初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型86 GR・GR SPORT発売開始!スペックや外装と内装の標準車との違いは?

トヨタFRスポーツの系譜を受け継ぐ「86」に、今冬「GR」シリーズがあらたに追加されます。本記事は、GR、GR SPORTの概要や「86 GR」のスペックや外装、内装の詳細、86標準車との違いについて解説しています。

【最新情報】トヨタ 86GRが東京オートサロン2018に出展

トヨタ 86GRが東京オートサロン2018に出展されました。
スペックなどについてはまだ謎の部分があるため、当日の展示・発表が期待されましたが、大きな発表は無く展示のみとなりました。
しかし、人気の86の、新興ブランドであるGRモデルは一見の勝ちがあるでしょう。

新型86GRについてはこちら

東京オートサロン2018についてはこちら

東京オートサロンのコンパニオンについてはこちら

トヨタの新戦略「GR」シリーズとは?

トヨタ GRシリーズ

トヨタは近年、豊田章男社長のもと「走りの楽しさを若い世代にもっと広めたいと」いう思いから「モータースポーツ」や「スポーツカー」の普及に努めています。
2012年には、その先陣として新型スポーツカーとしては「MR-S」以来13年ぶりとなる「トヨタ 86」を発売しました。
さらに、その普及の流れを加速するべく今春、トヨタのモータースポーツを担う「GAZOO Racing」を社内カンパニー「GAZOO Racing Company(ガズー レーシング カンパニー)」に格上げし、スポーツカーの商品企画、設計、開発、製品化までの機能を集約させる体制としたのです。

スポーツカー作りに特化した「GR」

これまで、ガズーレーシングにはスポーツモデルとして「G Sports(=G's(ジーズ))」や「GRMN」がそれぞれ別々に展開されてきました。
しかし、今回の体制の見直しにあたり、今後のスポーツモデルは「GR」シリーズに統一、チューニングの施し方により3つのモデル体系に分けられることとなります。
その体系とは、エンジン内部にまでチューニングが及ぶ「GRMN」、サスペンションなどにチューニングが施された「GR」、ミニバンなどにライトチューニングを実施する「GR SPORT」となり、さらに、カスタマイズ用のチューニングパーツを揃えた「GR PARTS」も用意されることとなります。
「GR」シリーズは今秋から発売が開始され、ついに「86 GR」も今冬からの発売が決定しています。
プロトタイプが紹介され、徐々にベールを脱ぎつつある「86 GR」。
仕様はどのようなものとなっているのでしょうか?

トヨタのGRシリーズについての詳しい解説はこちら

トヨタ「86 GR」の外装(エクステリア)は?

既に発売されている「GR」シリーズのヴィッツやプリウス、ヴォクシー、ノアなどには、標準車と比較しても明らかに「GR」だとわかる大ぶりなフロントバンパーが装着され、見た目からも走りを追及したモデルであることが伺えます。
一方、「86 GR」の外装はというと、標準車と変わらないバンパーを使用し、前後にGR専用のスポイラーと、控え目ともいえるサイドスカートのみが追加される形をとっています。
これは、もともと86の標準車が既にスポーツカーとして十分なパフォーマンスを持っている証明ともいえるでしょう。
以下で最新「86」現行モデルのグレード「G」と、発表された「86 GR」の寸法を比較してみました。

「86 G」と「86 GR」の寸法 比較

86 G86 GR
全長4,2404,290
全幅1,7751,775
全高1,3201,310
ホイールベース2,570-
車両重量1,2101,240
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ「86 GR」の内装(インテリア)は?

参考:トヨタ 86 GRMN 内装

トヨタ「86 GR」の内装の詳細は、まだ明らかにはなってはおらず、わかっているのはフロントシートに「サイドエアバック付きレカロ製シート」が採用されるということのみです。
しかし、レカロ製が採用されるのであれば、やはりそれに見合うシンプルでスポーティな内装になるのではないかと思われます。

トヨタ86 GRに搭載されているレカロについてはこちら!

トヨタ「86 GR」のスペックは?

トヨタ 86 GTリミテッドブラック

トヨタ「86 GR」のスペックは、排気量が2.0Lであること、サスペンションが「86 GR」専用にチューニングされたものであること、トルセンLSDには「86 GRMN」用のものが採用されることなどのみが公表されています。
GRの定義が「エンジンに手を加えず、足回りなどの強化で走りの楽しさを知ってもらう」となっていますから、「86 GR」においてもエンジンは86標準車と変わらない仕様になるのではないかと思われます。
足回りなどの86 GR専用チューニングで、どれだけのパフォーマンスが得られるか、今から楽しみとなりますね。
以下に最新「86」現行モデルのグレード「G」のスペックと、「86 GR」の装備を一覧にまとめています。

「86 G」と「86 GR」のスペック詳細

86 G86 GR
エンジン種類水平対向4気筒DOHC-
排気量2.0L2.0L
最高出力152[207]/7,000-
最大トルク212[21.6]/6,400~6,800-
トランスミッション6速MT-
駆動方式FR-
使用燃料ハイオク-
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

「86 GR」の装備一覧

86 GR専用フルエアロパーツ(前後・左右)
86 GR専用チューニングサスペンション(10mmローダウン)
RAYS製アルミ鋳造ホイール
フロント6ポッド リア4ポッド+ドリルドローターブレーキ
レカロ製フロントシート
86 GR専用センターシングルエキゾーストテールパイプ
トルセンLSD(86 GRMN用)

トヨタ「86 GR」には夢がある!

トヨタ 86 GRMN 2016

今冬、発売が決定しているトヨタ「86 GR」のスペックや外装・内装の紹介をしてきました。
トヨタが13年ぶりに発売した「86」は、当初からスポーツカーファンをワクワクさせてくれる車でした。
自分好みにカスタマイズしていく楽しさ、公道だけでなくサーキットで走る楽しさ、仲間とチューニング談義をする楽しさなど、86は様々な楽しみ方が味わえます。
そんな86に、この冬あらたに追加される「86 GR」。
楽しみ方もまた増えそうです。
86 GRの詳細もわかり次第ご紹介していきますので、乞うご期待下さい。

トヨタやその他のメーカーの新型車についてはこちら

スポーツカーに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す