初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型N-BOX9月1日から発売開始!価格は138万円〜

2017年8月31日、ホンダは新型N-BOXの詳細情報を明らかにしました。2017年9月1日より発売開始されます。N-BOXは2015年、2016年と軽自動車の販売台数トップを誇る人気車です。新型N-BOXの最新情報をご紹介します。

ホンダ新型N-BOX 9月1日より発売開始!

ホンダ N-BOX 2017年

ホンダは2017年8月31日、新型N-BOXの詳細を公開し、2017年9月1日から発売開始することを明らかにしました。
新型 N-BOXはデザイン面ではよりスタイリッシュになり、性能面では新開発のパワートレインの搭載や軽量化などいくつかの改良がなされました。

ホンダ N-BOXとは?

ホンダ N-BOXとは2015年、2016年軽自動車の販売台数ランキングで1位を獲得した人気車です。
シンプルかつスタイリッシュなデザインが特徴です。
また、広い室内空間やパワースライドドアを採用している点など、機能面でも非常に優れています。

ホンダの公式発表内容(プレスリリースより)

Hondaは、新型軽乗用車「N-BOX(エヌボックス)」を9月1日(金)に発売します。

 新型N-BOXは、「日本の家族のしあわせのために」をコンセプトに、ファミリーカーの新たなスタンダードとなることを目指して開発されました。先代N-BOXで多くのお客様からご支持いただいている広い室内空間や、存在感のあるデザインは継承しながら、新型ではプラットフォーム、パワートレインを新たに開発。安全装備や新採用の助手席スーパースライドシートなどの充実した機能を備えた上で約80kg軽量化し、優れた走行性能・低燃費・乗り心地を実現しました。

 また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」をHondaの軽乗用車として初めて採用。従来機能に加え、新たに後方誤発進抑制機能を追加し、全タイプに標準装備※1としています。

 新型N-BOXより、“Nのある豊かな生活”を意味する「N for Life」という新たなメッセージで、広告展開を開始します。また、「N for Life」の世界観を表現した展示イベント「N for Lifeスペース」を9月1日(金)より、全国7都市にて順次展開。“Nのある豊かな生活”をすべてのNシリーズで提供していきます。

※1N-BOXのG・Honda SENSING、G・L Honda SENSING、G・EX Honda SENSING、N-BOX CustomのG・L Honda SENSING、G・EX Honda SENSINGではHonda SENSINGを装備しない仕様も選択可

新型N-BOXの主な特長(プレスリリースより)

●デザイン
「N-BOX」の印象を保ちながら、洗練と上質をまとったデザイン
軽乗用車の枠を超えた車格感や、空間の豊かさなど先代N-BOXの魅力を受け継ぎながら、全タイプ標準装備のLEDヘッドライトやルーフサイドの溶接にルーフレーザーブレーズを採用するなど、細部にわたって洗練と上質を追求しました。インテリアは、N-BOXではベージュを基調に、カフェで過ごすようなリラックス空間を、N-BOX Customではブラックを基調とした上質かつ精悍な空間を表現しました。
●走り
軽量ボディー、新設計パワートレインをはじめとする新技術により、優れた走行性能・低燃費・乗り心地を実現
高効率フロアフレーム構造や高張力鋼板の適応拡大に加え、新たな接合技術を導入することで軽量化と高剛性化を両立。パワートレインにおいては、自然吸気エンジンにi-VTECを、ターボエンジンには電動ウェイストゲートを、いずれも軽乗用車で初めて※6採用しました。
さらに、CVTやサスペンションシステムの高性能化、フロントピラーの極細化による前方視界の向上などさまざまな領域を進化させ、安心感のある走りと低燃費、快適な乗り心地を実現しました。
●安全
Honda SENSINGを全タイプに標準装備。Honda初となる「後方誤発進抑制機能」を採用
Hondaの軽乗用車に初採用となる、先進の安全運転支援システムHonda SENSINGは、基本の8つの機能に加え、オートハイビームならびにHonda初となる後方誤発進抑制機能を追加。全タイプに標準装備※1しています。
N-BOXに搭載するHonda SENSINGの機能
・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>
・LKAS<車線維持支援システム>
・先行車発進お知らせ機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・標識認識機能
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム
●利便性
広い室内空間と、画期的な使いやすさをもたらす助手席スーパースライドシート
エンジンルームのコンパクト化、テールゲートの薄型化などにより、従来から好評の広い室内空間をさらに拡大。テールゲート開口部の高さを低くすることで、自転車などの積み降ろしをより容易にしました。
シートアレンジには、従来のベンチシートに加えて、助手席スーパースライドシート、スロープ仕様※7を設定。新採用の助手席スーパースライドシートは、助手席シートの前後スライド量を570mmとすることで、後席・運転席間の移動をはじめ、標準装備となったスライドリアシートと合わせて多彩な使い方が可能です。
●快適
クラスを超えた快適機能と静粛性
シート表皮に付着したアレルゲン(ダニ・スギ花粉)の不活性化※8に加え、抗ウイルス※9加工を施したアレルクリーンプラスシート※10や、紫外線と赤外線を軽減する360° スーパーUV・IRカット パッケージをすべての窓に採用するなど、車内の環境を快適に整える先進装備を充実させました。また、振動や騒音を発生源で抑制する「高性能エンジンマウントシステム」を採用し、さらに防音材や遮音材を最適に配置することで静粛性を徹底的に高めています。
※62017年8月現在。Honda調べ
※72018年春発売予定
※8ダニアレルゲン94.3%、スギ花粉アレルゲン82.0%を不活性化。Honda社内実車測定値
※9病気の治療や予防を目的とするものや、ウイルスの働きを抑制するものではありません。試験方法:ISO18184(ウイルス株 ATCC VR-1679<エンベロープ有>を使用
※10N-BOXのG・L ターボ Honda SENSING、G・EX Honda SENSING、G・EX ターボ Honda SENSING、N-BOX CustomのG・L ターボ Honda SENSING、G・EX Honda SENSING、G・EX ターボ Honda SENSINGに標準装備

ホンダ N-BOXに関するおすすめ情報はこちら

ホンダ N-BOXのライバル車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集部の車好き大学生。大学では自動運転について研究中。好きな車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。現在の愛車は18歳のころ20万円ほどで購入した9年落ちのキューブキュービック。日々自分で修理・カスタムしながら乗っています。...