初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキの軽!新型エブリイワゴン!フルモデルチェンジの内容詳細!

スズキ エブリイワゴンは1999年に初代モデルが発売されました。その広々とした室内とパワフルなエンジンで長年人気を誇るワンボックス型の軽自動車です。今回このエブリイワゴンが2015年2月にフルモデルチェンジ!新しくなったエブリイワゴンのスペック詳細をお伝えします!

スズキ エブリイワゴンってどんな車?

スズキ エブリイワゴン PZターボスペシャル 2015年

スズキ エブリイワゴンは、広くて快適な室内空間と荷室が特徴の、伝統的なワンボックス軽自動車です。

積載量が自慢のエブリイワゴンは、「どこへでも」乗っていきたくなるような車という意味を込めて「EVERY」と名付けられています。
1999年6月に初代モデルが発売され、現在は3代目が現行モデルとなっています。

1999年~2005年に生産された初代エブリイワゴン。

スズキ エブリイワゴン 2005年型

2006年1月発売モデル。

スズキ エブリイワゴン 2007年型 内装

2007年発売モデルのインテリア。

軽の中では圧倒的に室内空間が広く、物は積めます!

出典:http://review.kakaku.com/

スッキリデザインに収納多数。
箱バンならではの荷室の広さはピカイチ。

出典:http://review.kakaku.com/

他の軽自動車ワゴンと比べても室内空間が広く感じて、窮屈さを感じませんでした。後席も広めで便利だと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

軽にいっぱい荷物を積みたいけどかったるい走りは嫌だ!と言う方にはピッタリかもしれませんね
スタイリングも悪くないと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

エブリィワゴンの良いところは、圧倒的に広い車室空間はもちろん、電動スライドドアやオートエアコンなどの装備があり、インテリアの質感も高いことです。

出典:http://review.kakaku.com/

軽自動車随一の車内スペースが、やはり人気の理由のようですね。
また、荷物をたくさん載せても、加速するパワーが落ちないようターボエンジンを積んでいるというのもポイントになっています。

エブリイワゴン、約9年半ぶりのフルモデルチェンジ!

スズキ エブリイワゴン 2015年型

今回2015年2月18日に満を持して、「エブリイ」「エブリイワゴン」同時にフルモデルチェンジが行われました。
前回のフルモデルチェンジから、実に9年6ヶ月ぶりとなり、エブリイファンの間でも話題となりました。

今回発売する新型「エブリイ」「エブリイワゴン」はともに、「広さ」「低燃費」「使いやすさ」を追求した軽ワンボックスである。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

新型エブリイワゴンのサイズ感は?

スズキ エブリイワゴン 2015年型 シート

フルモデルチェンジ後のエブリイワゴンは、さらに室内と荷室が拡大され、より広さを感じられる使い心地に生まれ変わりました。

<室内>
◆室内長:2,240mm
◆室内高:1,420mm(ハイルーフ車の場合)
◆室内幅:1,355mm
中でも、室内長2,240mmは軽乗用車トップとなっています。

<荷室>
◆荷室長:1,910mm
◆荷室幅:1,385mm(4名乗車時)
◆荷室高:1,240mm(ハイルーフ車の場合)
◆荷室床面長:1,955mm
◆助手席前倒し時床面長:2,640mm

さらに使いやすくなったインテリア&多彩なシートアレンジ

今まで以上に荷物が思う存分積めて、4人乗ってもゆったり快適な大空間となっています。

フロントシートにはゆとりのあるベンチシートを採用。また、シートスライド量を運転席は65mm、助手席は60mm拡大した。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

ロングホイールベース化とリヤシートスライド量の拡大により、クラストップ※3の1,080mmの前後乗員間距離を実現。
※3 軽キャブワゴンクラス。2015年2月現在、スズキ調べ。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

左右分割可倒式リヤシートや助手席前倒し機構による、多彩なシートアレンジが可能。

出典:http://autos.goo.ne.jp/

スズキ エブリイワゴン 2007年型 内装2
スズキ エブリイワゴン シートアレンジ

乗車人数や用途に合わせてさまざまなバリエーションがあるのが嬉しいですね!

次のページ