ホンダのシャトルを買うならベストグレードは「G(FF・CVT)」!

良く街中で見かける様になっているHONDAフィットシャトルのオススメなグレードや魅力満載の車の内外要を隅々に渡り解剖し、悩みを少しでも解消される内容になっています。 これを読んで様々な方に問題解決や知って頂ければ嬉しいですね。

そもそもフィットシャトルって何?

2代目フィットが2007年10月から販売開始しました。
型式はGE型。

そして「フィットシャトル」が2011年6月に誕生しました。
型式はフィットと区別を図る為GG型です。

両車種ともハイブリッドが設定されています。
販売開始は、フィットハイブリッドが2010年10月からで、フィットシャトルハイブリッドはデビュー同時期です。

フィットシャトルはコンパクトカーよりもステーションワゴン区分として開発された車なのです。
以前販売されていたエアウェイブの後継モデルと言えます。

これがエアウェイブ(参考画像:下)です。

プリウスαを意識してた?

トヨタの「プリウスα(参考画像:上)」という人気ハイブリッドモデルです。

ボディーの大きさ(全長4.6m)から比べれば7人乗りグレートがあるのでストリームと同じ部類に入ってくるでしょう。

しかしハイブリッドとすれば「プリウス」と言うセダンタイプも有るので、ホンダさんからしたらプリウスαを意識してるのではないでしょうか。

販売時期もプリウスαが2011年5月からと、同じ位です。

フィットシャトルの魅力ある中身

洗練されたエクステリア

フィットシャトル

フィットよりも少し長めにした「フィットシャトル」。

フロントロアスポイラーや大型のテールゲートスポイラーの採用により空気の流れがスムーズになりました。

更にボディー各所に様々な工夫をする事で優れた空力性能を実現しました。

上品で上級車並のインテリア

フィットシャトル内装

フィット同様にセンタータンクレイアウト(参考画像:下)を採用しています。

これにより「優れた室内空間」を実現しました。

「広々とした足元」と「リラックス出来るリクライニング機能付きシート」の後席ならではの一つ上の「贅沢なひと時」を経験してみてはいかがですか。

「ハイブリッド専用デザインメーター」を採用。

オープニング機能(エンジン始動/ONポジション時にメーター類が動くもの)付きなので、ちょっとレーサーな気分になります。

多彩なシートアレンジ機能。

フィットと同じ機構のリアシートのため、様々な用途に合わせて使う事が出来ます。

容量たっぷりなラゲッジルーム。

フィットシャトルのラッゲジ

9.5型(ドライバーのシャフト長さは46インチ時)のゴルフバックが4個積み込めるビックラゲッジにも関わらず、なんと大人が5人も座れます。

運転しやすく十分な安全性能で女性にも安心。

Uターンや縦列駐車がしやすい最小回転半径4.9mで、女性にも安心の小回りは楽々です。
※ハイブリッド Zモデルは5.2m

9割以上の立体駐車場に入れる全高154.5cmなので駐車場は選びません。
※4WD車は157cm

30km/h以下になると自動でブレーキ補助してくれる「シティブレーキアクティブシステム」搭載なので衝突が軽減されて安心です。

踏み間違えによる誤発進抑制機能付きなので更にワンランク上の安心が味わえます。

急ブレーキを踏んだ時にハザードランプ点滅で後車に危険を知らせる「エマージェンシーストップシグナル」を搭載しているため、追突される危険が軽減され安心です。

フィットシャトルの安全機能

・ブレーキ時に車輪ロックを防ぐABS
・加速時などの車輪空転を抑えるTCS
・旋回時の横滑り抑制機能

これらを備えた「VSA」によって安定性を実現しました。

※VSA : 英語で 「Vehicle Stability Assist」
      日本語で「車両挙動安定化制御システム」の略
※ABS : アンチロックブレーキシステム
※TCS : トラクションコントロールシステム   

坂道発進時、踏み変える間の後退を約1秒間抑える「ヒルスタートアシスト機能」搭載のため、後車の衝突を回避することが出来ます。

気になる価格とスペックは

・販売価格(税込)【Gグレード】
FF : 1,690,000円
4WD : 1,884,400円

・主装備品
ハイデッキセンターコンソール
ソフトパッドパネル
ファブリックシート
コンフォートビューパッケージ (4WD車)
ハーフシェイドフロントウインドウ
シャークフィンアンテナ
オートリトラミラー
15インチスチールホイール (鉄製)
フルオートエアコン
高輝度シルバー塗装インナードアハンドル
クロームメッキエアコンアウトレットノブ など
※スマートキー等は追加オプションになります

・搭載エンジン・トランスミッション、出力 など
エンジン : 1.5L 直噴4気筒 DOHC i-VTEC
        (アイドリングストップ機能付き)
最高出力 : 97kW (132PS) / 6,600rpm
最大トルク : 155Nm (15.8kgfm) / 4,600rpm
トランスミッション : CVT (トルクコンバーター付き)
走行燃費 (4WD) : 21.8km / L (19.4km / L)
使用燃費 : レギュラー
燃料タンク : 40L

・寸法、乗車定員
全長 / 全幅 / 全高 : 4.400 / 1.695 / 1.545 (各m)
ホイールベース : 2.530m
最低地上高 : 0.130m
車両重量 : 1,130kg
乗車定員 : 5人
室内寸法 長さ / 幅 / 高さ : 1.925 / 1.450 / 1.290 (各m)

こちらが価格とスペックになります。

CVTとは?そのメリットは?

上記内容の出典元及び、その他のグレード別価格とスペックについて参考になると思いますので興味のある方はご覧下さい。

これらを総まとめすると

ガソリン車はGグレードしか設定がありません。

メインはハイブリッドモデルと言えるでしょう。
・参考販売価格は199万円から238万円ほどしてしまいます。

よってこんな方にお勧めです。

・価格を抑えたい方
・大容量のラゲッジルームが欲しい方
・ゆったりとした室内空間が欲しい方
・優雅なひと時を楽しみたい方
・低燃費が欲しい方

以上の5点がベストグレードに相当すると思います。

あくまで一つの提案に過ぎませんので、実際に「触れて、見て、体感」して満足のいくカーライフを楽しむのが良いかもしれませんね。

是非、参考にしていただけたら幸いです。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す