初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ新型CX-8のグレード比較!おすすめはXD PROACTIV(プロアクティブ)!

12月14日より販売された、マツダ新型CX-8のグレードを徹底比較!CX-8はマツダのフラッグシップSUV車で、3列シートのCX-8には、XD、XDプロアクティブ、XD Lパッケージの3つのグレードがあります。装備や価格、スペックなど様々なポイントからベストグレードを選別します。

マツダ新型CX-8が12月14日発売開始!

マツダ 新型 CX-8 外装

マツダの新型SUV(多目的自動車)CX-8が、12月14日から発売開始されました。
新型CX-8は9月14日から受注予約を受け付けていました。

マツダは、近年SUVに力の入れているメーカーです。
i-ACTIV AWDと呼ばれる4WDの性能も、4WD車に定評のあるスバルや三菱に遜色のない評価を得ています。
新型CX-8はマツダのSUV最高峰モデルとしての位置づけで、3列7人乗りの広い室内空間が特徴です。
コンパクトなCX-3から最上位のCX-8まで出揃ったラインナップにより、マツダのクロスオーバー車は日本市場に定着していくでしょう。

新型CX-8のXD、XD PROACTIV、XD L Packageの3つのグレードを、それぞれ紹介していきます。

新型CX-8試乗記事はこちら

CX-8の記事はこちら

マツダ新型CX-8のグレードを紹介!

新型マツダ CX-8 XD L Package マシーングレープレミアムメタリック
新型マツダ CX-8 XD L Package マシーングレープレミアムメタリック

CX-8 「XD 」グレード

CX-8のXDグレードは、3つのグレードのうち最もリーズナブルなベーシックグレードです。
エンジンは3グレードとも共通の2.2Lの直列4気筒DOHCディーゼルエンジンです。
大きな違いは運転支援システムi-ACTIVSENSEの機能が制限されていることと、17インチタイヤの装備などです。

i-ACTIVSENSEのクルーズコントロール(高速道路などでの自動運転技術)や、交通標識認識システム(ディスプレイに表示される標識の情報)、LEDヘッドライトの自動調整機能などが装備されていません。
外装や、内装での質感は中間グレードXD プロアクティブと大差ないので、運転支援システムを重視しないドライバー向けのグレードといえます。

CX-8 「XD PROACTIVE」グレード

CX-8 XDプロアクティブは、CX-8の3つのグレードの中間グレードです。
上位グレードXD L Packageと同様のi-ACTIVSENSEを備えています。
オプションで360°ビューモニターも選択できるグレードになります。

i-ACTIVSENSEとは、マツダの新たな先進安全システムのことです。国が推奨するセーフティ・サポートカーSのワイドに相当する機能があります。
ワイドとは、歩行者に対する自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱防止機能、自動的にヘッドライトをコントロールする先進ライトなどが装備されていることが条件となっています。

XD プロアクティブは、安全性能の最高の基準を満たしたグレードなのです。

CX-8 「XD L Package」グレード

XD L パッケージの特徴は、装備の豪華さです。
XD プロアクティブの装備に、レザーシートや、フォグランプ、ルーフレール、サイドガーニッシュ、セカンドヒーターなどが加えられています。

最上級グレードとして、インテリアや、エクステリアに高級感を求める人向けのグレードです。

自動ブレーキや安全性能基準に関する記事はこちら

マツダ新型CX-8グレード別内装比較

新型CX-8 XDの内装

新型 CX-8 XD内装
新型 CX-8 XD内装

CX-8のベーシックグレードXDのインテリアは、ブラックを基調としたシックなデザインです。
7インチのセンターディスプレイは、マツダコネクトナビや、オーディオ、テレビ、燃費、車体情報などを表示します。

3列シートは、個別に折り畳みが可能で、様々な組み合わせで荷物を積載できます。
通常床下65L、ラゲッジルーム239Lで、3列目収納時には572L、2列目を折り畳むと自転車2台分のスペースがあります。

新型CX-8 XD PROACTIVEの内装(インテリア)

新型 CX-8 XDプロアクティブ 内装
新型 CX-8 XDプロアクティブ 内装

XDとの違いは、フロントガラスに照射されるアクティブ・ドライビング・ディスプレイです。
ナビの方向指示や、スピードや標識など視線を動かさずに、ドライバーが必要な情報を得られる機能が装備されています。

