初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マッドテレーンタイヤとは?燃費や空気圧から寿命について!雪道では欠かせない?

オフロード車には、沼地や岩場などあらゆる場所を走ることを想定したマッドテレーンタイヤが装備されます。マッドテレーンタイヤの特徴と普通のタイヤとの違い、燃費への影響や空気圧の調整などについて解説していきます。

マッドテレーンタイヤとは?

ジムニー マッドテレーンタイヤ

マッドテレーンタイヤとは、高扁平、高剛性のオフロードカー専用タイヤです。
マッドの意味は泥、テレーンとは地形を表し、その名の通り湿地、岩場、砂地、砂利などの不整地でのトラクション性能に特化したオフロード専用タイヤです。
略してM/Tタイヤ、マッテレなどとも呼ばれます。
トヨタ ランドクルーザーや三菱 パジェロ、スズキ ジムニーなどのオフロードカーの象徴の一つともいえるのがマッドテレーンタイヤです。

マッドテレーンタイヤは普通のタイヤと何が違うの?

タイヤ痕 マッドテレーンタイヤ

元々は僻地で運用される軍用車のタイヤとして開発され、あらゆる環境で安定したトラクション性能を発揮できるタイヤとして開発されました。
その最大特徴は、タイヤのトレッド面からサイドウォールにまで配置された高剛性のブロックです。
間隔をあけて配置される硬く大きなブロック形状が、岩をしっかりと掴み、また泥をかき分けることで、ロードタイヤでは走行不可能な場面での圧倒的なトラクションを車に与えます。
その反面、舗装路面では接地面積が少なくなるため、グリップ、静粛性、省燃費性ではロードタイヤに劣ります。

街乗りに使えるマッドテレーンタイヤ

オールテレーンタイヤというタイヤがあります。
本格的なマッドテレーンタイヤに対し、トレッドパターンやゴムの硬度をロードタイヤに近づけたタイヤで、A/TまたはT/Aタイヤと表記されます。
特化した性能はありませんが、マッドテレーンタイヤのネックである舗装路でのグリップ、静粛性、省燃費性に優れ、不整地走破性もあわせ持つオールラウンドタイヤです。
また、さらなる舗装路面での高速性能を高めたハイスピードテレーンタイヤが近年では純正採用される傾向にあります。

マッドテレーンタイヤの燃費性能

マッドテレーンタイヤは、その凸凹した形状ゆえに転がり抵抗が大きいため、燃費は悪くなりがちです。
また高い剛性を保つためには、タイヤ自体を重くせざるをえなくなり、やはり省燃費性能にはマイナスに働きます。
オールテレーンタイヤやハイスピードテレーンタイヤの省燃費性能は、ロードタイヤに近い形状のため、本格的なマッドテレーンタイヤに比べて良い傾向にあります。

マッドテレーンタイヤの空気圧

タイヤ 空気圧 チェック

タイヤは、充填した空気圧力によって最大負荷能力が変わります。
タイヤサイズを変更して装着されることの多いマッドテレーンタイヤの場合、タイヤの空気圧は車によって加わる最大負荷能力によって適正な空気圧に変更する必要があります。

LT315/75R16 【113】Q
30×9.50R15 LT 【104】Q
マッドテレーンタイヤは以上の様なサイズ表記がされます。
【】の数値がロードインデックスと呼ばれる最大負荷能力を表す数字になります。
タイヤ規格ごとに設定されたロードインデックスと空気圧の対応表を参考に、純正タイヤに設定された最大負荷に合わせて空気圧を調整しましょう。

なお、オフロード競技ではタイヤの接地面をかせぐため、意図的に空気圧を減らして走行する場合があります。
一般道では、低すぎる空気圧はタイヤーバーストやタイヤの異常摩耗などの原因になりますので適正な空気圧での走行を心がけてください。

タイヤの空気圧についてはこちら

マッドテレーンタイヤの寿命

タイヤ 整備

マッドテレーンタイヤとはいえどもゴム製のタイヤであることには変わらないため、寿命は一般的なタイヤと同じです。
紫外線による劣化や、経年による硬化、サイドウォールのヒビ、そして磨耗限界に達した状態が寿命となります。
磨耗に関しては、一般的に柔らかいゴムほど磨耗しやすく、硬いゴムほど耐磨耗性が高いといわれます。
オフロードカーは重量がある上、主に四輪駆動なので、その点でも磨耗はしやすい環境と言えるでしょう。
タイヤの注意点は一般のロードタイヤと同じですが、磨耗状態の確認にはサイドスリップサインとプラットフォームサインの2種類があります。

タイヤのプラットフォームとは?

タイヤ スリップサイン プラットフォーム

© 伊藤友春

タイヤのプラットフォームとは、オフロードタイヤとスタッドレスタイヤの残り溝高さが50%を示すサインです。
プラットフォームサインが出たタイヤは、舗装路面での走行は可能ですが、雪や泥の排出性が確保できないため、マッドトレーンタイヤやスタッドレスタイヤとしては実質的な寿命といえます。

マッドテレーンタイヤの雪道での走破性は?

雪道のタイヤ跡

マッドテレーンタイヤの雪上性能は、その見かけほど良くはありません。
タイヤのサイドウォールにはマッド+スノーでの運用可能な「M+S」と表記はあるものの、氷雪上ではスタッドレスタイヤの方がはるかに高い性能を発揮します。
いかにも雪道でもグリップしそうな形状ですが、深い雪上ならばまだしも、圧雪やアイスバーンでは、岩をも掴む硬いブロックが仇となってしまい、良好なグリップを発揮できません。
より柔らかいゴムが使われるオールテレーンタイヤの方が、マッドテレーンタイヤよりも氷雪性能は高い傾向にあります。

スタッドレスタイヤのおすすめランキングはこちら

マッドテレーンタイヤは無敵のタイヤ

ジープ オフロード マッドテレーンタイヤ

マッドテレーンタイヤは、オフロードカー専用タイヤです。
オフロードカーの駆動性能と、あらゆる環境に対応できるタイヤ性能がそろってこそ、無敵の走破性を発揮できるのです。
力強さを醸し出すゴツゴツしたタイヤデザインも、オフロードカーの持つ骨太さをさらに印象づけるキーポイント。
オフロード走行はしなくても、つい本格的なマッドテレーンタイヤを履きたくなってしまいます。

タイヤに関するおすすめランキングはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す