する人数を集めることができず、スケジュール管理や利用者の回転率を上げることが難しいため、むしろ宿泊費の面から通学教習より高額になることもあります。

免許教習費用についてはこちら

中型自動車免許取得を合宿と通学教習で取得までの期間を比較

所持している免許と中型自動車免許取得までの教習数

中型自動車免許は、所持する免許によって取得までに受講しなければならない教習の回数に違いがあり、取得までの期間に違いがあります。

技能教習学科教習
普通自動車免許1段階:7、2段階:8
(AT限定の場合は1段階:11、2段階:19)
1
準中型自動車免許1段階:5、2段階:40
準中型自動車免許(5t限定)1段階:5、2段階:4
(AT限定の場合は1段階:9、2段階:6)
1
【限定解除】普通自動車免許(8t限定)5
(AT限定の場合は9)
0

中型自動車免許取得は、技能教習がメインです。
1日に受けられる技能教習は、第一段階は1日に2時限まで、第二段階は1日に3時限までと決まっています。
また、終了検定は1週間に1回ほどしか行われておらず、試験に落ちれば、普通自動車免許の試験より余分に期間がかかると考えていいでしょう。

通学教習の場合

通学教習で取得までの最短期間は、普通自動車免許所持で8日(AT限定で13日)、準中型自動車免許/5t限定準中型免許所持で5日(AT限定で7日)、8t限定中型免許所持で2日(AT限定で3日)です。

合宿の場合

合宿で取得する場合は、あらかじめ取得までの期間が定められており、おおよそですが、普通自動車免許所持(MT車)で9泊10日、5t限定準中型自動車(MT車)免許で7泊8日、8t限定中型自動車免許所持で3泊4日という合宿期間を設けているところが多いです。

中型自動車免許一発試験は

中型自動車免許は、合宿または通学で教習所の教習を受けながら取得するほか、各都道府県にある運転免許試験場(免許センター)で一発試験で取得する方法もあります。
一発試験は、教習所で行う学科講習と技能講習を受けることなく試験に臨む方法で、うまく合格することができれば短期間で価格も安くすみます。

中型自動車免許一発試験の受験資格は

・20歳以上の方
・準中型、普通、大型特殊免許のいずれかの免許を現に受けており、かつ、当該いずれかの免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算2年以上の方。
・視力が両眼で0.8以上、かつ、一眼でそれぞれ0.5以上であること。
・三桿法の奥行知覚検査器により3回検査し、その平均誤差が2センチメートル以下であること。

仮免技能試験

普通自動車免許や準中型自動車免許を所持している場合、仮免技能試験を受けなければなりません。

仮免技能試験では、場内にて決められたコースを実車走行、持ち点100点からの減点方式で試験官が審査を行います。
下車した後に60点以上残っていれば合格となります。

本免技能試験の前に路上練習

普通自動車免許や準中型自動車免許を所持している方は、仮免技能試験に合格後、5日以上で10時間以上の練習が必要とされています。
また、同乗者は免許暦が3年以上等という条件もあります。

本免技能試験の受験時は、練習に使用した車の車検証の写し(コピー)と、同乗者の免許証の写しが必要になります。

本免技能試験

本免技能試験は、路上にて実車走行を行い、持ち点100点からの減点方式です。
助手席に乗る試験官が審査を行い、70点以上が合格基準です。
また、路上試験前に、場内課題(方向変換もしくは縦列駐車)も行い、場内課題ができない場合は場内で試験終了となることもあります。

取得時講習

本免技能試験合格後は、「中型自動車講習」「応急救護講習」を受講します。
中型自動車講習は普通二種免許を持っていれば免除となります。
応急救護講習は普通自動車や二輪車免許を所持している人や、看護師や医師免許を持っている人であれば、免除となります。

中型自動車免許一発試験の費用は

中型自動車免許一発試験の費用は、普通自動車免許、準中型自動車免許、5t限定中型自動車免許を所持する方では、仮免許から受ける必要があるため、8t限定中型自動車免許を所持する方と価格に差が出てきます。

中型自動車免許一発試験での費用一覧
普通自動車免許
準中型自動車免許
5t限定 準中型自動車免許
8t限定中型自動車免許
仮免受験料4,750円-
仮免許交付手数料1,200円-
中型仮免許 受験手数料2,850円-
中型仮免許 試験車使用料1,550円-
中型仮免許 交付手数料1,100円-
中型本免許 受験手数料4,400円4,400円
中型本免許 試験車使用料2,650円2,650円
取得時講習受講料20,300円20,300円
免許証交付料2,050円2,050円
合計金額40,850円29,400円
※これらは東京都での価格です。地域によって価格差が生じる場合もあります。

中型自動車免許一発試験の練習場所は

一発試験の受験者や運転の苦手な人などを対象に、運転練習専用のコースを貸している所があります。
「貸しコース」、「運転練習場」、「自動車練習所」と呼ばれるところで、届出教習所(特定届出教習所)が貸しコースを兼ねて営業しているところもあります。
踏み切り、S字、クランク型、坂道、信号、縦列駐車・方向変換のスペースなどが設置され、利用時間内にコースを走行することが可能ですが、中型自動車免許取得3年以上の人を助手席に乗せるなど条件がありますので注意して下さい。

コース利用料金は50分~1時間で2,000円ぐらいが相場で、練習車両の貸出をしてくれるところでは、1台約2,000~4,000円になります。

中型自動車免許一発試験のメリットとデメリットは

中型自動車免許一発試験のメリットは、自らの勉強と練習により教習費用の分を安くできることと、期間が短くできることです。
8t限定中型自動車免許を所持していれば、限定解除という形で、本免許技能試験のみを合格すれば取得できます。

デメリットは、一発試験での高い難易度です。
中型自動車免許一発試験は、2015年(平成27年)の受験者数2,340人中、合格者数935人で、合格率は40.0%です。
合格者の平均受験回数は2.5回と、一般でも3回受験して合格しています。
再受験のたびに試験日の予約が必要で、受験手数料や試験車両使用料がかかるため、かなり面倒です。
そのため、長続きせず、途中で投げ出してしまう人が多くいることも事実で、合格までには根気が必要となります。

一発試験についてはこちら

中型自動車免許取得まで合宿と教習どちらが良い?

ここまで、中型自動車免許の取得方法について合宿と教習を比較していきましたが、費用で大きな差はありません。
合宿であれば合格まで最短のカリキュラムで集中して免許取得に取り組めるため、取得までの期間と確実性の面では有利といえます。
今回紹介した中型自動車免許取得までの合宿と教習の比較を参考に、自分にあった方法で中型自動車免許を取得してください。

免許取得の関連記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す