初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型ノートC-Gear(シーギア)VSライバルコンパクトSUV6車種を徹底比較!

日産の人気コンパクトハッチバック「ノート」にSUV風派生モデル「ノートC-Gear(シーギア)」が登場!ノートC-Gear(シーギア)はノートをベースとした、SUVスタイルの新モデルです。本記事では、新型ノートC-Gear(シーギア)とそのライバルコンパクトSUV6車種を徹底比較しています。

日産「ノート」のSUV風モデル新型「ノートC-Gear(シーギア)」が発表!

ノートC-Gear(シーギア)

日産 ノート クロスギア

日産自動車は9月1日、同社の人気コンパクトハッチバック「ノート」の派生モデルとなる「ノートC-Gear(シーギア)」を今秋に発売すると発表しました。
その後発売日が正式にアナウンスされ、10月30日と決定しましました。

ノートC-Gear(シーギア)は、存在感のある内外装でノートのアクティブ感をより演出した、クロスオーバーSUVテイストの新モデルとなります。

日産 ノート/ノートC-Gear(シーギア)とはどんな車?

日産 2代目ノート e-POWER

日産 ノートe-POWER ブラックアロー

ノートとは、日産自動車が2004年から製造・販売しているコンパクトハッチバックです。
日産の主力車種にして、世界戦略車に位置付けられています。
2代目となる現行型は2012年に発売されました。

現行型ノートのパワートレインには1.2Lの直列3気筒エンジンと1.2L 直列3気筒のスーパーチャージャー付きエンジン、NISMO専用の1.6L 直列4気筒エンジン、そして1.2Lの直列3気筒エンジンにハイブリッドシステムを組み合わせた「e-POWER」の全4種類が用意されています。

「e-POWER」とは、エンジンを発電のみに使用して100%モーターの力のみで走行する「シリーズ型ハイブリッド」と呼ばれるハイブリッドシステムです。
モーターとバッテリーには同社の電機自動車「リーフ」のものが流用されています。

e-POWER搭載モデルのノートは非常に人気が高く、発売初月には軽自動車を含めた全車種における月販売台数で1位の座に輝きました。
さらに、2017年上半期におけるコンパクトカーの販売台数で1位を獲得しています。

ノートC-Gear(シーギア)とは?

ノートC-Gear(シーギア) リア

日産 ノート クロスギア 2017

ノートC-Gear(シーギア) 内装

日産 ノート クロスギア 2017 内装

ノートC-Gear(シーギア)は、ノートの外装にルーフモールやダークメタリックのスタイリングガード、ダークメタリックのホイールアーチガーニッシュ、グロスブラックの15インチアルミホイールなどを装着しています。
また、内装にも専用シートクロスや専用デュアルカーペット、専用防水ラゲッジマットを採用することで、標準ノートとの差別化を図っています。

グレード展開は、e-POWERを搭載する「e-POWER X C-Gear(シーギア)」と、1.2L 直列3気筒エンジンを搭載する「X C-Gear(シーギア)」「X FOUR C-Gear(シーギア)」の3種類です。

日産新型ノートC-Gear(シーギア)VSライバルコンパクトSUV6車種

ライバル車種のイメージ画像

©iStockphoto.com/ Almagestai

ここからは、新型ノートC-Gear(シーギア)のライバル車となる、コンパクトSUV6車種のスペックや価格をノートC-Gear(シーギア)と徹底比較していきます。

比較する車種は以下のとおりです。

・トヨタ アクア
・ホンダ フィット
・トヨタ CH-R
・ホンダ ヴェゼル
・マツダ CX-3
・スズキ イグニス

※ノートC-Gear(シーギア)の燃費性能に関しては、標準モデルとほぼ変化がないと考えられますので、標準のノートの燃費データを掲載しています。

新型ノートC-Gear(シーギア) ライバル車1:トヨタ アクアクロスオーバーと比較

新型アクア 2017 マイナーチェンジ

アクアクロスオーバーとは、トヨタ自動車が販売しているクロスオーバーSUV風コンパクトカーです。
同社の人気コンパクトハイブリッド「アクア」をベースに、専用デザインの外装パーツを装着することでSUVスタイルに仕上げています。
また足回りにも専用のチューニングを施すことで、SUVらしい操舵感と乗り心地を実現しました。

パワートレインにはベースであるアクアと同様の1.5L直列4気筒ハイブリッドエンジンを搭載しているので、JC08モードで34.4km/Lという高い燃費性能を発揮することができます。

新型ノートC-Gear(シーギア)とアクアクロスオーバーのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

ノートC-Gear(シーギア)アクアクロスオーバー
全長4,1404,060
全幅1,7051,715
全高1,535-1,5501,500
ホイールベース2,6002,550
車両重量1,060-1,2301,100
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ノートC-Gear(シーギア)アクアクロスオーバー
室内長2,0652,015
室内幅1,3901,395
室内高1,2551,175
[単位]mm

新型ノートC-Gear(シーギア)とアクアクロスオーバーのパワートレインスペックを比較

ノートC-Gear(シーギア)
e-POWER
ノートC-Gear(シーギア)
1.2Lガソリン
アクアクロスオーバー
エンジン種類直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.2L1.5L
最高出力58[79]/5,40058[79]/6,00054[74]/4,800
最大トルク103[10.5]/3,600~5,200106[10,8]/4,400111[11.3]/3,600~4,400
モーター最高出力80[109]/3,008~10,000-45(61)
最大トルク254[25.9]/0~3,008-169(17.2)
トランスミッション-CVT電気式無段変速機
駆動方式FFFF/4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ノートC-Gear(シーギア)とアクアクロスオーバーの燃費を比較!

ノートC-Gear(シーギア)アクアクロスオーバー
JC08モード燃費e-POWER:34.0~37.2
ガソリン:18.2~23.4
34.4
実燃費--
[単位]km/L

リーフのモーターを使用しているノートC-Gear(シーギア)の方が、アクアクロスオーバーに比べてモーター自体のパワーがあります。
そのためエンジンの排気量は小さくても、総合的なパワーはノートC-Gear(シーギア)の方があるといえるでしょう。

燃費に関しては、e-power搭載ノートC-Gear(シーギア)と同等の性能を誇るアクアクローバーのポテンシャルが評価できます。

新型ノートC-Gear(シーギア) ライバル車2:ホンダ フィットクロススタイルと比較

ホンダ 新型 フィット 純正アクセサリー クロススタイル

フィットクロススタイルとは、ホンダのコンパクトカー「フィット」に設定された、クロスオーバーSUV風の純正アクセサリーパッケージのことです。
3代目フィットをベースに「無限」ブランドが開発した専用デザインのパーツを装着することで、スタイリッシュなSUV感を演出しています。
専用のチューニングなどは施されていません。

パワートレインには、標準のフィットと同じ1.3Lと1.5Lの直列4気筒ガソリンエンジンと、1.5Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンの3種類が用意されています。
ハイブリッドの場合、37.2km/Lという高い燃費性能を発揮します。

新型ノートC-Gear(シーギア)とフィットクロススタイルの室内空間の広さを比較!

ノートC-Gear(シーギア)フィットクロススタイル
室内長2,0651,935
室内幅1,3901,450
室内高1,2551,280
[単位]mm

新型ノートC-Gear(シーギア)とフィットクロススタイルのパワートレインスペックを比較

ノートC-Gear(シーギア)e-POWERフィットクロススタイル
ハイブリッド
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.5L
最高出力58[79]/5,40081[110]/6,000
最大トルク103[10.5]/3,600~5,200134[13.7]/5,000
モーター最高出力80[109]/3,008~10,00022[29.5]/1,313-2,000
最大トルク254[25.9]/0~3,008160[16.3]/0-1,313
トランスミッション-7速AT
駆動方式FFFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ノートC-Gear(シーギア)1.2Lガソリンフィットクロススタイル
1.3Lガソリン
フィットクロススタイル
1.5Lガソリン
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.3L1.5L
最高出力58[79]/6,00073[100]/6,00097[132]/6,600
最大トルク106[10,8]/4,400119[12.1]/5,000155[15.8]/4,600
トランスミッションCVT5速MT/CVT6速MT/CVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ノートC-Gear(シーギア)とフィットクロススタイルの燃費を比較!

