初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型CX-8 VSライバル5車種を燃費・価格・性能で比較【7人乗りSUV対決】

マツダは7人乗りの新型CX-8の受注開始と2017年12月14日に発売することを発表しました。今回は、マツダ新型CX-8と、7人乗りSUVのライバル車である、日産 エクストレイル、トヨタ ランドクルーザー、ランドクルーザープラド、三菱パジェロ、アウトランダーで比較していきたいと思います。

マツダ最大のSUV新型CX-8誕生!

2017 マツダ CX-8

マツダは、2017年9月14日に新型CX-8を発表し、12月14日に発売します。
マツダにとって7人乗りSUVを出すのは、1999年まで販売されたプロシードマービー以来で、久しぶりの大型SUV発売となります。
また、CXシリーズがCX-8、CX-5、CX-3まで揃い、マツダのSUVのラインナップを大中小と充実させたことになります。
マツダが、国産自動車メーカーでSUV車の強者になりつつあること伺えます。

マツダ新型CX-8の外装

新型マツダ CX-8 XD L Package マシーングレープレミアムメタリック
新型マツダ CX-8 XD L Package マシーングレープレミアムメタリック

マツダ新型CX-8の外装は、CXシリーズに共通のデザインを継承し、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」に基づいたマツダらしいスタイルです。
CX-5をそのまま縮小したようなスタイルでほぼそっくりですが、プラットフォームは北米で販売されるCX-9と共通でボディサイズが全長4,900mm、全幅1,840mm、全高1,730mmとかなり大きいです。
これは、三菱パジェロと同等なサイズで、実際に見ればCX-5より圧倒的に迫力があります。
外装デザインは、「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、時を経ても乗り手の感性を刺激し続ける先進性を目指し、伸びやかさや水平基調を軸に磨き上げられたデザインは、力強さを感じさせる造形です。
新型CX-8は、大人の落ち着きと上品で凛とした佇まいが、新しいSUVスタイルを実現しています。

マツダ新型CX-8の内装

新型「マツダ CX-8」 XD L Package ディープレッド内装 (2)
新型 CX-8 XDプロアクティブ 内装

新型CX-8の乗車定員は、グレードの「XD」「XD PROACTIVE」に6人乗りと7人乗り、「XD L Package」に6人乗りのみが用意されています。 
エントリーグレードの「XD」でも「7インチWVGA センターディスプレイ」、「3ゾーン対応フルオートエアコン」、「電動パーキングブレーキ」が装備され、機能性は高いです。
質感も、ランドクルーザーのような高級SUVに負けないぐらい高級感があり、最上級グレードのXD・Lパッケージには、本物の木材を使う本杢パネルが装着され、シートの生地はナッパレザーが用いられています。

マツダ新型CX-8についての記事はこちら

【マツダ新型CX8ライバル車】日産エクストレイル

日産エクストレイルの外装

日産 新型 エクストレイル 2017

日産エクストレイルの内装

日産 新型 エクストレイル 2017

日産エクストレイルは、デビューから日産車の中で最も人気のあるSUVであり、すでに日産のSUVラインナップの中ではフラグシップモデルになっています。
中型クロスオーバーSUVでありながら、七人乗車が可能であり、日産自動運転システムの「プロパイッロシステム」や駐車時に便利な「インテリジェントアラウンドビューモニター」、「インテリジェント パーキングアシスト」など充実した機能が搭載されています。
それでいて、車両価格は254万円からと非常にお買い得でコストパフォーマンスの高いSUVです。

日産 エクストレイルの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産エクストレイルについての記事はこちら

【マツダ新型CX8のライバル車】トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザーの外装

トヨタ ランドクルーザー 200系

トヨタ ランドクルーザーの内装

トヨタ ランドクルーザー ZX 2015年 内装

トヨタのSUVといえば、ランドクルーザーでしょう。
デビューから60年以上の間、世界中をユーザーから高い支持を受け、現在では150カ国で販売されています。
内装は、「前後左右独立温度コントロールフルオートエアコン」やオプションでドリンクを冷やしておける「クールボックス」など、非常に多機能かつ高級感があり、後部座席に乗れば、自らがエグゼクティブゲストになった気持ちになってしまうほどです。
ゆえに、高級車として世界中のセレブやアラブの大富豪の愛車、さらには政治官僚の移動車としてもの使われているケースが多いです。

MOBY編集部・ごめすがランドクルーザーのインプレッションを行いましたので、こちらも是非ご覧ください。

トヨタ ランドクルーザーの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ ランドクルーザーについての記事はこちら

【マツダ新型CX8のライバル車】トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザープラドの外装

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ

トヨタ ランドクルーザープラドの内装

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ

トヨタ ランドクルーザープラドは、最近マイナーチェンジをおこないました。
フェイクリフトや内装のデザインも変更され、安全装備トヨタセーフティセンスPが全グレード標準装備されたことで、マイナーチェンジとしては大幅な進化を遂げています。
また、ガソリンエンジン以外にディーゼルエンジン搭載モデルもあるため、新型CX-8の最も強敵な車種でしょう。

トヨタ ランドクルーザープラドの中古車情報


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ ランドクルーザープラドについての記事はこちら

【マツダ新型CX8のライバル車】三菱 パジェロ

三菱 パジェロの外装

三菱 パジェロ SUPER EXCEED Fスタイル 2015年

三菱 パジェロの内装

三菱 パジェロ 4代目 内装

三菱のフラグシップモデルであるパジェロ。
かつては国内新車月間販売台数1位になったほどの人気車でしたが、最近はこれといったモデルチェンジがなく、国産SUVの中では影の薄い存在になりつつあり、販売台位数もライバル5車種の中で最も少ないモデルになっています。
しかし、パジェロは現在170カ国で走っており、世界で見ればまだまだ人気は健在です。
また、三菱は日産の傘下に入ったため、次期パジェロには日産の技術が投入されることも期待でき、これからフルモデルチェンジが楽しみな車です。

三菱 パジェロの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


三菱 パジェロについての記事はこちら

【マツダ新型CX8のライバル車】三菱 アウトランダー

三菱 アウトランダーの外装

三菱 アウトランダー 2015年

三菱 アウトランダーの内装

アウトランダーは、三菱が販売する中型SUVであり、2005年の発売から好調なセールスを継続している車種です。
しかも、アメリカでは2017年2月米国販売台数が前年同月比38.8%アップ、プラグインハイブリッドモデルのアウトランダーPHVは欧州で車種分野別1位獲得と、海外でかなり人気のあるモデルです。
中型SUVでありながら7人乗車可能で、価格が253万円からと求めやすいところも人気の要因でしょう。

三菱 アウトランダーの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


三菱 アウトランダーについての記事はこちら

新型CX-8 VS ライバル5車種を価格で比較

自動車 金額 価格 円
モデルパワートレイン価格
マツダ新型CX-82.2L ディーゼル320万~420万
日産 エクストレイル2.0L ガソリン5人乗り:220万~339万
7人乗り:262万~348万
2.0L ガソリン+モーター5人乗り:289万~367万
7人乗り:317万~337万
トヨタ ランドクルーザー4.6L ガソリン5人乗り:473万
8人乗り:514万~684万
トヨタ ランドクルーザープラド2.8L ガソリン5人乗り:354万~405万
7人乗り:369万~420万
2.7L ディーゼル5人乗り:415万~467万
7人乗り:430万~536万
三菱 パジェロ3.0L ガソリン5人乗り:293万
7人乗り:328万~384万
3.2L ディーゼル5人乗り:400万
7人乗り:375万~495万
三菱 アウトランダー2.0L ガソリン7人乗り:254万~299万
2.4L ガソリン7人乗り:283万~328万
[単位]円(消費税込み)

新型CX-8とライバル5車種の価格を比較すると、新型CX-8は三菱パジェロのガソリン車と同じ価格帯ですが、ディーゼルエンジン搭載車では、最も安いです。
また新型CX-8には、FFと4WDが用意されており、ランドクルーザープラドやパジェロは4WDのみとなっており、駆動方式を選べるあたりも新型CX-8の秀でるところです。
それでも新型CX-8の4WDが343万円からであるため、新型CX-8の方が安いのがわかります。
大型SUVは現在ディーゼルエンジン搭載モデルのほうが人気が高く、リセールバリューも高いため、新型CX-8も価格はライバル車の中で安いですが、売却した時の高く買い取ってくれることが期待できます。

新型CX-8 VS ライバル5車種を燃費で比較

ガソリンスタンド 給油
モデルパワートレインJC08モード燃費実燃費
マツダ新型CX-82.2L ディーゼル7人乗り:17.611.0~12.0【予想値】
日産 エクストレイル2.0L ガソリン5人乗り:16.4(15.6~16.0)
7人乗り:16.4(15.6)
11.3
2.0L ガソリン+モーター5人乗り:20.8(20.0)
14.6
トヨタ ランドクルーザー4.6L ガソリン5人乗り:6.9
7人乗り:6.7~6.9
6.5
トヨタ ランドクルーザープラド2.7L ガソリン5人乗り:9.0
7人乗り:9.0
7.9
2.8L ディーゼル5人乗り:11.8
7人乗り:11.2~11.8
9.9
三菱 パジェロ3.0L ガソリン5人乗り:8.4
7人乗り:8.0
6.3
3.2L ディーゼル5人乗り:10.4
7人乗り:10.0~10.4
11.1
三菱 アウトランダー2.4L ガソリン14.610.2
2.0L ガソリン16.015.0
[単位]km/L ( )内は4WD

新型CX-8の燃費は、ディーゼルエンジンを搭載するランドクルーザープラドやパジェロよりも排気量が小さく、JC08モードで見ればクラストップの燃費性能です。
同じ2.2Lディーゼルエンジンを搭載するマツダCX-5の実燃費は12.9km/Lであり、新型CX-8の車重がCX-5の12%増しになるため、これらから推測すると新型CX-8の実燃費は11.0~12.0km/Lになることが予想されます。
この値は、ランドクルーザープラドとパジェロのディーゼル車より燃費が良く、2.0Lガソリンエンジン搭載のエクストレイルとほぼ同じ値です。
また、購入時は取得税・重量税が免税、クリーンディーゼルの補助金が付いており、燃料が軽油で良いということから、日産エクストレイルハイブリッドと三菱アウトランダー2.0Lガソリンエンジン搭載の次に維持費が安く抑えられるでしょう。
ディーゼルエンジン搭載モデルでは、燃費・税金から維持費が最も安くなることは間違いありません。

新型CX-8 VS ライバル5車種を性能で比較

日産 アウトランダー トヨタ ランドクルーザー ランドクルーザープラド 三菱 アウトランダー パジェロ マツダ CX-8

新型CX-8とライバル5車種を運転機能で比較

マツダ新型CX-8日産 エクストレイルトヨタ ランドクルーザー
機能一覧●i-ACTIV AWD
●G-ベクタリング コントロール(GVC)
●トレーラーヒッチ
●電子制御4WDシステム
●ヨーモーメントコントロール
●VDC(TCS機能含む)
●ブレーキLSD(リミテッドスリップデフ)
●インテリジェント ライドコントロール(車体振動抑制システム)
●インテリジェント エンジンブレーキ
●インテリジェント トレースコントロール
●アドバンスドヒルディセントコントロール(速度設定機能付)
●ヒルスタートアシスト
●マルチテレインセレクト
●マルチテレインモニター[オフロード走行時(L4モード時)]
●アンダーフロアビュー
●フロントビュー回転表示
●クロールコントロール
●ターンアシスト機能
●アクティブトラクションコントロール
●ヒルスタートアシストコントロール
●4-Wheel AHC&AVS
●KDSS
●ヒッチメンバー
トヨタ ランドクルーザープラド三菱 パジェロ三菱 アウトランダー
機能一覧●マルチテレインセレクト
●クロールコントロール
●アクティブトラクションコントロール
●KDSS
●フルタイム4WD(トルセンⓇLSD付トランスファー)
●リヤ電子制御エアサスペンション
●AWC
●INVECS-Ⅲ 5速スポーツモードCVT
●スーパーセレクト4WDⅡ
●アクティブスタビリティ&トラクションコントロール
●INVECS-Ⅲ 6速スポーツモードCVT
●電子制御4WD
●ABS(EBD・ブレーキアシスト付)
●S-AWS(Super All Wheel Control)
●アクティブスタビリティコントロール(ASC)
●パドルシフト

新型CX-8の運転機能は、6車種で最も少ないです。
運動機能の装備は必要最低限で、悪路に合わせた駆動・トラクションモードの選択、デフロックなどはありません。
悪路走破性ではライバル車に劣る部分は多いと思いますが、街中だけを乗るのであれば問題ないです。
これは、高速クルーズや街乗りで割り切るべきと思います。

新型CX-8とライバル5車種をパワートレインの性能で比較

マツダ新型CX-8日産
エクストレイル
トヨタ
ランドクルーザー
エンジン種類直列4気筒DOHC
直噴ターボ
直列4気筒DOHC
V型8気筒DOHC
排気量2.2L2.0L4.6L
最高出力140[190]/4,500108[147]/6,000234[318]/5,600
最大トルク450[45.9]/2,000207[21.1]/4,400460[46.9]/3,400
トランスミッション6速ATCVT6速AT
駆動方式FF/4WDFF/4WD4WD
使用燃料軽油レギュラーハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
トヨタ
ランドクルーザープラド
三菱
パジェロ
三菱
アウトランダー
エンジン種類ガソリン:直列4気筒DOHC
ディーゼル:直列4気筒DOHCターボ
ガソリン:V型6気筒SOHC
ディーゼル:直列4気筒DOHCターボ
2.0Lガソリン:直列4気筒SOHC
2.4Lガソリン:直列4気筒SOHC
排気量ガソリン:2.7L
ディーゼル:2.8L
ガソリン:3.0L
ディーゼル:3.2L
2.0L/2.4L
最高出力ガソリン:120[163]/5,200
ディーゼル:130[177]/3,400
ガソリン:131[178]/5,250
ディーゼル:140[190]/3,500
2.0Lガソリン:124[169]/6,000
2.4Lガソリン:110[150]/6,000
最大トルクガソリン:246[25.1]/3,900
ディーゼル:450[45.9]/1,600~2,400
ガソリン:261[26.6]/4,000
ディーゼル:441[25.0]/2,000
2.0Lガソリン:190[19.4]/6,000
2.4Lガソリン:220[22.4]/4,200
トランスミッション6速AT5速ATCVT
駆動方式4WD4WD4WD
使用燃料レギュラー/軽油レギュラー/軽油レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型CX-8のパワートレインをライバル車との比較で注目したいことは、最高出力・最大トルクともに、ランドクルーザープラドのディーゼルよりも大きいことです。
しかも、パジェロのディーゼルでも、最高出力は同じでも、最大トルクでは新型CX-8が優っています。
これら2台よりも排気量が圧倒的に少ない新型CX-8が、これほどパワーを出していることは特筆すべき点です。

新型CX-8 VS ライバル5車種を安全性能で比較

ここでは、新型CX-8とライバル5車種の安全機能をそれぞれみていき、安全性能で比較していきたいと思います。

マツダ新型CX-8の安全性能

i-ACTIVSENSE 作動イメージ画像

マツダ i-ACTIVSENSE

新型CX-8は、安全装置「i-ACTIVSENSE」が全車標準装備されています。

i-ACTIVSENSEの作動条件
機能作動条件
アドバンストSCBS対車両:約4~80km/h走行時
対歩行者:約10~80km/h走行時
AT誤発進抑制制御[前進時]約10km/h以下での徐行前進や停車時
AT誤発進抑制制御[後退時]約10km/h以下での徐行後退や停車時
スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]約2~8km/h以下で後退時
スマート・ブレーキ・サポート(SBS)約15km/h以上で走行中
マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]0km/h~高速域
レーンキープ・アシスト・システム(LAS)約60km/h以上で走行中

日産 エクストレイルの安全性能

セーフティ・シールド 作動イメージ

日産 エクストレイル セーフティ・シールド

・インテリジェント エマージェンシーブレーキ
・踏み間違い衝突防止アシスト
・低速衝突軽減ブレーキ機能(前進時/後退時)
・低速加速抑制機能(前進時/後退時)
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェント アラウンドビューモニター
・インテリジェント ルームミラー
・インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)
・ハイビームアシスト
・インテリジェントオートライトシステム
・進入禁止標識検知
・インテリジェント DA(ふらつき警報)[メーカーオプション]
・BSW(後側方車両検知警報)[メーカーオプション]
・RCTA(後退時車両検知警報)[メーカーオプション]
・ABS(アンチロックブレーキシステム)+EBD(電子制御制動力配分システム)+ブレーキアシスト
・VDC(ビークルダイナミクスコントロール、キャンセルスイッチ〔TCS機能含む〕)