それ以外の部分では、XDと共通の内装であり、6人乗り、7人乗りが選択できるグレードは、XDプロアクティブまでです。
XD Lパッケージは6人乗りしか選択できません。

CX-8 XD L Package内装

新型 CX-8 Lパッケージ内装
新型 CX-8 Lパッケージ内装

XD Lパッケージは、CX-8最上のグレードです。インテリアは、ナッパーレザーのシートが採用され、ディープレッドとホワイトの2種類のカラーが選択できます。
木材によって装飾されたインパネや、セカンドシートのアームレスト下の収納ボックス、セカンドシートヒーターなど、特別な装備があります。

運転席だけでなく、助手席側にもパワーシートが、標準装備されています。
パワーシートのスイッチや、グローブボックスのスイッチにクローム仕上げがされているのもレザーパッケージのみです。

マツダ新型CX-8のグレード別外装の違い

カラーラインナップ

ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダ 新型 CX-8 外装

ソニックシルバーメタリック

マツダ 新型 CX-8 外装

ディープクリスタルブルーマイカ

マツダ 新型 CX-8 外装

マツダ CX-8のカラーバリエーションは7色です。
そのうちの3色が特別色になります。
マツダの魂動デザインのイメージカラーである、ソウルレッドクリスタルメタリックは7万5,600円(消費税込み)高となります。

マシーングレイメタリックは、光の角度によって色の濃淡が変化する人気色で5万4,000円のオプションカラーです。
スノーフレイクホワイトパールマイカは、3万2,400円高のカラーです。

残りは、ジェットブラックマイカ、チタニウムフラッシュマイカ、ソニックシルバーメタリック、ディープクリスタルブルーマイカの4色です。

マツダ新型CX-8 グレード別外装の違い

新型 マツダ CX-8 外装 エクステリア

CX-8の標準グレードであるXDのみが、17インチタイヤです。
XDプロアクティブより19インチのアルミホイール仕様となります。
魂動デザインは、マツダ共通の躍動感あるエクステリアです。
CX-8は、CX-5より大柄なボディによって迫力のあるボディとなっています。

CX-8の他のグレードと異なるのは、XD Lパッケージです。フロントのフォグランプ、ルーフレールに、サイドガーニッシュなどが追加されています。
これらのパーツの追加により、細部にわたってブラッシュアップされたエクステリアとなっています。

マツダ新型CX-8のスペック

エンジン種類直列4気筒DOHCターボ
排気量2.2L
最高出力140[190]/4,500
最大トルク450[45.9]/2,000
トランスミッション6AT
駆動方式FF/AWD
使用燃料軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
全長全幅全高
4,9001,8401,730
ホイールベース車両重量乗車定員
2,9301,780~1,9006~7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

CX-8のグレードのスペックは、同じディーゼルの2.2L直列4気筒ターボですので変わりません。45.9kgf・mもの豊富なトルクを低回転から発揮する力強いエンジンです。トランスミッションは、6速ATでMT仕様はありません。

マツダ新型CX-8グレード別価格

マツダ 新型 CX-8
マツダ CX-8
XD320万
XD AWD343万
XD プロアクティブ354万
XD プロアクティブ AWD377万
XD Lパッケージ396万
XD Lパッケージ AWD419万
[単位]円(消費税込み)

マツダ新型CX-8のおすすめグレードは?

新型 マツダ CX-8 外装 エクステリア

CX-8はエンジンスペックや、燃費はグレードでの変化はないため、単純に装備の比較となります。
安全機能の充実や装備のバランスで光るXDプロアクティブが、ベストグレードです。
豪華な内装や、エクステリアに個性を出したいのなら、XD Lパッケージを選択するのもありでしょう。

XDはFFが320万円と最も安価なグレードですが、運転支援システムの機能が制限されていたり、 アクティブ・ドライビング・ディスプレイが装備されていなかったりします。
必要な装備は一通り揃っているので価格をとにかく抑えたい人には向いています。

マツダの4WDは評価が高いので、XD プロアクティブ AWDグレードをおすすめします。

新型CX-8試乗記事はこちら

CX-8の関連記事はこちら

マツダの新型車に関する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!