ノートC-Gear(シーギア)フィットクロススタイル
JC08モード燃費e-POWER:34.0~37.2
ガソリン:18.2~23.4
ハイブリッド:28.0~37.2
ガソリン:19.2~24.6
実燃費--
[単位]km/L

車内の広さに定評のあるホンダのコンパクトカーなだけあって、室内幅と室内高はフィットクロススタイルの方が大きな数字です。
また、ガソリン車同士で比べるとフィットクロススタイルの方が燃費の面で優れています。

ハイブリッド車に関しては、シリーズ型ハイブリッドのノートC-Gear(シーギア)の燃費が優れています。

新型ノートC-Gear(シーギア) ライバル車3:トヨタ C-HRと比較

トヨタ C-HR G ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン

C-HRとは、トヨタが2016年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
トヨタが掲げる次世代の開発方針「TNGA」に基づいて設計され、最新のハイブリッド技術を搭載するC-HRは、高い走行性能と30.2km/Lという優れた燃費性能の両立を実現しています。

パワートレインには、1.8Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンの他、軽量・高効率の1.2L 直列4気筒ガソリンターボエンジンも用意されています。
駆動方式はハイブリッド車がFFで、ターボ車は4WDの設定です。
また、安全装備として、衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備しています。

新型ノートC-Gear(シーギア)とC-HRのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

ノートC-Gear(シーギア)C-HR
全長4,1404,360
全幅1,7051,795
全高1,535-1,5501,550-1,565
ホイールベース2,6002,640
車両重量1,060-1,2301,440-1,470
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ノートC-Gear(シーギア)C-HR
室内長2,0651,800
室内幅1,3901,455
室内高1,2551,210
[単位]mm

新型ノートC-Gear(シーギア)とC-HRのパワートレインスペックを比較

ノートC-Gear(シーギア)e-POWERC-HR
ハイブリッド
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.8L
最高出力58[79]/5,40072[98]/5,200
最大トルク103[10.5]/3,600~5,200142[14.5]/3,600
モーター最高出力80[109]/3,008~10,00053[72]
最大トルク254[25.9]/0~3,008163[16.6]
トランスミッション-電気式無段変速機
駆動方式FFFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ノートC-Gear(シーギア)
1.2Lガソリン
C-HR
ターボ
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ
排気量1.2L1.2L
最高出力58[79]/6,00085[116]/5,200~5,600
最大トルク106[10,8]/4,400185[18.9]/1,500~4,000
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF/4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ノートC-Gear(シーギア)とC-HRの燃費を比較!

ノートC-Gear(シーギア)C-HR
JC08モード燃費e-POWER:34.0~37.2
ガソリン:18.2~23.4
ハイブリッド:30.2
ガソリン:15.4
実燃費--
[単位]km/L

CH-RはノートC-Gear(シーギア)よりも一回り大きく、SUV色も強い車です。
そのため、ハイブリッド車・ガソリン車ともにノートC-Gear(シーギア)の方が燃費は優れています。

また、スタイリングの面でもスポーティなCH-Rは室内長・室内高の数字が小さくなっています。

新型ノートC-Gear(シーギア) ライバル車4:ホンダ ヴェゼルと比較

ホンダ ヴェゼル

ヴェゼルとは、ホンダが2013年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
SUVの力強さとクーペの艶やかさ、ミニバンの使いやすさを高次元で融合させることを目標に、3代目フィットをベースとして開発されました。
おしゃれなTVCMも話題となったヴェゼルは、国産SUVの中でも特に人気が高く、2014年から2016年までの3年間連続で、年間SUV販売台数1位を記録しています。

パワートレインには、1.5L 直列4気筒ハイブリッドとガソリンエンジンの2種類が用意され、ハイブリッドでは27.0km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
4WDシステムもヴェゼル専用のセッティングとなっており、SUVとしての走りを存分に楽しむことが可能です。

新型ノートC-Gear(シーギア)とヴェゼルのパワートレインスペックを比較

ノートC-Gear(シーギア)
e-POWER
ヴェゼル
ハイブリッド
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.5L
最高出力58[79]/5,40097[132]/6,600
最大トルク103[10.5]/3,600~5,200156[15.9]/4,600
モーター最高出力80[109]/3,008~10,00022[29.5]/1,313-2,000
最大トルク254[25.9]/0~3,008160[16.3]/0-1,313
トランスミッション-電気式無段変速機
駆動方式FFFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ノートC-Gear(シーギア)
1.2Lガソリン
ヴェゼル
1.5Lガソリン
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.5L
最高出力58[79]/6,00096[131]/6,600
最大トルク106[10,8]/4,400155[15.8]/4,600
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF/4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ノートC-Gear(シーギア)とヴェゼルのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

ノートC-Gear(シーギア)ヴェゼル
全長4,1404,295~4,305
全幅1,7051,770~1,790
全高1,535-1,5501,605
ホイールベース2,6002,610
車両重量1,060-1,2301,180-1,390
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ノートC-Gear(シーギア)ヴェゼル
室内長2,0651,930
室内幅1,3901,485
室内高1,2551,265
[単位]mm

新型ノートC-Gear(シーギア)とヴェゼルの燃費を比較!

ノートC-Gear(シーギア)ヴェゼル
JC08モード燃費e-POWER:34.0~37.2
ガソリン:18.2~23.4
ハイブリッド:21.6~27.0
ガソリン:19.0~20.6
実燃費--
[単位]km/L

ヴェゼルもノートC-Gear(シーギア)に比べてSUV色が強い車のため、ボディサイズや室内の広さは大きくなっています。

ハイブリッドの燃費はノートC-Gear(シーギア)が大きくリードしていますが、ガソリンモデルの燃費は大きなエンジンを積んでいるにも関わらずヴェゼルもなかなか健闘しています。

新型ノートC-Gear(シーギア) ライバル車5:マツダ CX-3と比較

新型 CX-3 2017年 マイナーチェンジ0

CX-3とは、マツダが2015年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
マツダの次世代技術「スカイアクティブテクノロジー」による高い環境性能と、マツダ車の共通デザインテーマ「魂動デザイン」によるスタイリッシュなデザインを特徴としています。

これまでCX-3の日本仕様車には、1.5L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンのみがラインナップされていましたが、2017年6月のマイナーチェンジによって、2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンが新たに追加されました。
また、CX-3のガソリン車は国産車で初めて「WLTCモード」燃費の認可を取得したモデルであり、その燃費性能はWLTCモードで16.2km/Lを発揮します。
なお、JC08モードではディーゼル車が25.0km/L、ガソリン車が17.0km/Lとなっています。

新型ノートC-Gear(シーギア)とCX-3のボディサイズ・室内空間の広さを比較!

ノートC-Gear(シーギア)CX-3
全長4,1404,275
全幅1,7051,765
全高1,535-1,5501,550
ホイールベース2,6002,570
車両重量1,060-1,2301,250-1,360
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ノートC-Gear(シーギア)CX-3
室内長2,0651,810
室内幅1,3901,435
室内高1,2551,210
[単位]mm

新型ノートC-Gear(シーギア)とCX-3のパワートレインスペックを比較

ノートC-Gear(シーギア)
e-POWER
CX-3
ディーゼルターボ
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC直噴ターボ
排気量1.2L1.5L
最高出力58[79]/5,40077[105]/4,000
最大トルク103[10.5]/3,600~5,200270[27.5]/1,600~2,500
モーター最高出力80[109]/3,008~10,000-
最大トルク254[25.9]/0~3,008-
トランスミッション-6速AT/6速MT
駆動方式FFFF/4WD
使用燃料レギュラー軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ノートC-Gear(シーギア)
1.2Lガソリン
CX-3
ガソリン
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L2.0L
最高出力58[79]/6,000109[148]/6,000
最大トルク106[10,8]/4,400192[19.6]/2,800
トランスミッションCVT6速AT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ノートC-Gear(シーギア)とCX-3の燃費を比較!

ノートC-Gear(シーギア)CX-3
JC08モード燃費e-POWER:34.0~37.2
ガソリン:18.2~23.4
ガソリン:16.4~17.0
ディーゼル:21.0~25.0
実燃費--
[単位]km/L

ディーゼルモデルがラインナップするCX-3。
総合的に見ればノートC-Gear(シーギア)の方が燃費はよいですが、1.5LディーゼルターボのCX-3はガソリン車のノートC-Gear(シーギア)を脅かす存在です。

またガソリン車同士を比較すると、CX-3のエンジンスペックやパワーはノートC-Gear(シーギア)の約2倍ほど。
パワー重視で選ぶならCX-3のガソリン車という選択肢もアリでしょう。

新型ノートC-Gear(シーギア) ライバル車6:スズキ イグニスと比較

スズキ イグニス 2016年型

イグニスとは、スズキが2016年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
コンパクトカーとSUVのクロスオーバーという、独創的な発想で開発されたイグニスは、レジャーで役立つ高い走行性能と、普段使いにおける使い勝手の良さを併せ持っています。

パワートレインには、マイルドハイブリッドを搭載する1.2Lの直列4気筒エンジンが用意されており、JC08モードで28.0km/Lという燃費性能を発揮します。

新型ノートC-Gear(シーギア)とイグニスのボディサイズ・室内空間の広さを比較!

ノートC-Gear(シーギア)イグニス
全長4,1403,700
全幅1,7051,660
全高1,535-1,5501,595
ホイールベース2,6002,435
車両重量1,060-1,230850-920
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ノートC-Gear(シーギア)イグニス
室内長2,0652,020
室内幅1,3901,365
室内高1,2551,250
[単位]mm

新型ノートC-Gear(シーギア)とイグニスのパワートレインスペックを比較

ノートC-Gear(シーギア)
e-POWER
ノートC-Gear(シーギア)
1.2Lガソリン
イグニス
エンジン種類直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.2L1.2L
最高出力58[79]/5,40058[79]/6,00067[91]/6,000
最大トルク103[10.5]/3,600~5,200106[10,8]/4,400118[12.0]/4,400
モーター最高出力80[109]/3,008~10,000-2.3[3.1]/1,000
最大トルク254[25.9]/0~3,008-50[5.1]/100
トランスミッション-CVTCVT
駆動方式FFFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ノートC-Gear(シーギア)とイグニスの燃費を比較!

ノートC-Gear(シーギア)イグニス
JC08モード燃費e-POWER:34.0~37.2
ガソリン:18.2~23.4
25.4~28.0
実燃費--
[単位]km/L

ノートC-Gear(シーギア)よりもさらにコンパクトサイズのイグニスは、小柄なボディにマイルドハイブリッドを合わせることで、総合的に燃費を向上させています。

ノートC-Gear(シーギア)のe-powerモデルには及ばないものの、ガソリン車よりも燃費が優れており、使い勝手の面でもノートC-Gear(シーギア)のライバルです。

日産 ノートC-Gear(シーギア)VS人気コンパクトSUV!あなたならどれを買う?

コンパクトカー イメージ

©Shutterstock.com/ Trimitrius

ノートC-Gear(シーギア)、アクアクロスオーバー、フィットクロススタイルの3車種は、あくまで“SUV風”コンパクトカーであり、最初からSUVとして開発された他のライバル車と比較すると、走行性能で見劣りするところもあると思います。

しかし、ノートC-Gear(シーギア)をはじめとしたSUV風のコンパクトカーには、燃費性能や価格帯などで他のライバル車に勝る部分も持っています。
SUVとしての走行性能をそれほど求めていないのであれば、SUV風コンパクトカーは非常に魅力的な選択肢だと言えるでしょう。

日産の新型車やSUVに関する記事はこちら

SUVに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK