初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車購入時のローンの頭金は必要?メリット&デメリットからいついくら払うべきかも解説

車をローンで購入する際、「頭金をいくら用意すべきか」というのは気になるところです。 結論から言えば、頭金はあればあるほど審査が通りやすくなりますが、場合によっては頭金なしで車を購入することも可能です。 頭金を入れる場合のメリットとデメリット、そして頭金をいつ・いくら支払うのかを解説いたします。

頭金を入れてローンを組むメリット

デメリット

頭金を入れるメリットは以下の通りです。
・ローンの審査が通りやすくなる
・月々の支払額を抑えられる
・利子を減らすことができる

借り入れる金額が少なくなることから審査に通りやすくなり、月々の支払額を抑えられる点がメリットとして挙げられます。
例えば、300万円の車をフルローンで購入しようとした場合、年利5.0%で5年(60回)払いとすると利子分は約40万円となります。
しかし、そこに100万円の頭金を入れて200万円でローンを組んだとすると、約27万円まで利子を減らすことができます。
13万円という金額は、カーナビなどのオプション1~2つ分に相当する金額ですので、車購入時においてこの差は大きいと言えるでしょう。

頭金を入れてローンを組むデメリット

メリット デメリット

一方のデメリットは次のとおりです。

・数十万円~というまとまった金額が必要
・ローンによっては諸費用に充てられないため注意

一方のデメリットとしては、購入時にまとまった金額が必要になってくることが挙げられます。
また、車の購入価格は車両価格とオプションを含めた「本体価格」と、税金や自賠責保険などの「諸費用」にわけられますが、ローンによっては諸費用部分に充てられない場合もあります。
税金や修理費用などある程度まとまったお金を貯めておく必要があるため、必ずしも頭金を多く入れることが良いというわけではないため注意が必要と言えます。

場合によっては頭金なしのフルローンも可能

価格 お金 費用 税金 維持費

頭金が多いほどローンの審査に通りやすくなるのは事実ですが、だからと言って必ずしも頭金を用意する必要はありません。
購入時にまとまった金額を用意する必要がないのがフルローンの特徴ですが、いくつかの条件を満たさなくてはなりません。

フルローンにするための2つのチェックポイント

・point 1:月々の支払額が収入の30%を超えないこと

これは私が自動車ローンを組むときに言われたことですが、月収に対してローンの支払額が3割(※)を超えると審査に通りにくくなります。
また、この支払額には住宅ローンやキャッシングの返済、奨学金なども含まれています。
そのため、月収20万円で奨学金を月に2万円払っているという場合、車のローンに充てられる金額は月々4万円までとなります。
(計算式 = (200,000 * 0.3) - 20,000 = 40,000)
※ 金融機関によってこの比率は異なるようです。

・point 2:借入可能金額の中に収まっている

その人の年収や借入状況によって、ローンを組む以前に「借入可能な額は300万円まで」といったように最高で借りられる金額がわかります。
フルローンを考えている方は、車の購入費用がローンを組める金額内に収まっているかを必ず確認するようにしましょう。

ローンの頭金は契約時点で用意しておく

車 契約

©Shutterstock.com/ tynyuk

車の契約時点で頭金を用意しておくのがおすすめです。
支払うタイミングは、契約時点と納車時点までの2回に分けるのが一般的です。
ただし、支払い時期についてはディーラーによって異なるため、後々のトラブルを防ぐ意味でも契約前によく確認しておくのがいいでしょう。

ローンの頭金の相場は購入代金の20~30%

新車購入 お金 現金 費用

頭金の金額については人それぞれですが、購入代金の20~30%が相場であることが多いようです。
ただし、審査に通るのであれば相場より少なくても問題ありませんし、「支払額が心配」「負担を減らしたい」というようであれば相場より多く出すこともあります。

ローンの頭金の金額設定は計画的に

価格 お金 費用 税金 維持費

©shutterstock/kurhan

車購入時に頭金を支払うメリット・デメリット、フルローンの条件、支払うタイミングや相場などをご紹介いたしました。
ご自身の家計状況と購入費用を照らし合わせて、無理のない範囲で頭金を支払うのがいいでしょう。

車のローンに関するおすすめ情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す