初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ラバーディップで愛車をカスタム(塗装)してみた!予算15万円でどこまで変わるのか?

MOBY編集部のだーもとが愛車のキューブキュービックを話題のラバーディップでカスタムしてみました!限られた予算内でカッコよくカスタムすることはできるのでしょうか?

愛しのマイカーをカッコよくカスタムしたい!

ラバーディップ

© MOBY

みなさん、こんにちは。
MOBY編集部の「だーもと」です。

僕の愛車キューブキュービック

© MOBY

突然ですが、みなさんはどんな車に乗っていますか?

ちなみにこちらが僕の愛車「キューブキュービック」。
もうとっくの昔に生産終了した車で、現在は9年落ち、走行距離はそろそろ10万キロです。
まあまあ年季の入った車ですが、まだまだバリバリ元気に走ります。

こんな僕の愛車、キューブキュービックをなけなしのバイト代をはたいて買ってから早一年。
そろそろ何かカスタムをしてカッコよくしたくなってきました。

予算は15万円

この夏、汗水垂らして働いて得たバイト代は15万円ほど。
これで車がカッコよくなるなら!!
と、思い切ってバイト代を全部使い果たすことにしました。

つまり、今回カスタムにかけられる金額は

15万円!

ラバーコーティングならお手軽にカスタムできる!?

予算内で気軽にできるカスタムはないのかと探していたところ、面白いカスタムを見つけました!
それはラバーコーティングです。

ラバーコーティングとは特殊な塗料を使った塗装で、見た目は普通の塗装と変わらないのですが、簡単に塗装を剥がすことができるらしいのです。

気軽にサクッと車をカッコよくするにはまさにうってつけなカスタム。
と、いうことで「ラバーコーティング」で愛車をカスタムすることにしました!

車のドレスアップ専門店!ジェットストローク社に塗装を依頼

ラバーディップ

© MOBY

今回は独自開発の専用塗料「マジックディップ」でラバーコーティング(*ラバーディップ)を行なっている、ジェットストローク社にお願いしました!

ジェットストローク社とは、ラバーディップの他に通常の塗装やワンオフ作業など様々なカスタムを行なっているドレスアップ専門店です。

*ジェットストローク社ではラバーコーティングのことを「ラバーディップ」と呼んでいます。

ジェットストローク社のHPはこちら

さっそくジェットストローク社を訪問!

ジェットストローク社

© MOBY

ジェットストローク社

© MOBY

ジェットストローク社

© MOBY

さっそくジェットストローク社にやってきました。

店内はアメリカンな雰囲気で遊び心溢れています。なんだかテンションが上がりますね!

ラバーディップについて詳しく聞いてみた!耐久性や塗装のメリット・デメリットは?

ラバーディップについて

ジェットストローク社

© MOBY

「ラバーディップでカスタムしてみたい!」
と思ったものの、15万円という予算でどこまで塗装することができるのか、どんなデザインにすることができるのか、正直よく分かっていません!

そこで!ジェットストローク社のセールスアドバイザー、オダギリさんにお話を伺いました。

だーもと

ラバーディップについていくつかお伺いしたいことがあるのですが、まずラバーディップとはそもそもどんな塗装なんでしょうか?

オダギリさん

ラバーディップとは車を自分好みの色に変えて、簡単に剥がすことのできる塗装のことです。
車を服やスニーカーのような感覚で、気軽に着せ替えを楽しんで欲しい。そんな思いからラバーディップを開発しました。

だーもと

気軽に着せ替えができるライトなカスタムなんですね!
普通の塗装に比べてどんなところがラバーディップの魅力なんですか?

オダギリさん

ラバーディップの一番の特徴は簡単に剥がせるので、いつでも元に戻せることです。なので、普通の塗装と比べて思いきった色にもしやすいです。
あと、車体をラバーのコーティングで覆うので、車体にキズや汚れがつきにくいというメリットもあります。

簡単に剥がせるというと他にラッピングもありますが、ラッピングと比べると比較的値段が安く、凹凸面にも対応できるという特徴があります。

だーもと

なるほど!気軽に剥がせることだけだけでなく、他にもたくさんのメリットがあるんですね!
逆に、何かデメリットもあるのでしょうか?

オダギリさん

はい、ラバーディップにはデメリットも存在します。
まず作業工程が普通の塗装とあまり変わらないため、コスト自体はあまり変わらないこともあります。普通の塗装と比較すると、ラバーディップは剥がすことが前提なので耐久性が劣ること、カラーコードが存在しないので色の明確な指定ができない、などのデメリットがあります。
他にラッピングと比較すると、迷彩柄やメタル調などのデザインには対応できません。

これらのメリット、デメリットを踏まえた上で自分には塗装、ラバーディップ、ラッピングのどれが最適なのかを選べばいいと思いますよ!

ラバーディップの塗料は販売してる?缶スプレーでDIYできるの?

ラバーディップの塗料はオンラインストアにて販売されています。
ただ、購入できるのは認定店のみで個人で購入はできないようです。
ラバーディップは簡単にDIYでできる缶スプレーの販売はしていないため、自分で塗装する場合には塗装ブースを用意しなければなりません。

そのため、ラバーディップにかかる費用を考えると業者に任せた方がよさそうです!

ラバーディップのデザインも相談!費用はどれぐらい?

ジェットストローク社

© MOBY

オダギリさん

ではデザインの方を決めていきたいと思いますが、何かご要望はありますか?

だーもと

それがデザインや色などは特に決めてなくて・・・・・・。
予算が15万円なのでそれに収まる範囲でカッコよくしたいです!
あ、あとリアエンブレムにデビルのステッカーを貼ってあるので、エンブレムを、より"デビル感"が出るようにしたいです!笑

ジェットストローク社

© MOBY

サンプルと一緒に塗装の種類、色の組み合わせなどを解説して頂きました。

オダギリさん

予算が15万円ということであれば、部分的に塗装することをおすすめします。
ボンネット、サイドミラー、ホイールはブラックで塗装し、エンブレムはデビルっぽい色に塗装というのはいかがでしょうか?

だーもと

おぉカッコよさそうですね!!
デビルの色はおまかせします!
でも、全部込みで15万円以内でできるんですか?

オダギリさん

はい、できますよ!
今回は予算が限られているためボンネット・サイドミラーはクリア塗装に、ホイール・エンブレムはマット塗装にしたいと思いますがよろしいですか?

だーもと

なるほど。塗装を使い分けることで予算内に収められるんですね!
お願いします!

デザインが決まったらラバーディップ塗装開始!

塗装工程も特別に見学!

ジェットストローク社

© MOBY

だーもと

塗装の様子を見たいのですが、見せてもらうことってできますか?

オダギリさん

通常は公開してないんですが、今回は特別にどうぞ!

ということで、通常は公開していないのですが、今回は特別に塗装ブースの中に入らせて頂けることになりました!

塗装の下準備

ラバーディップ

© MOBY

ラバーディップ

© MOBY

© MOBY

© MOBY

まず塗装するボンネット、ホイール、ミラーを全部車体から取り外します。きれいに洗った後は、必要な部分にマスキング!

これで下準備は完了です!

塗装開始!

ジェットストローク社

© MOBY

ここが塗装ブース。なんだか宇宙船っぽさを感じます。
下準備ができたので、塗装を開始していきます。

ラバーディップ

© MOBY

ラバーディップ

© MOBY

使用するスプレーガンは通常の塗装で使うものと変わらないようです。今回はMOBYステッカーをボンネットに貼ってから塗装していただくことにしました。

ステッカーの文字が浮き出るデザインになるらしいです。果たしてどんな仕上がりになるのでしょうか!?こういった塗装もできるのもラバーディップの面白いところですね!

ラバーディップ

© MOBY

塗装はムラが出ないように何回にも分けて、少しずつ少しずつ塗装していきます。

ラバーディップ

© MOBY

© MOBY

ラバーディップ

© MOBY

だんだんと色がついてきました。あとは完成を待つだけ……。

どのような仕上がりになるのか、完成が待ち遠しいです!

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す