初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポルシェ 911 GT2 RS 700馬力の新型がデビュー!価格やスペックなど最新情報

ポルシェ新型「911 GT2 RS」がフランクフルトモーターショー2017でデビュー!レーシングカーにも匹敵するという「ポルシェ史上最もパワフルな911」と称される新型911 GT2 RSの、スペックや価格などの最新情報について紹介しています。

ポルシェ新型911 GT2 RSが間もなく公開予定!

フランクフルトモーターショーでのワールドプレミアを予定

ポルシェ新型911 GT2 RS

ポルシェ 911 GT2 RS

ポルシェは、9月12日からドイツで開催されるフランクフルトモーターショーにおいて、同社のフラッグシップスポーツ「911」の新型「911 GT2 RS」のワールドプレミアを行う予定です。
新型「911 GT2 RS」はポルシェ史上最もパワフルな911であり、その性能はスーパースポーツカーに匹敵するものになっているとのこと。

この記事では新型「911 GT2 RS」の性能や価格といった最新情報について紹介します。

フランクフルトモーターショー2017についての記事はこちら

ポルシェの歴史についてはこちら

ポルシェ新型911 GT2 RSとは?注目ポイントまとめ

書類 チェックリスト

新型「911 GT2 RS」の注目ポイントは、以下の3点となります。

・700馬力のターボエンジンを搭載
・最高速度は340km/h
・徹底的な軽量化


レーシングカーにも匹敵するスペックを持つ「911 GT2 RS」ですが、もちろん公道での走行も可能です。

ポルシェ新型911 GT2 RSの外装(エクステリア)デザイン

ポルシェ 新型 911 GT2 RS
ポルシェ 新型 911 GT2 RS
ポルシェ 新型 911 GT2 RS

サーキット走行に最適化されたエアロダイナミクス

新型911 GT2 RSの外装は、エアロダイナミクスを最適化するようにデザインされています。
大型のリアスポイラーやエアインテーク、ワイドなフロントリップスポイラーなど全ての要素が緻密な設計によって組み合わされ、空力特性を強化するように配置されているのです。

徹底的な軽量化

新型「911 GT2 RS」は徹底的な軽量化により圧倒的なパフォーマンスを実現しています。
ボディの大部分に炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を使用し、ルーフにはマグネシウム、メインサイレンサーにはチタンを使用しました。
また、ポルシェで初めてリヤウィンドウとサイドウィンドウに軽量ガラスを採用しています。

これら軽量素材の多用によって、パワーウェイトレシオは2.85kg/kW(2.1 kg/PS)という驚異的な数値を達成しました。

ヴァイザッハパッケージ

新型「911 GT2 RS」には、さらなる軽量化を目的とした特別仕様「ヴァイザッハパッケージ」も用意されています。
通常のクラブスポーツパッケージ仕様車と比較して、約30kgも軽量化されているヴァイザッハパッケージ仕様車には、マグネシウム鍛造ホイールとチタン製ロールケージ(クラブスポーツはスチール製)が装着されています。
また、プロダクションカーとして初めて、前後アクスルのスタビライザーとコネクティグロッドにカーボンが使用されました。

ポルシェ新型911 GT2 RSのスペック

全長全幅全高
4,5491,880(サイドミラー含まず)
1,978(サイドミラー含む)
1,297
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4531,4702
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ポルシェ新型911 GT2 RSの内装(インテリア)デザイン

ポルシェ 新型 911 GT2 RS 内装
ポルシェ 新型 911 GT2 RS 内装
ポルシェ 新型 911 GT2 RS 内装

シンプルにして上質な内装

新型「911 GT2 RS」の内装は、赤のアルカンターラ生地とブラックレザーが使用された、シンプルにして美しい上質な空間に仕上がっています。
トリムとシートのバックレストはカーボンファイバー製です。
また、後部座席は取り払われて、転倒時における安全性を向上させるためのロールケージが装備されました。

ポルシェ新型911 GT2 RSのエンジン性能とスペック

ポルシェ 新型 911 GT2 RS

最高出力700馬力、最高速度340km/hのモンスターエンジン

新型「911 GT2 RS」には、3.8Lの水平対向6気筒ツインターボエンジンが搭載されます。
最高出力は700PSを発揮し、0-100km加速は2.8秒、最高速度は340km/hです。
駆動方式はポルシェ伝統のRR(リアエンジン・リアドライブ)方式であり、トランスミッションには専用にカスタマイズされた、デュアルクラッチ式7速PDK(ポルシェ ドッペルクップルング)を搭載します。

思い通りのハンドリングを実現

新型「911 GT2 RS」にはハイパワーのエンジンを制御し、思い通りのハンドリングを実現するために、「PSM(ポルシェ・スタビリティ・マネージメント)」が搭載されました。
PSMはさまざまなセンサーを用いて車の速度や進行方向を解析し、走行状況に応じて自動的に姿勢制御をアシストするので、高速走行時でも安全にハンドルを切ることができます。

また、新型「911 GT2 RS」には、優れた制動性能を発揮する「PCCB(ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ」が標準で装備されます。

ポルシェ新型911 GT2 RSのエンジンスペック

エンジン種類水平対向6気筒ツインターボ
排気量3.8L
最高出力515[700]/7,000
最大トルク750[-]/2,500-4,500
トランスミッション7速PDK
駆動方式RR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ポルシェ新型911 GT2 RSの新車価格

限定クロノグラフ

ポルシェ 新型 911 GT2 RS 限定クロノグラフ

ポルシェ 911 GT2 RS
車両本体価格3,656万
[単位]円(消費税込み)

新型「911 GT2 RS」の新車価格は、車両本体価格のみで3,656万円に設定されています。
ポルシェのフラッグシップの最上級モデルであることを考えると、この価格設定は当然だと言えますね。

また、新型「911 GT2 RS」のオーナー限定で、ポルシェ デザインとポルシェ モータースポーツが共同開発した特別なクロノグラフも販売されます。

ポルシェ 911とは?

901型 初代ポルシェ911

ポルシェ911とは、ドイツの自動車メーカー・ポルシェが1964年から製造・販売しているスポーツカーです。
ポルシェのフラッグシップモデルである911は、高級スポーツカーの代名詞とも言われ、その優美なデザインと高い走行性能は、長年に渡って世界中の車好きを魅了してきました。

現行型 ポルシェ911カレラS

ポルシェ911カレラS

現行型の911は、2011年に発売された7代目となります。
アルミニウムを多用した軽量のボディに、3.8Lと3.0Lの水平対向6気筒エンジンを搭載し、駆動方式はRRと4WDトランスミッションは7速MTと7速PDKの設定です。
モデルによって違いますが、エンジン出力は最大で580PS、最高速度は330km/hにも達します。

ポルシェ911についての記事はこちら

ポルシェ新型911 GT2 RSの発売日は2018年か?

ポルシェ新型911 GT2 RS

ポルシェ 新型 911 GT2 RS

ポルシェ新型「911 GT2 RS」の日本発売日に関しては、まだ公式からの情報がありません。
しかし、米国では2018年の初旬に発売される予定となっているので、日本国内でも、2018年内に発売される可能性が高いと思われます。

MOBYでも、今後新型「911 GT2 RS」に関する最新情報を入手次第、読者の皆様にお伝えしていくので、どうぞご期待ください!

ポルシェの新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社