初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型N-BOXとN-BOXカスタムの違いを比較!おすすめはどっち?

日本一売れているホンダの人気軽ハイトワゴン「N-BOX」と「N-BOXカスタム」が新型にフルモデルチェンジ!この記事では、フルモデルチェンジした新型N-BOXとN-BOXカスタムの価格や燃費、デザインなどについて比較しています。あなたならどちらを選びますか?

ホンダ N-BOX&N-BOXカスタムが新型にフルモデルチェンジ!

新型N-BOX(左)&新型N-BOXカスタム(右)

ホンダ N-BOX 2017年

ホンダの人気軽ハイトワゴン「N-BOX」と「N-BOXカスタム」が新型へとフルモデルチェンジを行い、9月1日より販売開始されました。
今回のフルモデルチェンジでは、新開発のプラットフォームやパワートレインを採用し、先進安全装備の「ホンダセンシング」を全車で標準装備とすることで、優れた走行・燃費・安全性能を実現しています。

ホンダ 新型N-BOXについての記事はこちら

ホンダ「N-BOX」&「N-BOXカスタム」とは?

新型N-BOX

ホンダ N-BOX 発表

N-BOXとは、ホンダが2011年から製造・販売している軽ハイトワゴンです。
2017年の9月1日に初のフルモデルチェンジを行い、2代目となりました。
N-BOXカスタムは、N-BOXのドレスアップモデルであり、内外装のデザインやカラーラインナップ、標準装備などがN-BOXと異なります。

軽自動車でトップクラスの居住性と、優れた走行性能を武器とするN-BOXは、国内の自動車市場において圧倒的な人気を誇っており、2012年、2013年、2015年、2016年の軽四輪車新車販売台数で1位を記録しています。
また、N-BOXは普通車も含めた自動車市場全体で見ても、絶大な支持を受けており、2016年12月から2017年3月までの新車販売台数においては、4か月連続して1位の座に輝いています。

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムの価格を比較

自動車 金額 価格 円

新型N-BOX&N-BOXカスタムの新車価格
N-BOX139万~173万(NA)
150万~188万(ターボ)
N-BOXカスタム170万~188万(NA)
190万~208万(ターボ)
[単位]円(消費税込み)

ドレスアップモデルであるN-BOXカスタムの価格帯は、N-BOXよりも上に設定されます。
先代と比較すると、ホンダセンシングの全車標準装備化もあって、全体的に10万円程度値上がりしました。

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムのパワートレインを比較

新型N-BOXのターボエンジン

ホンダ N-BOX ターボエンジン

新型N-BOXとN-BOXカスタムのパワートレインには、新開発のi-VTECエンジンが搭載されます。
また、ターボエンジンには、電動ウェイストゲートが採用されました。
i-VTECエンジンと電動ウェイストゲートは、どちらも軽自動車で初採用の技術であり、新型N-BOXはこれら技術の採用によって、高い走行性能と優れた燃費の両立を実現しています。

なお、N-BOXとN-BOXカスタムで、搭載されるエンジンの性能に違いはありません。

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムのエンジンスペック

NAエンジンターボエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHC直列3気筒DOHCターボ
排気量660cc660cc
最高出力43[58]/7,30047[64]/6,000
最大トルク65[6.6]/4,800104[10.6]/2,600
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムの燃費を比較

新型N-BOXとN-BOXカスタムの燃費性能は、新開発のエンジンやボディの軽量化によって、先代モデルよりも全体的に向上しています。
NAエンジン搭載モデルの場合、N-BOXとN-BOXカスタムで燃費に違いはありませんが、ターボエンジン搭載モデルの場合、N-BOXの方がN-BOXカスタムよりわずかに低燃費です。

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムの燃費性能

N-BOXN-BOXカスタム
JC08モード燃費24.2~27.0(NA)
23.4~25.6(ターボ)
24.2~27.0(NA)
23.0~25.0(ターボ)
実燃費--
[単位]km/L

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムの安全装備を比較

ホンダセンシング

新型N-BOXとN-BOXカスタムには、先進安全装備として「ホンダセンシング」が全車標準装備されます。
「ホンダセンシング」とは、高精度のミリ波レーダーと単眼カメラによって車両や歩行者を検知し、衝突事故を未然に防ぐ衝突回避支援パッケージです。
今回、軽自動車で初搭載となった「ホンダセンシング」には、従来の機能に加えて、ホンダ車で初の「後方誤発進抑制機能」が追加されています。

N-BOXとN-BOXカスタムで、ホンダセンシングの機能に違いはありません。

ホンダセンシングについてはこちら

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムの外装デザインを比較

新型N-BOXの外装デザイン

ホンダ 新型 N-BOX 2017年
ホンダ 新型 N-BOX 2017年

新型N-BOXの外装デザインは、先代モデルのデザインを受け継ぎつつ、より洗練させたものとなっています。
全体的にシンプルで丸みを帯びており、万人に受け入れられるデザインが特徴です。
ボディカラーはノーマルが10色、ツートンカラーが4色の全14色が設定されます。

新型N-BOXのボディカラー

N-BOX 新型 ボディーカラー一覧

新型N-BOXカスタムの外装デザイン

ホンダ 新型 N-BOXカスタム 2017年

新型N-BOXカスタムの外装デザインは、N-BOXをよりシャープかつスポーティにしたものとなっています。
フロントマスクには、メッキバーを中心とした一体感のあるグリルを備え、ルーフにはスポーティ&スタイリッシュな大型テールゲートスポイラーを装着しました。
フルLEDのリアコンビネーションランプも、専用デザインのものが装着されます。
ボディカラーはノーマルが7色、ツートンカラーが5色の全12色です。

新型N-BOXカスタムのボディカラー

N-BOX 新型 ボディカラー一覧

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムのボディサイズ

全長全幅全高
3,3951,4751,790(FF)
1,815(4WD
ホイールベース車両重量乗車定員
2,520890-1,000(ノーマル)
900-1,020(カスタム)
4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムの内装デザインを比較

新型N-BOXの内装デザイン

新型 N-BOX 内装
ホンダ 新型 N-BOX 内装 2017年

新型N-BOXは、エンジンルームのコンパクト化やテールゲートの薄型化などにより、先代から続く特長である広い室内空間をさらに拡大しました。
また、従来のベンチシートに加えて、助手席スーパースライドシートとスロープ仕様を新たに設定したことにより、さらに自由度の高い多彩なシートアレンジが可能となっています。

カラーはベージュを基調とし、カフェで過ごすようなリラックス空間を作り上げています。

新型N-BOXカスタムの内装デザイン

新型 N-BOXカスタム 内装
ホンダ 新型 N-BOXカスタム 内装 2017年

新型N-BOXカスタムは、新型N-BOXと同様に広くて使い勝手の良い室内空間を備えています。
カラーはブラックを基調とし、上質かつ精悍な空間を表現しました。

ホンダ 新型N-BOX&N-BOXカスタムの室内寸法

新型N-BOX&N-BOXカスタム
室内長2,240
室内幅1,350
室内高1,400
単位[mm]

ホンダ 新型N-BOXとN-BOXカスタム あなたはどちらを選ぶ?

この記事では、2017年9月にフルモデルチェンジしたホンダ 新型N-BOXとN-BOXカスタムの違いを比較しました。

お求めやすい価格で、最新の安全装備を標準装備した新型N-BOX。
N-BOXよりも充実した装備と、スタイリッシュなデザインが魅力の新型N-BOXカスタム。

日本で一番売れている軽自動車の新モデル、あなたならどちらを選びますか?

ホンダの新型車に関連する記事はこちら

軽自動車に関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す