インテリジェント エマージェンシーブレーキ/ハイビームアシスト/LDW(車線逸脱警報)の作動条件
機能作動条件
インテリジェント エマージェンシーブレーキ対車両:時速約10~80km/h
対歩行者:時速約60km/h~
ハイビームアシスト時速約25km/h以上
LDW(車線逸脱警報)時速約60km/h以上

トヨタ ランドクルーザーの安全性能

マルチテレインモニター (フロントビュー回転表示)

トヨタ ランドクルーザー マルチテレインモニター (フロントビュー回転表示)

・リヤクロストラフィックアラート
・マルチテレインモニター[オンロード走行時(H4モード時)]
・クリアランスソナー&バックソナー
・タイヤ空気圧警報システム(TPWS)
・ヘッドランプクリーナー
・緊急ブレーキシグナル
・VSC
・BD付マルチテレインABS&ブレーキアシスト
・セーフティーセンスP

セーフティーセンスPの作動条件
機能作動条件
プリクラッシュセーフティシステム
(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
対車両:時速約10km/L~(約40km/hの減速が可能)
対歩行者:時速約10~80km/h(約30km/hの減速が可能)
レーンディパーチャーアラート
(ステアリング制御付)
幅約3m以上の車線を時速約50km/h以上
オートマチックハイビーム時速約30km/h以上
レーダークルーズコントロール
(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)
設定車速約50~100km/h

トヨタ ランドクルーザープラドの安全性能

トヨタセーフティーセンスP 作動イメージ

トヨタ ランドクルーザー プラド トヨタセーフティーセンスP作動イメージ

・クリアランスソナー&バックソナー
・ブラインドスポットモニター〈BSM〉
・ドライブスタートコントロール
・EBD付マルチテレインABS&ブレーキアシスト
・VSC&TRC
・セーフティーセンスP

三菱 パジェロの安全性能

三菱 パジェロ RISEボディ

三菱 パジェロ RISE ボディ

三菱パジェロは、衝突を回避するシステムが搭載されていません。
衝突安全強化ボディ(RISEボディ)やSRSエアバッグなどは装備されていますが、これらは今回比較する全車種に搭載されています。
このあたりは、パジェロの残念なところです。

三菱 アウトランダーの安全性能

衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)作動イメージ

三菱 アウトランダー 衝突被 害軽減ブレーキシステム FCM

・衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]
・オートマチックハイビーム[AHB]
・車線逸脱警報システム [LDW]
・レーダークルーズコントロールシステム[ACC]
・後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]
・誤発進抑制機能(前進&後退時)[UMS]
・マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]/車線逸脱警報システム [LDW]の作動条件
機能作動条件
衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]対車両:時速約5~80km/h
対歩行者:時速約5~65km/h
車線逸脱警報システム [LDW]幅約2.6m以上の車線幅で約車速60km/h以上

衝突回避システムで比較して新型CX-8の安全性能は高い

新型CX-8の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」はとても高性能です。
車線逸脱警報システム(LDWS)は、ドライバーの警告のみで電動パワーステアリングによる車線逸脱を回避アシストがないため、この辺はトヨタセーフティーセンスPより劣るところでしょう。
しかし、それ以外の安全機能内容と作動条件は、どのメーカーのものから劣ることはありません。
安全性能のレベルは非常に高いです。

マツダ新型CX-8は都市型でスマートな大型SUV

新型 マツダ CX-8 外装 エクステリア (3)

マツダ新型CX-8は、ライバル5車種と比較すれば、ガンガンにオフロードを走行する本格SUVという感じではないです。
さまざまな路面状況が混在するオフロードが走るフィールドであれば、ランドクルーザーやパジェロに負けてしまうでしょう。

新型CX-8の走行性能を発揮できるフィールドは、圧倒的にオンロードで、街中を軽快にスマートな走りをするプレミアムSUVというイメージがします。
悪路の走行性能が低くても、外装・内装の質感向上や、優れた安全性能、そしてクリーンディーゼルの燃費の良さが素晴らしいところです。
それが、ランドクルーザープラドやパジェロのディーゼルエンジン搭載車よりも50万円以上安く購入できるのであれば、新型CX-8はコストパフォーマンスはかなり高い車です。
新型CX-8は、強敵ライバル車と比較しても劣らず、出来の良さが光る大型SUVの新星といえるでしょう。

国産車・外車の7人乗り大型SUV一覧を紹介はこちら

7人乗り大型SUV新型車最新情報はこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK