初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スバルセダン一覧比較】人気おすすめランキングTOP3!価格と燃費で徹底比較

スバルはかつてWRCで一時代を築いた自動車メーカーでした。その資産を受け継いだセダンのラインナップを、ランキング形式で紹介します。インプレッサ、レガシィ、WRXとそれぞれの特徴を、燃費や価格、スペックなどで分析しています。

スバル セダンの特徴は4WDと水平対向エンジン

スバル WRX

スバル WRX STI 2017

スバルは1990年~2008年にWRC(世界ラリー選手権)に参戦していました。
その間、国内メーカー最多の47勝、3人のチャンピオンを排出するなど活躍しました。

そんなスバルには、WRCによって定評のある4WDと水平対向エンジンという2つの強みがあります。

水平対向エンジンとは、クランクシャフトに対してシリンダーを左右に水平(180度)に配置するエンジン形式のことです。
ボクサーエンジン、フラットエンジンとも呼ばれており、メリットは低振動と低重心です。
現在、スバルとポルシェが水平対向エンジンを搭載した市販車を生産しています。

スバルは、主力のインプレッサ、レガシィ、WRXのセダンに、代名詞というべき水平対向エンジンと4WDを組み合せたモデルをラインナップさせています。
ラリーによって培った技術とブランドイメージを、セダンにも惜しげもなく投入しているのです。

歴史あるスバルのセダンについて、当記事は2017年度の上半期新車販売台数に基いてランキングしています。

スバルの歴史についてはこちら

【第1位】インプレッサ G4

インプレッサ G4とは?

スバル インプレッサG4 2016年型

インプレッサは、スバルの中でも最も売れ筋のCセグメント(全長4,200~4,500mm)のセダンです。
セダンボディは「G4」、5ドアハッチバックは「スポーツ」と呼称されています。
インプレッサ G4は、Cピラーからなだらかにリアに流れるラインがセダンらしさを強調しています。

エンジンラインナップは、1.6Lの水平対向4気筒エンジンと2.0Lの直噴水平対向4気筒エンジンの2種類です。
共に自然吸気エンジン(NA)のみで、ターボはWRXやレヴォーグに設定されています。

1.6Lは最大出力115PSで最大トルクは15.1kgf・mのエンジンスペックです。
2.0Lは、最大出力154PS、最大トルク20.0kgf・mで、パワー、トルク共に2.0Lの方が車重1,300kgに対して余裕があるといえます。

インプレッサ 実燃費について

スバル インプレッサ 2016年型

後述しますが、実燃費は2.0Lモデル、1.6Lモデルともにそこまで差がないようです。
どちらもノンターボですし、2.0Lモデルは直噴エンジンのために燃焼効率がよいことなども関係していそうですね。

あえて言えば、平均して1~2kmほど、1.6Lの方が燃費は伸びるようです。
1.6Lで12~13km/L、2.0Lで11~12km/Lといったところが平均燃費になります。

2.0Lモデルの実燃費は10~15km/Lのようです。
高速道路走行時は18~19km/Lとのことですが、街乗りが多い方は10km/L前後の燃費と考えておくのが妥当でしょう。
カタログ燃費は2WD車で17.0km/L、4WD車で16.8km/Lですので、この数値は高速道路走行時の目安となりそうです。

1.6LモデルはセダンのG4よりも、ハッチバックのスポーツの方が人気なのか、実燃費のレビューもスポーツが多く散見されます。
同じエンジンであることからスポーツのレビューを参考にすると、実燃費は11~13km/Lと2.0Lモデルとさほど変わらないようです。
クルーズ走行時は瞬間燃費で20km/Lを表示することもあるようで、こちらも18~19km/L程度を目安にしましょう。

カタログ燃費はG4もスポーツも2WD車で18.2km/L、4WD車で17.0km/Lです。
ノンハイブリッドの4WD車であることを考えれば、十分実用の範囲内といえるでしょう。

インプレッサ価格について

スバル インプレッサ 2016年型
インプレッサ G4
1.6i-L EyeSight (FFモデル)192万
1.6i-L EyeSight(4WDモデル)214万
2.0i-L EyeSight(FFモデル)216万
2.0i-L EyeSight(4WDモデル)238万
2.0i-S EyeSight(FFモデル)238万
2.0i-S EyeSight(4WDモデル)259万
[単位]円(消費税込み)

インプレッサ G4中古価格について

1万km程度走行した現行モデルの中古車で、100万円程度から見つけることができます。
低走行車は150万~試乗車落ちの220万円です。
2016年に販売開始されたモデルだけに、低距離しか走っていない中古しか見当たりません。


中古車情報
システムメンテナンス中


インプレッサの内外装動画

インプレッサG4はスバルのセダンの中核モデル!

2016年に販売開始された現行インプレッサは、新しいスバルグローバルプラットフォームを採用し、室内空間を従来型から広くなり、車体の剛性も向上しました。
1年経過した2017年10月には、年次改良したB型が販売開始されました。

スバルの中核のセダンということもあり、新型プラットフォームの採用や、アイサイトなどの運転支援システム、扱いやすいCVTなど必要なものは総て揃っています。
ターボのパワーが必要ないなら、インプレッサG4はユーザーが満足できる車です。

【第2位】レガシィ B4

レガシィ B4とは?

スバル レガシィB4 2017

レガシィ B4は、スバルの4ドアセダンの中で最もラグジュアリーなモデルです。
インプレッサやレヴォーグより一回り大きいボディ(全長4,800mm、全幅1,840mm)は、主に北米市場で人気があります。

搭載されるパワーユニットは2.5Lの自然吸気の水平対向4気筒エンジンで、最大出力175PS、最大トルク24.0kgf・mを発揮します。
駆動形式はAWDと呼ばれるスバルのフルタイム4WDで、トランスミッションCVTのみです。

レガシィ B4 燃費について

スバル レガシィB4 2015年型 内装

レガシィB4の燃費は、平均して11km/Lといったところでしょう。
カタログ燃費は14.8km/Lとのことですが、実燃費は9~11km/Lとのこと。
アイドリングストップ機能などにあまりこだわらなくても、想像以上に燃費がいいといったレビューも散見されました。

高速道路だとカタログ燃費に近い数値が期待できるようです。

レガシィ B4 価格について

スバル レガシィB4 2017
レガシィ B4
B4302万
B4 Limited324万
[単位]円(消費税込み)

レガシィ B4の中古価格について

現行のレガシィ B4は、2014年から販売されています。
8万km以上走行している中古は少ないですが、100万円からあります。
4万km走行のものは、程度にもよりますが150万円くらいで、低距離しか走っていないものは250万円くらいが相場です。


中古車情報
システムメンテナンス中


レガシィ B4はスバルのフラッグシップセダン!

スバル レガシィ B4 2017

レガシィ B4は、大柄なボディによるゆったりとした室内空間や、余裕のある2.5Lエンジン、インテリアの高級感など、スバルのフラッグシップカーとしての要素を全て備えています。

2017年10月のマイナーチェンジで、アイサイトver.3が改良され、後退自動ブレーキシステムの追加や、クルーズコントロールの速度を0~120kmまでに範囲を拡大しました。
レガシィ B4はスバルの最上位のセダンとして、これからも進化していくでしょう。

【第3位】WRX

スバル WRX STI 2017

WRXとはスバルの中でもBRZと双璧となるスポーツモデルです。
ボディは4ドアセダンですが、大きなリアウィングにボンネットのターボダクトが、かつてのスバルのラリーマシンを彷彿させるエクステリアデザインです。

レヴォーグと共通のプラットフォームにより、インプレッサよりも少し大柄なサイズになっています。
走りにこだわった「STi」と一般向けの「S4」の2種類が存在し、STIには6MT、S4にはリニアトロニックと呼ばれるCVTトランスミッションが分けられています。

駆動方式はAWDのみで、2.0L水平対向4気筒ターボエンジンは最高出力308PS、最大トルク43.0kgf・mを発揮します。

WRX スペック

スバル新型WRX S4 D型 2017.7.3 ビッグマイナーチェンジ_ピュアレッド
WRX STIWRX S4
エンジン種類水平対向4気筒DOHCターボ水平対向4気筒DOHCターボ
排気量2.0L2.0L
最高出力227(308)/6,400221(300)/5,600
最大トルク422(43.0)/4,400400(40.8)/2,000
トランスミッション6MTCVT
駆動方式AWDAWD
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
全長全幅全高
4,5951,7951,475
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6501,490~1,5405
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

STIとS4でスペックが若干違ってきますが、CVTのS4の方が、低回転より最大トルクを発生します。
ピーク時のパワーは6MTのSTIの方が上です。
高回転でパワーを発揮するSTIと、乗りやすさのS4と棲み分けができているといえます。

WRX 燃費について

WRXは車の特性上、購入時に燃費を気にする方は少ないようですが、意外と実燃費の平均はカタログ燃費に近くなることが多いようです。

カタログ燃費はS4が12.4km/L、STIが9.4km/L。
実燃費の平均はS4が10km/L前後、STIが6~9km/Lとなっています。

しかし、STIの場合は5km/L程度とのレビューも散見されるため、カスタムの仕方や乗り方に大きく左右されるといえます。
最新のFA20型エンジンでCVTのS4と、マニュアル用に古いEJ20型エンジンを使っているSTIだからこそ、これだけの差が出るのでしょう。

WRX 価格について

WRX
STI387万
STI TypeS406万
S4 2.0GT EyeSight337万
S4 2.0GT-S EyeSight374万
[単位]円(消費税込み)

WRX 中古価格について

200万円~350万円です。
ただし限定車のS207だと、700万円を超える価格のものがあります。


中古車情報
システムメンテナンス中


WRXはスバルのスポーツモデル最高峰の車!

WRXは、スバルのセダンの中で最も過激なスポーツ車です。
固められた足回りと、鋭いハンドリング、強力なエンジンと3拍子揃っています。

燃費を気にする声もありますが、WRXの存在意義は、スポーツ走行にこそあります。
WRX STIは、スバルのスポーツ車として最高峰の車なのです。

スバルのセダンは棲み分けのはっきりしたラインナップ!

スバル インプレッサ 2016年型

スバルのセダン 燃費比較

インプレッサ G4レガシィ B4WRX
JC08モード燃費15.8~18.214.89.4~13.2
実燃費11.0~13.011.06.0~10.5
[単位]km/L

燃費はスバルのセダンの中でインプレッサ G4が抜き出ています。
NA(自然吸気)の1.6L~2.0Lのエンジンですので、.5LNAのレガシィ、2.0LターボのWRXと比較すると燃費がいいのは当たり前でしょう。

実燃費で健闘したのがレガシィです。
2.0Lのインプレッサとあまり変わらない平均燃費は立派だと思います。

WRX STIは古いEJ20型エンジンの影響で、あまり燃費は良くありません。
燃費を気にするならS4をおすすめします。

スバルのセダン価格比較

スバル セダン 車両本体価格
インプレッサ G4192万~259万
レガシィ B4302万~324万
WRX337万~406万
[単位]円(消費税込み)

1.6Lモデルのインプレッサが一番安い価格となります。
インプレッサは、車体サイズや、走行性能、価格のバランスのとれた車ですね。

レガシィは、ラグジュアリーセダンですので、302~324万円という価格設定は妥当でしょう。
レガシィB4の走行性能やインテリアの質感から考えると、お買い得な値段といえるでしょう。

WRXは価格は一番高くなりますが、性能面で他の車種を圧倒しています。
走りの良さが気に入ったなら買いの車でしょう。

スバル セダンの共通点と個性

スバルのセダン全車に共通するのは、ボクサーエンジンとAWDです。
コンパクトで扱いやすいインプレッサ、優雅なレガシィ、スポーツカーのWRXと棲み分けがはっきりしています。

どちらかというと北米市場よりのスバルですが、インプレッサやWRX S4のような日本市場向けのセダンもラインナップされています。
走りのいい四輪駆動車として、スバルのセダンを選んでみてはどうでしょうか?

スバルの新型車についてはこちら

セダンの人気ランキングはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK