初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダ新型ジェイド】2017年11月マイナーチェンジは本当か?価格や燃費・性能など最新情報

ホンダ新型「ジェイド」のマイナーチェンジ最新情報!ホンダのミニバン「ジェイド」が、11月に新型へのマイナーチェンジを予定している噂が流れていますが、はたして本当でしょうか。当記事では、マイナーチェンジの時期、新型ジェイドの性能や燃費、価格などの予想、最新情報をまとめてお届けします。

ホンダ新型ジェイド マイナーチェンジ

現行型ジェイド

2015年式 ジェイド

ホンダのミニバン「ジェイド」が、マイナーチェンジされると予想されています。

予想されるマイナーチェンジ後の変更点

・エクステリアデザイン(外装)の変更
 フロントマスクに「ソリッドウイングフェイス」を採用
 「ジュエルアイLEDヘッドライト」を採用
・5人乗りの2列シート車を追加

次回のマイナーチェンジでは、外装デザインの変更がメインとなり、内装は一部変更、パワートレインや燃費性能、安全装備などに変更はないかと予想されます。
外装デザインは、中国で販売されているモデルのデザインが国内販売モデルにも使用されるものと予想されます。
また、2列シート5人乗りモデルのラインナップ追加の可能性もあります。

ホンダの歴史についてはこちら

ホンダ新型ジェイドの外装(エクステリア)デザインは?

新型ジェイドの中国国内向けTVCM

※動画と画像は、すでに販売が開始されている中国仕様の新型ジェイドのものです。

次回のマイナーチェンジで新型となるジェイドの外装デザインには、中国モデルで採用されている「ソリッドウイングフェイス」が国内販売モデルにも採用される可能性があります。
「ソリッドウイングフェイス」とは、グリルとヘッドライトが連続したフロントデザインのことで、近年のホンダ車に共通して採用されるようになった、いわゆる「ホンダ顔」のことをいいます。

また、ヘッドライトには「ジュエルアイLEDヘッドライト」が採用されることが予想されます。
これも中国モデルで採用されているヘッドライトで、キラキラとした宝石のような輝きが美しいヘッドライトで、同社の「レジェンド」や「NSX」にも採用されている最新の装備です。

このほか、新デザインのリアバンパーやホイールなど、細かい部分においてもブラッシュアップされることでしょう。
ボディカラーには、新色の「ボルドーレッド」が追加されることが予想できます。

ボディサイズは、マイナーチェンジですので現行モデルと基本同じとなると思われますが、新デザインのフロントバンパー、リアバンパーによって若干全長が伸びる可能性があります。

参考:現行型ジェイドのボディサイズ

全長全幅全高
4,6501,7751,530
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7601,5106
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ホンダ新型ジェイドの内装(インテリア)デザインは?

現行型ジェイドの内装

ホンダ ジェイド 2015年

現行型ジェイドの内装

ホンダ ジェイド RS 2015年型 内装

今回のマイナーチェンジで、新型ジェイドには2×3の2列シート5人乗り仕様が追加される可能性があります。

現行型ジェイドの日本仕様車には、3列シートの6人乗り仕様しか設定されていません。
3列シートでは、最後尾のシートの居住性が悪く、ラゲッジスペースも狭くなることから、常時6人乗りでは実用性に欠けてしまいます。
実際的は4人乗車が基本となるユーザーも多く、2列シート5人乗りの需要が高いという背景があります。

また、これまでジェイド以外の5人乗りミニバンに乗っていたユーザーからも、新型ジェイドは新たな選択肢となり、メーカーとしては新たな顧客の獲得をすることができます。

参考:現行型ジェイドの室内寸法

室内長2,850
室内幅1,505
室内高1,230
[単位]mm

ホンダ新型ジェイドのパワートレインは?

現行型ジェイドのエンジン

ホンダ ジェイド 1.5L DOHC i-VTECエンジン 2015年

次回のマイナーチェンジでは、エンジンや燃費性能の大きな変更はないものと予想されます。

現行型ジェイドのパワートレインには、1.5L 直列4気筒のハイブリッドエンジンと、ガソリンターボエンジンの2種類が用意され、トランスミッションはハイブリッドが7速DCT、ターボがCVTの設定となっています。
駆動方式は全車FFです。

参考:現行型ジェイドのエンジンスペック、燃費性能

ハイブリッドガソリンターボ
エンジン種類直列4気筒直噴DOHC直列4気筒DOHC直噴ターボ
排気量1.5L1.5L
最高出力96[131]/6,600110[150]/5,500
最大トルク155[15.8]/4,600203[20.7]/1,600-5,000
モーター最高出力22[29.5]/1,313-2,000-
最大トルク160[16.3]/0-1,313-
トランスミッション7速DCTCVT
駆動方式FFFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ハイブリッドガソリンターボ
JC08モード燃費24.2-25.018.0
実燃費--
[単位]km/L

ホンダ新型ジェイドの安全装備は?

現行型ジェイド ホンダセンシング

ホンダ ジェイド SENSING イメージ 2015年型

マイナーチェンジ後の新型ジェイドに新たな安全装備が追加されるということはないでしょう。
既に、現行モデルから、衝突回避支援システム「ホンダセンシング」が搭載されており、現在のホンダ車としては先進の安全装備がフルで実装されています。

「ホンダセンシング」とは、高精度のミリ波レーダーと単眼カメラによって車両や歩行者を検知し、衝突事故を未然に防ぐ先進安全装備です。

ホンダセンシングについて詳しくはこちら

ホンダ新型ジェイドの価格は?

自動車 金額 価格 円

次回のマイナーチェンジで新型ジェイドとなっても、新車車両価格は現行モデルのまま据え置かれるでしょう。

価格増の要因となる、パワートレインや安全装備などに変更がなく、外装と内装の変更にとどまることから価格か仮にアップしたとしても、わずかな範囲となるでしょう。

参考:現行型ジェイドの新車価格

ホンダ ジェイドの新車価格
RS(ガソリン車)253万
ハイブリッド272万
ハイブリッド X292万
[単位]円(消費税込み)

ホンダ ジェイドとは?

現行型ジェイド ハイブリッド

ホンダ ジェイド ハイブリッド X 2015年

ジェイドとは、ホンダが製造・販売しているミニバンです。
車名は英語で「翡翠」を意味します。

中国市場を中心に展開する世界戦略車として開発されたジェイドは、2013年に中国で発売され、日本国内では2015年から販売が開始されました。
日本販売モデルも中国工場で生産されています。
ジェイドは、先代が2014年まで製造販売されていたストリームとなります。

日本仕様車は当初、ハイブリッド専売モデルとして発売されましたが、後のマイナーチェンジによって、ガソリンモデルの「RS」が追加されています。

国内では知名度が低く販売台数が振るいませんが、日本の立体駐車場のほとんどに入る、1,550mmを切るセダン並みの低全高に、ミニバンの居住性を備えたジェイドは、狭い都会にマッチした都市型ミニバンとなります。

ホンダ ストリーム

ホンダ ストリーム RSZ 1.8L FF 2代目 2012年型

ホンダ ジェイドについての記事はこちら

現行型ジェイドは10月に受注終了?新型の発売は11月か?

現行型ジェイド

ホンダ ジェイド 2015年型 立体駐車場イメージ

インターネット上で現行モデルのジェイドが10月に受注を終了、マイナーチェンジして新型の発売が11月という情報が流れていますが、MOBY編集部が調べたところ、その可能性は低いと考えます。
ディーラーにも、そのような情報が入っていないようです。

いっぽうで、一部で2018年4月頃にジェイドの一部改良が行われるだろうと予想しているところがあります。
これは、現行モデルのデビューが2015年2月であることから、十分に可能性があるものと考えます。

MOBYでは、引き続き新型ジェイドの動向に着目し、最新情報が出しだい、当記事でお伝えしていきます。

ホンダの新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社