初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

燃費のいいセダン人気ランキングTOP10|低燃費のセダンのおすすめは?【2017年最新版】

セダンといえば、現在SUV・ミニバン・軽自動車人気の影に隠れ「古い・燃費が良くない」といったイメージを抱かれる傾向にありますが、実際はどうなのでしょうか?本記事では、セダンタイプの自動車を燃費の良いモデルをランキング形式で紹介していきたいと思います。

セダンに対する低燃費のイメージは薄い?

トヨタ プリウス 2015年

低燃費志向の今、軽自動車やコンパクトカーと比較すると、セダンを好んで選ぶ人が減少している傾向にあります。
セダンといえば上質な室内空間と堅実なボディ設計などが特徴で、一昔前の自動車のイメージを含んでいるタイプの自動車ではあります。

しかし、あのハイブリッド専用車かつエコカーの筆頭であるプリウスもセダンです。
現在のセダンタイプの自動車の燃費性能は、決して他に劣るわけではありません。

それではセダンの車種について、JC08モード燃費を基準に、1位から順にランキング形式で紹介していきたいと思います。

セダンに関する解説はこちら

【第1位】トヨタ プリウス E

JC08モード燃費:40.8km/L

トヨタ プリウス E

トヨタ プリウス 2015年

トヨタ プリウスは、ハイブリッド専用モデルとして製造・販売されているセダンです。
JC08モード燃費においては、他車種と大きく差を付け、不動の第1位となりました。

【第2位】ホンダ グレイス ハイブリッド EX

JC08モード燃費:34.8km/L

ホンダ グレイス HYBRID EX

新型 ホンダ グレイス HYBRID EX・Honda SENSING スタイリングイメージ(ブリリアントスポーティブルー・メタリック) (3)

ホンダ グレイスは、2017年7月7日にマイナーチェンジが行われました。
ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」のバージョンアップによる燃費向上と、ホンダの安全技術「ホンダ センシング」が搭載された点が特徴です。

【第3位】トヨタ カローラアクシオ HYBRID

JC08モード燃費:33.0km/L

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G 2013年

トヨタ カローラアクシオは、カローラセダンを日本の道路事情に合わせて5ナンバーにしたモデルです。
しかし、2018年あたりに噂されるフルモデルチェンジを機に、3ナンバー化されるという情報も入っています。

【第4位】ホンダ アコード ハイブリッド LX

JC08モード燃費:31.6km/L

ホンダ アコード ハイブリッド LX

ホンダ 新型アコード フルモデルチェンジ 10代目 アメリカ仕様 2018年モデル17

ホンダ アコード ハイブリッドは、現在北米や欧州市場をメインターゲットとする高級セダンです。
アコードは2013年に日本での販売が終了し、日本では同年にハイブリッドモデルのみのラインナップで再び発売され、現在は2代目となっています。

【第5位】マツダ アクセラハイブリッド C

JC08モード燃費:30.8km/L

マツダ アクセラ ハイブリッド C

マツダ アクセラ ハイブリッド 2016年

マツダ アクセラハイブリッドは、マツダの「SKYACTIV-G 2.0」をベースにしたハイブリッドモデルです。
ハイブリッドが発売された段階で、ガソリン・ディーゼル・ハイブリッドの3種類をラインナップしたモデルは、アクセラが初となります。

【第6位】トヨタ カムリ ハイブリッド X

JC08モード燃費:23.4km/L

トヨタ カムリ ハイブリッド X

トヨタ 新型カムリ オプション装着車

トヨタ カムリは、2017年7月にフルモデルチェンジを果たしたばかりのセダンです。
トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」を採用しており、従来から設計を刷新しています。

【第7位タイ】トヨタ クラウン ハイブリッド

JC08モード燃費:23.2km/L

トヨタ クラウンロイヤル ハイブリッド

トヨタ クラウンロイヤル ハイブリッド

トヨタ クラウンロイヤルは、トヨタの高級セダンであるクラウンの「ロイヤル」シリーズのものを指します。
クラウンは、他にも「アスリート」や「マジェスタ」というシリーズで構成されています。

【第7位タイ】レクサス IS 300h ハイブリッド

JC08モード燃費:23.2km/L

レクサス IS 300h ハイブリッド

レクサス IS250C

レクサス ISは、トヨタ アルテッツァをレクサスブランドとして欧州・北米向けに販売を開始したモデルです。
日本でレクサスブランドが設立されて以降、2代目モデルが日本でも発売され、現在は3代目となっています。

【第9位】マツダ アテンザセダン XD

JC08モード燃費:22.4km/L

マツダ アテンザセダン XD

マツダ アテンザセダン XD L Package 2016年

マツダ アテンザセダンは、現在のマツダのフラグシップセダンです。
アテンザは、デザインと走行性能が世界的に評価されており、「2014年次RJCカーオブザイヤー」を受賞しています。
先日公式に発表されたマツダの次世代技術「SKYACTIV-X」の採用に合わせてフルモデルチェンジされることが期待されます。

【第10位】BMW 3シリーズ ステーションワゴン 320d

JC08モード燃費:21.4km/L

BMW 3シリーズ 220d

BMW 3シリーズ 220d ディーゼル 外装 2015年型

BMW 3シリーズ セダンは、BMWの主力シリーズのDセグメントに属するFR駆動セダンです。
セダンタイプのコードネームは「F30」で、他にもステーションワゴンタイプの「F31」や、5ドアハッチバックタイプの「F34」が存在します。
グレード名の「d」は、ディーゼルモデルであることを意味します。

低燃費セダンのおすすめモデルは?

新型 ホンダ グレイス

新型 ホンダ グレイス HYBRID EX・Honda SENSING スタイリングイメージ(ブリリアントスポーティブルー・メタリック)

新型トヨタ カムリ

トヨタ カムリ フルモデルチェンジ 2017

単に燃費性能で選ぶのであれば、ランキングの上位に入っているモデルを選ぶことになるのは当たり前ですが、別の観点でおすすめを挙げるならば、マイナーチェンジして間もないホンダ グレイスと、フルモデルチェンジして間もないトヨタ カムリの2車種でしょうか。

グレイスはホンダ センシング搭載によって、安全性能を強化していますし、カムリは新型プラットフォームによって刷新されたデザインが魅力的です。
また、モデルチェンジによって値下がりする旧型モデルを検討してみるのもいいでしょう。

燃費の良いセダン人気ランキングTOP10 総まとめ

トヨタ プリウス

トヨタ プリウス 2015年
順位モデル名エンジン種別燃費
1トヨタ プリウス Eハイブリッド40.8km/L
2ホンダ グレイス EXハイブリッド34.8km/L
3トヨタ カローラアクシオハイブリッド33.0km/L
4ホンダ アコードハイブリッド31.6km/L
5マツダ アクセラ Cハイブリッド30.8km/L
6トヨタ カムリ Xハイブリッド23.4km/L
7タイトヨタ クラウンロイヤル ロイヤルサルーンGハイブリッド23.2km/L
7タイレクサス IS 300hハイブリッド23.2km/L
9マツダ アテンザセダン XDディーゼル22.4km/L
10 BMW 3シリーズ セダン 320dディーゼル21.4km/L
*燃費はJC08モード燃費表記

今回のランキングをまとめると、上記の通りになりました。

総括して、トヨタ自動車のモデルがランキングの半分を占めていることから、トヨタのハイブリッド技術が世界を先導する図式は未だに揺るがないということでしょう。
冒頭に触れた「セダンの低燃費イメージの薄さ」については、このランキングを見る限りは払拭されるのではないでしょうか。

ホンダの「SPORT HYBRID i-DCD」の強化や、マツダの「SKYACTIV」技術の進化がトヨタにどう対向し得るのか、今後の関心事となるでしょう。

セダンの人気ランキングはこちら

国産人気メーカーのランキングはこちら

この記事の執筆者

小真太郎この執筆者の詳細プロフィール

マツダ車がお気に入りです。車全般に興味を持って、日々過ごしています。 どうぞ宜しくお願いします。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK