ELT 持田香織さんの愛車ってどんなクルマ?【芸能人の愛車】

音楽グループ「Every Little Thing」のボーカリスト持田香織さん。 可愛らしい見た目と、力強い歌声で人気ですね。 そんな彼女には17年間連れ添っている「相棒」がいるとの噂です。 その「相棒」が何なのか今回は調べてみました!

「ゴルフ カブリオ クラシックライン」

「ゴルフ カブリオ クラシックライン」(以下クラシックと表記)はドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」が、1992年に発売したカブリオレ(オープンカー)型自動車です。

1974年から販売されている「ゴルフ」の初代17型をドイツのコーチビルダー「カルマン」がカブリオレとして製作し、1992年に最終限定仕様として発売されたのが「クラシック」でした。

持田香織さんが初めて買った車がこの車で、以来17年間愛車として乗り続けているそうです。

「私が買ったのはモスグリーンでインテリアがベージュのクラシックライン。当時はすごく人気があって、1時間に1台は同じクルマとすれ違っていた気がします。モスグリーン以外にもブルー、ワインレッドがありましたが、私は迷わずモスグリーンを選びました。買う前に街中でみて『可愛い!』と思っていたのかもしれないですね。」

出典:http://www.tfm.co.jp/

魅惑のボディワーク

イタリアが誇るデザイナー「ジョルジェット・ジウジアーロ」がデザインした初代「ゴルフ」をベースとしたクラシカルなボディは機能的な美しいデザインをしており、見る者を惹きつけます。

上質なインテリア

本革を多用したインテリアは、ドイツ車らしい簡素で無駄が無いデザイン、上品な雰囲気を漂わせた空間を構成しています。

よく晴れた日に電動幌を開いて走れば、極上のドライブが楽しめるでしょうね!

軽快な走り

1.8L直列4気筒SOHCインジェクションエンジンは、780kgの車両重量を運ぶのに十分な105馬力のパワーを持って軽快な走り心地を提供してくれます。

走り出すとまず車体の軽さに驚かされます。屋根がないせいで 余計にそう感じるのかも知れませんが、非常に好印象です。イメージ通りの「軽さ」ですね。

出典:http://www5.big.or.jp/

クルマと共に

いかがでしたでしょうか?
「クラシック」の魅力、伝わりましたか?
17年共に走っている持田さんはこんな事を言っています。

いろんなことをクルマがやってくれるとすごく楽なんですよね。ただ…逆に楽をし過ぎちゃっているような気もして。共同作業じゃないですが、運転する以上は私もクルマに協力したい。そんなスタイルが好きなのかもしれないですね。

出典:http://www.tfm.co.jp/

手間がかかる子ほどかわいい、そんな気持ちなのかもしれません。
でもそれ以上に持田さんが一目惚れした「クラシック」の魅力があるからこそ、17年間共に歩んでこれたのだと思います。

そんなクルマとの関係、素敵だと思いませんか?

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す