初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型C-HRハイパワー(Hy-Power)最新情報|燃費や価格&発売日は2018年内?

トヨタ新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」最新情報!この記事では、9月12日から開催されるフランクフルトモーターショーにおいて初公開される、トヨタの新型SUV「C-HR Hy-Powerコンセプト」の燃費や価格、発売日といった最新情報についてまとめています。

トヨタ新型「C-HR ハイパワー(Hy-Power)コンセプト」が公開!

トヨタ c-hr ハイパワーコンセプト フルフロント

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは、ドイツで9月12日から開催されたフランクフルトモーターショー2017において、新型コンセプトカーの「C-HR Hy-Powerコンセプト」を初公開しました。
「C-HR Hy-Powerコンセプト」は、コンパクトクロスオーバーSUVの「C-HR」をベースとしており、トヨタのハイブリッドパワートレインの将来の拡張性を示唆しているとのことです。

この記事では、新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」の最新情報についてまとめているので、是非ご覧になっていってください。

フランクフルトモーターショー

新型「C-HR ハイパワー(Hy-Power)コンセプト」ってどんな車?注目ポイントまとめ

書類 チェックリスト

新型「C-HR ハイパワー(Hy-Power)コンセプト」は、より協力なハイブリッド車の可能性を求め、トヨタヨーロッパのデザインスタジオがデザインしたコンセプトカーです。
注目ポイントは、以下の2点となります。

・新たなデザインを採用
・新たなパワートレインを搭載

トヨタ新型「C-HR (Hy-Power)コンセプト」の外装デザインは?

トヨタ c-hr ハイパワーコンセプト 外装
トヨタ C-HR
トヨタ c-hr ハイパワーコンセプト ルーフ
トヨタ c-hr ハイパワーコンセプト ホイール
トヨタ c-hr ハイパワーコンセプト フロントグリル

新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」の外装デザインは、トヨタ「86」のコンセプトモデルも手掛けた、トヨタの欧州デザインセンター「ED2」が担当しています。
その外装は、C-HRが持つエモーショナルでパワフルな外観をより強調するものであり、同時にダイヤモンドをテーマとして採用、品質の向上に努めています。

外装にはカーボンの塗装が施されており、光沢のあるデザインとなっています。
また、フロントリップスポイラーやトヨタエンブレム周辺などに光沢のある黒を採用して高級感を高めており、ホイールは20インチのアロイホイールとなっています。
ダイヤモンドカットデザインのフィルムでカバーされたルーフや、ヘッドランプやフロントグリルを燃えるようなオレンジ色で仕上げているのも印象的です。

参考:現行型C-HRのボディサイズ

全長全幅全高
4,3601,7951,550(2WD)
1,565(4WD)
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6401,440(2WD)
1,470(4WD)
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ新型「C-HR ハイパワー(Hy-Power)コンセプト」の内装(インテリア)は?

トヨタ c-hr ハイパワーコンセプト シート

内装は外装と同様にダイヤモンドをイメージし、品質の向上を図っています。

外装と同様に黒を基調としてオレンジで仕上げるスタイルで、シートのキルティングもテーマ通りのダイヤモンドをイメージさせます。

トヨタ新型「C-HR ハイパワー(Hy-Power)コンセプト」のパワートレインは?

新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」のパワートレインに関しては、まだ情報がほとんどありません。
ただし、車名に「Hy-Power(ハイパワー)」という言葉が使用されていることや、将来のハイブリッドパワートレインの拡張を示唆しているため、新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」のパワートレインには、現行型のC-HRよりも強力なエンジンが用意されることが明らかになっています。
新しいエンジンについては、2018年の早い段階で詳細が発表される予定です。

なお、現行型C-HRのパワートレインには、1.8Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンと、1.2Lの直列4気筒直噴ターボエンジンの2種類が用意されています。
駆動方式はハイブリッドが2WDで、ターボが4WDトランスミッションは全車CVTです。

参考:現行型C-HRのエンジンスペック

ハイブリッドターボ
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直噴ターボ
排気量1.8L1.2L
最高出力72[98]/5,20085[116]/5,200-5,600
最大トルク142[14.5]/3,600185[18.9]/1,500-4,000
モーター最高出力53[72]-
最大トルク163[16.6]-
トランスミッション電気式無段変速機(CVT)CVT
駆動方式FF(2WD)4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ新型「C-HR ハイパワー(Hy-Power)コンセプト」の燃費性能は?

新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」の燃費性能に関しては、まだ情報がありません。
現行型C-HRのハイブリッドモデルでも、燃費性能が30.2km/Lという低燃費であることを考慮すると、新たなハイブリッドエンジンが搭載されるかもしれない「C-HR Hy-Powerコンセプト」の燃費性能は、より低燃費になる可能性があります。

参考:現行型C-HRの燃費性能

ハイブリッドターボ
JC08モード燃費30.215.4
実燃費--
[単位]km/L

トヨタ新型「C-HR ハイパワー(Hy-Power)コンセプト」の価格は?

自動車 金額 価格 円

新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」が、実際に市販されるかどうかは分かりませんが、市販された場合の価格は、現行型C-HRよりも高く設定されるでしょう。

参考:現行型C-HRの新車価格

トヨタ C-HRの新車価格
G(ハイブリッド)291万
G-T(ガソリン)278万
S(ハイブリッド)265万
S-T(ガソリン)252万
[単位]円(消費税込み)

【おさらい】トヨタ C-HRってどんな車?

現行型C-HR

トヨタ C-HR 外装

C-HRとは、トヨタが2016年から製造・販売しているコンパクトクロスオーバーSUVです。
トヨタが掲げる次世代の開発方針「TNGA」に基づいて開発されたC-HRは、新型プラットフォームによる高い走行性能と、プリウス譲りのハイブリッドシステムによる優れた燃費性能を合わせ待ちます。
また、安全装備として衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンスP」を全車で標準装備しているという点も、C-HRの魅力です。

トヨタ C-HRについての記事はこちら

TNGA、トヨタセーフティセンスPについてはこちら

トヨタ新型「C-HR ハイパワーコンセプト」の発売日は2018年内か?

現行型C-HR

トヨタC-HR

トヨタ新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」の最新情報についてお伝えしました。

新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」の発売は、2018年内になると予想されています。
デザインや性能、価格など、多くの点については、まだ謎に包まれていますが、その風貌はフランクフルトモーターショーで明らかになり、それからパワートレインについても2018年の初頭には詳細が発表されます。

MOBYでは、今後も新型「C-HR Hy-Powerコンセプト」に関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

トヨタの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社