初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ新型自動運転EV「アイコン」コンセプト初公開!

アウディは2017年9月11日、フランクフルト・モーターショーのプレビューイベントにおいてコンセプトカー「アイコン」を発表しました。決して遠くない未来の車となる「アイコン」。本記事は、アイコンの全容を解説しながら、アウディの描く未来の車社会をご紹介します。

アウディ コンセプトカー「アイコン」はこんな車!

アウディ アイコン

アウディ アイコン エクステリア

フランクフルト・モーターショーのプレビューイベントで発表されたばかりの「アウディ アイコン」。

アイコンは、自動運転において国際自動車技術会が認定する「レベル5」つまり「完全な自動運転ができるレベル」に該当する、大型4ドアセダンです。

そのため、アイコンにはステアリングホイール、ペダル類などが一切なく、「アウディAI」と呼ばれる高度な自動運転統合システムにより、アイコン自体が学習しながら自立運転します。

自動運転(自立運転)に関する記事はこちら

アウディ アイコンの外装(エクステリア)デザイン

アウディ アイコン

アウディ アイコン エクステリア

アウディ アイコンは、ボディサイズで分類すると、現在のDセグメントに相当するラグジュアリー・サルーンとなります。
ホイールベースも3,470mmと新型アウディ A8のロングより240mmも長くなり、旅客機のファーストクラスを思わせる空間を演出しています。

フロントからルーフ、リアにかけては大きなガラス面を配し、キャビンを遮らない広々とした視界を確保。
サイドはアウディ クワトロを彷彿とさせるボリューム感のあるホイールアーチが印象的です。

フロントとリアには従来型のヘッドライトやテールランプはありません。
その代わりに数百からなる3Dのピクセルセグメントからなるフルデジタル・ディスプレイが配置され、その部分に様々な情報をビジュアル化して表示します。

アウディ アイコンのボディサイズ

全長全幅全高
5,4442,1001,506
ホイールベース車両重量乗車定員
3,470-4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

アウディ アイコンの内装(インテリア)デザイン

アウディ アイコン インテリア

画像からわかるように、アウディ アイコンの室内にはステアリングホイール、ペダル類、スイッチ、メーターなど何もありません!
ダッシュボードの代わりにあるのは、フロントウィンドウ下の大きな棚とディスプレイのみです。

ドアはBピラーが存在せず、観音開きの形で開きます。
さらに、フロント側は完全な独立式シートとなっていて、最大15度の角度変更が行えるため、スムーズな乗り降りが可能です。

フロントシートはパイルカーペットで覆われたシートがプラットフォームごと最大500mmスライドするため、用途によって最適なポジションで寛ぐことが可能です。
また、従来あるべきステアリングや計器類が全くないため、車内空間を広く取ることができています。
乗り心地の良いシートクッションとバックレストを持つ広々としたシートや、大きなラッゲージスペースは長距離移動でも十分に対応できます。

アウディが描く未来の車社会とは?

人はアイコンに乗車し、タッチするだけ

アウディ アイコン エクステリア
アウディ アイコン エクステリア

アウディがプレスインフォメーションで発表した、未来の車社会をご紹介します。

目的地に向かうため、ステアリングやペダルのないアイコンにユーザーが乗り込みます。
するとアイコンはディスプレイを立ち上げ、ドア部分にLED照明のラインを点灯し、歓迎を表すメッセージを表示。
アイコンはスマホを通じてユーザーが誰であるかを検知し、エアコン、シートポジション、照明などを好みのセッティングに制御してくれます。

ユーザーがナビシステムに目的地をタッチまたは音声などで登録すれば、後はアイコンが最適なスピードと道のりを選択し、走行します。
目的地まではユーザーはリラックスした状態で、映画鑑賞やソーシャルメディアの交流などを楽しむことも、仮眠をとることも可能となります。

目的地に着きユーザーがアイコンから離れても、暗い道であればライトコンパニオンと呼ばれるミニドローンが作動し、ユーザーの足元を照らしてくれるとのこと。

文字通り「乗り込むだけ」の自動運転の仕組みにびっくりしてしまいます。

アウディの自動運転技術搭載コンセプトカーについてはこちら

すでに公道を走っているテスラの自動運転車についてはこちら

アウディ アイコンの走行性能

アウディ アイコン エクステリア

アウディ アイコンのパワートレインはどうなっているのでしょうか?

アイコンには、フロントとリアアスクルに4つのモーターが配置されています。
これにより合計260kWhの出力と、550Nmのトルクを発生させます。
次世代バッテリーともいえるソリッドボディバッテリー全個体電池を採用していて、1回のフル充電で800kmの航続距離が可能となります。

さらに、非常に高電圧となる800Vのシステムにより、充電時間も30分以内で80%の充電が可能です。
アイコンに装備されたワイヤレス誘導充電ユニットにより、人の操作なしに自立で充電操作を完了してくれるのです。

アウディ アイコンのパワートレインスペック

駆動用バッテリー種類ソリッドボディバッテリー全個体電池
総電圧800
総電力量-
最高出力260[-]/-
最大トルク550[-]/-
駆動方式-
[単位]総電圧:V 総電力量:kWh 最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アウディ アイコンは夢物語ではない!

アウディ アイコン エクステリア

アウディが発表したアイコンと未来予想図は、もう夢物語ではありません。
昔、夢の様だと語られた「自動運転技術」は、実際の量販車ですでに実施可能となっているのです。

今後は、自動運転の安全性はもちろん、自動運転車を公道で走らせるための法整備も必要になってきます。
日本は2020年東京オリンピックに向けて自動運転車を走らせようという動きもあるため、今後も注目していきたいですね。

アウディの自動運転技術についてはこちらもチェック!

日本車メーカーの自動運転技術に関してはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す