初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディの認定中古車を選ぶメリットとデメリット5選|Audiの値引きや保証について

アウディの認定中古車は本当に得なのか損なのか?メリットとデメリットを考察してみます。認定中古車とは、アウディの正規販売店が、アウディの基準で検査した中古車のことです。一般的に中古車両は高い買い物です。購入価格からの値引きは可能なのかも、合わせて検証してみました。

アウディ認定中古車とは?

アウディ認定中古車とは、アウディの直営販売店の取り扱う新古車もしくは中古車のことです。
メーカーであるアウディの保証や修理技術をそのまま継続して受けられるというメリットがあります。

新車保証の残りがある登録から3年以内の車両にはアウディで新車購入した車同様の保証があり、車の来歴についても安心して購入できます。
悪質な中古業者によるメーターの巻き戻しやニコイチ(2つ以上の車体の合成)などの被害を警戒している人には、安心できる認定中古車の購入をおすすめします。

認定中古車に関する記事はこちら

アウディの中古車についてはこちら

その1 保証期間の長さ

新車保証について

アウディ RS 3 セダン 欧州仕様 2017年型

アウディの新車保証は登録から3年間です。
中古で購入した場合、整備記録が残っていたら保証は受けられるかもしれませんが、来歴が残っているかどうかの不安はあります。

認定中古車の場合は、販売店で登録された車ですので保証が残っています。
来歴のはっきりしていない車がメーカーの認定中古車として販売されることはありませんので、この点について安心できます。

「Audi Approved Automobile」通称AAAとは、認定中古車の保証基準のことです。
AAAの認定を受けた中古車には、無償で1年以上、有償で延長保証が受けられます。
新車保証の残りがある場合、上記の保証にプラスされます。

具体的な保証期間について

AAA プレミアム プラスは、新車購入から1年以内、走行距離6万kmで受けられる保証です。
新車保証にプラスして2年保証が付くことになるため、トータルで4~5年無償で保証されるということになります。

AAAの場合、登録から3年以内であれば、その期間の新車保証と1年保証が無償で付いてきます。
3年以上であれば新車保証はありませんが、10万km以下の車両であれば上記の保証は付いてきます。
有償で延長保証も受けられるので、万一の故障の場合も安心です。

中古の場合でも、アウディ フリーウェイプランと呼ばれる無償のメンテナンスパックが付いています。
2年の有償で延長できるフリーウェイプラスも用意されています。

その2 アウディに特化した整備技術

工具 修理

一般的な中古車店は、様々なメーカーの車種を取り扱っています。
アウディだけでなく、BMWやポルシェ、トヨタやホンダなど多種多様な車があります。
当然ながら修理する場合、整備士は平均的なところまでしかできません。
最新の車は、電子制御されていたり、ブラックボックス化されていて、メーカーでしか修理できないところも多いです。

認定中古車の場合、こういった部分の修理まで行ってくれます。
整備士もアウディの車種に特化した技術を持っていますので安心ですね。

またドイツ車の場合、部品は輸入することが多いので、メーカーから直接購入できるメリットもあります。

その3 上質な中古車が見つかりやすい

アウディ正規販売店の強みといえば、オーナーとの付き合いでしょう。
同じ顧客がアウディの車をそのまま買い替えるケースは珍しくありません。
その場合、乗り方が把握できているオーナーの車がそのまま中古車となります。
来歴のはっきりしている中古は、少々年数が経過していても安心できます。

また、試乗車落ちの新古車や走行距離の短い中古車なども集まりやすいです。

このようにアウディの販売店が認可するので、上質な中古車が見つかりやすいというわけです。

その4 少し割高?

価格 お金 費用 税金 維持費

ディーラーにとって顧客との信頼関係は重要です。
何度もアウディの車を購入してくれる顧客は、ディーラーにとっては大切なもの。
そのため、同じアウディでもディーラーの方が高値で下取りしてくれる場合が多いです。

また、メーカーにとって自社ブランドの製品の価値は高いので、中古車の販売価格も割高になることが多いです。

具体的な例として、アウディA1で比較してみましょう。
A1は2012年モデル、3~4万km走行の中古車で、アウディの認定中古で145万~149万円です。
認定中古でない中古の場合は126万円程度となり、20万円くらいの差がありますね。
※MOBY独自調査による

しかしこの価格差は、前述したように来歴のはっきりしている上質な車であるがゆえ、ということから見れば妥当でしょう。

その5 値引きについて

アウディ A4 2.0 TFSI 2016年式

一般に中古車の値引きは、新車ほどの大幅な価格は期待できません。
しかしながら、数万円程度の値引きなら交渉しだいで可能です。
諸費用からカットする場合は、納車代行費用(自宅などに納車してもらう費用)や車庫証明代行費用などを削減することができます。

他には、他店で同じ車種の見積もりをとって比較することです。
中古車といえど、もうけの大きい価格での交渉になるので、他店の見積もりを持っていくだけでも有利になります。
後は、直接交渉で切りのいい価格の値引き交渉をしてみるといいでしょう。

アウディ認定中古車は得なのか?

アウディ S8

アウディの認定中古車について、様々な検証をしました。
新車保証期間が3年以内なら適用されること、車の来歴がはっきりしていて質の高い中古車両が多いことなどのメリットがあります。

デメリットとしては、正規ディーラーだけにアウディ車の中古価格が割高になることです。
しかし整備面でのメリットなどを考慮すると、トータルで考えて認定中古車にはメリットの方が大きいといえます。

自分で車を整備できたり、中古に対する目利きがある程度あるならば、値段の安い中古店で購入するのもいいでしょう。
しかし、自分で整備しない人や中古の選定に自身のない場合は、認定中古車なら保証も程度も安心して購入できます。

認定中古車についてはこちら

アウディの中古車についてはこちら

車を売る&査定するときにおすすめの記事はこちら

この記事の執筆者

タケロクこの執筆者の詳細プロフィール

ロックギタリストでありながら、車、バイク好きの関西人です。マニュアルのダイハツ テリオスキッドが現在の愛車で、バイクはNC750Sに乗っています。...