初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ベンツ新型EQ C(EQコンセプト)最新情報!新型EV(電気自動車)の性能・価格や発売日は?

メルセデスベンツがEV専門のブランド「EQ」を立ち上げ!ジェネレーションEQコンセプト(EQ C)は航続距離が500km以上?2019年の発売が予定されているジェネレーションEQコンセプトがどのようなデザイン・性能・価格で登場するか最新情報を紹介!

メルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)発表!

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

メルセデスベンツは2016年のパリモーターショーにおいて、次世代EV「ジェネレーションEQコンセプト」を発表しました。
市販モデルは「EQ C」として売り出されることが予想されています。
2019年の市販化を目標に開発を進めているとのことです。

「EQ C」のデザイン・性能・価格・発売日などの最新情報をご紹介していきます。

パリモーターショー2016についてはこちら

メルセデスベンツ EQ C 先行予約開始!

メルセデスベンツ EQ Cの先行予約受注がノルウェーにて開始されることが、メルセデスメンツのノルウェー公式ホームページにて明らかになりました。
2019年から生産が予定されているため、公式発表の1年以上も早く予約が開始されたことになります。

ノルウェーは世界的にもEV先進国として知られており、EVのシェアは4割にも及ぶため、メルセデスメンツの新ブランド「EQ」は大きく注目されているとのことです。

メルセデスベンツ EQとは?

メルセデスベンツ EQ

ドイツの自動車メーカー メルセデスベンツは、EV(電気自動車)の本格的な普及に向けて、新たなEV専門のブランドを立ち上げました。

最大のライバルであるBMWのEVブランド「BMW iシリーズ」に対抗する形で登場した新ブランドは「EQ」と名づけられ、ベンツが考えるEV社会の未来図を牽引していくことになります。

メルセデス EQについてはこちら

EVなど電気自動車の種類について詳しくはこちら

BMWの電気自動車についてはこちら

メルセデスベンツ EQ Cのコンセプト動画公開

メルセデスベンツの次世代型EV、メルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)のトレーラー動画が公開されました。
トレーラー動画の中で、外装はもちろんのこと、内装も紹介されています。
内外装は共に次世代型EVの名に恥じない未来感溢れるデザインになっています。
そして気になる走行時の動画も動画内で紹介されています。

【動画】メルセデスベンツ EQの公式アプリが登場!

メルセデスベンツ EQの公式アプリの紹介動画が公開されました。
動画には現在乗っている車で道路を走行している様子が写っています。

EQの公式アプリ「EQレディ」は、現在乗っている車からメルセデスやスマートのEV車やハイブリッド車に乗り換えるとどれほどの変化があるのかをシュミレートしてくれるもの。
電動車両の充電時間や使用電力はもちろん、燃費やコストなどの面でのメリットを知ることができるため、EVやハイブリッドへの乗り換えを検討する際に参考データとして使用できます。

「EQレディ」のiOS版とAndroid版はドイツ語と英語に対応しており、無償でダウンロード可能です。
今後はドイツ国内だけでなく他国への展開も計画しているとのことです。

メルセデスベンツ EQ Cの外装(エクステリア)デザインは?

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト
メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

メルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)は、クーペスタイルのクロスオーバーSUVとなっています。
EVモデル専用に開発されたプラットフォームは、モジュラーブロックシステムによって、さまざまな構成部品の組み合わせに対応しており、SUVやセダン、クーペ、カブリオレなどの幅広いボディタイプのラインナップを可能としました。

エアロダイナミクスを徹底的に追求したボディは、サイドミラーの代わりにカメラを装備したミラーレス車となっており、ドアにも自動開閉機能を付けることで取っ手を廃止しています。
21インチの大径ホイールも、エアロダイナミクスを考慮してデザインされました。
また、ワイパーも完全格納式になっており、フロントマスクにいたっては、凹凸のないフラットなデザインとなっているのが特徴です。
このフロントデザインは、今後もEQブランドの共通デザインとして用いられるようです。

ミラーレス車についてはこちら

メルセデスベンツ EQ Cの内装(エクステリア)デザインは?

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト 内装
メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト 内装

メルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)の内装は、昨今のコンセプトカーの例にもれず、非常にシンプルにまとまっているのが特徴です。
インパネには、横に長い24インチのフローティングディスプレイが設置され、3スポークのステアリングホイールには、タッチスイッチが採用されています

メルセデスベンツ EQ Cのスペック・性能は?

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

メルセデスベンツ EQ Cのスペック

全長全幅全高
4,7301,9501,560
ホイールベース車両重量乗車定員
--4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

メルセデスベンツ EQ Cのパワートレイン

ジェネレーションEQコンセプトは、フロントとリヤに計2個のモーターを搭載した四輪駆動となっています。
システム合計の最高出力は408PS、最大トルクは71.4kgmを発揮し、0-100km/hの加速は5.0秒以下という加速性能です。

搭載するリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は、70kWhという大容量であり、1回の充電で最大500kmまで走行できる長大な航続距離を持ちます。
充電は電磁誘導による充電システムにも対応しており、コードレス充電が可能となっています。

航続距離についてはこちら

メルセデスベンツ EQ Cの価格は?

価格 お金 費用 税金 維持費

ジェネレーションEQコンセプトが市販された場合、価格は4万9千ユーロ(約610万円)程度になるとアナウンスされています。

この価格はライバル車であるテスラ「モデルX(1,078万円から)」と比較すると、非常に安く抑えられており、EVの広い普及につながる価格設定だと言えるでしょう。

テスラ モデルXについてはこちら

EQ最初の市販車・メルセデスベンツ EQ Cの発売日は?

カレンダー

メルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)の日本発売に関しては、まだ情報がありません。
しかし、フランクフルトモーターショーにてメルセデス・ベンツは「EQ」の最初の市販車の車名を「EQC」と発表しており、同車は2019年からドイツ・ブレーメン工場で生産が開始される予定です。

さまざまなメーカーがEV車の開発を進める中、ベンツは少し遅れてEV市場に参加するという形になりました。
「メルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)」の新しい情報が入り次第更新して参ります。

メルセデスベンツ EQの今後に期待ですね!

メルセデスベンツ EQ Cのライバル車はこちら

ベンツの新型車についてはこちら

注目のハイブリッド車はこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集部の車好き大学生。大学では自動運転について研究中。好きな車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。現在の愛車は18歳のころ20万円ほどで購入した9年落ちのキューブキュービック。日々自分で修理・カスタムしながら乗っています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK