初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダ新型ジェイド マイナーチェンジ最新情報】変更点は?RSは2列シート5人乗りへ

2018年5月18日にホンダ ジェイドがマイナーチェンジして発売決定!新型ジェイドRSが2列シート5人乗りとなります。ホンダ新型ジェイドの最新情報と、価格や燃費・性能予想をお伝えします。マイナーチェンジではこのほか全車にホンダセンシングが標準搭載、さらにRSにハイブリッドグレードが追加されます。待望の5シータージェイドはどんな車になるのでしょうか。

【最新情報】新型ジェイド5月18日発売!マイナーチェンジでRSが2列シート5人乗りに

新型ジェイド RSは2列シート5人乗り。従来の3列目は広々とした荷室になっている

ホンダは2018年5月17日に、ステーションワゴンであるジェイドのマイナーチェンジを行発表。新型ジェイドは5月18日から発売されます。

ホンダ ジェイドは、3列シート6人乗りのステーションワゴンとして2015年にデビューしました。

今回のマイナーチェンジで、1.5L直列4気筒直噴VTECターボエンジンを搭載する「ジェイド RS」が、2列シート5人乗りへと完全移行。
3列目シートを必要としないユーザー層をターゲットとしており、走りを楽しみつつ、荷物の多いアウトドアを楽しみたいという方にうれしい仕様となっています。

2列シート5人乗りの追加以外にも、前モデルでは標準モデルのみのエンジンとなっていた「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を搭載したRSグレードを追加、さらに全車に安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用するなど、大きな改良、変更が加えられました。

【ホンダ新型ジェイド】エクステリア(外装)デザインの変更点

マイナーチェンジ後のホンダ新型ジェイド RS

旧型ジェイド RS

マイナーチェンジ前後のエクステリア(外装)を見比べますと、フロント周りのデザインに変更が加えられているのがわかります。

RSはインラインタイプのLEDヘッドライトや、ハニカムメッシュフロントグリル、新規採用18インチのアルミホイールを採用。スポーティーかつシャープなデザインとなっています。

ジェイドのリアデザインをマイナーチェンジ前後で比較

マイナーチェンジ後のホンダ新型ジェイド RSのリアビュー

旧型ジェイド RS リアビュー

2列5人乗りになった新型ジェイドRSは、リアデザインに大きな変化はない様子です。

新型ジェイドのフロントデザインは明確な変更点が

マイナーチェンジ後のホンダ新型ジェイド RSのフロント

旧型ジェイドのフロント

新型ジェイドは、ホンダが最近よく採用する「ジュエルアイLEDヘッドライト」を採用、バンパーの形状も変化しています。より精悍な顔付きになった印象です。

【ホンダ新型ジェイド】インテリア(内装)デザインの変更点

マイナーチェンジ後の新型ジェイドのインパネ

旧型ジェイドのインパネ

マイナーチェンジ後の新型ジェイドの内装デザインに大きな変更点はないようです。質感の向上など小変更についても発表されていません。

車内の大きな変更点は、やはり2列シート5人乗り仕様が追加されたことでしょう。また、ラゲッジスペースもゴルフバック4個またはスーツケース4個を収納できる容量となっています。

マイナーチェンジ前後のシートを比較

新型ジェイドのリアシート(2列5人乗りの後席)

旧型ジェイドのシート

ホンダ新型ジェイドの内装は全体的に変更はないように見受けられます。

2列シート5人乗り仕様の後席については、厚みのあるシートと広い足元のスペースと発表されています。大型アームレストや反転テーブルなどで、後席でもゆったりくつろぐことができます。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す