初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ボアアップとは?車検申請は通るのか?デメリットや工賃などを紹介!

レシプロエンジンの排気量拡大の手法であるボアアップについて解説しています。車のエンジンでは、あまり行われなくなったボアアップですが、小型バイクでは人気のチューニングメニューです。ボアアップするとどうなるの?車検は通るの?などボアアップに関する疑問についても解説していきます。

ボアアップとは?

ボアアップとは、レシプロエンジンの排気量アップの手段の一つです。

一般の車に搭載されているレシプロエンジンの排気量はピストンの移動量(ストローク)×シリンダー外径(ボア)×気筒数で計算されます。
シリンダー径の大きなシリンダーブロックに交換、もしくは機械加工することで、ボア径を拡大し、オーバーサイズのピストンに交換することによって排気量を増やす作業をボアアップといいます。

レシプロエンジンに関する記事はこちら

メンテナンスとしてのボアアップ

キューバ クラシックカー メンテナンス

出典:©Shutterstock.com/

ボアアップは本来、エンジンをより長く使うための手法として使われてきました。
長期に渡って使用されたエンジンはシリンダー内壁が傷つき、その傷からオイル漏れや圧縮漏れがおこり、エンジン性能は徐々に落ちてしまいます。
そこで、シリンダー内壁をコンマ数mmほどボーリングして削り取り、傷をなくしてしまいます。

しかし、内径が一回り大きくなったシリンダーには、もともと付いていたピストンでは隙間ができてしまって使えないため、拡大したサイズにあったピストンに交換する必要があります。
そうして組み上がったエンジンは本来の性能を取りもどし、副産物として排気量がアップします。
排気量が上がった分、わずかですがパワーも上がるという仕組みです。

パワーアップを目的としたボアアップ

VWパサート・エンジン

ボア径を拡大して排気量アップをする手法は、大幅なパワーアップの難しいNAエンジンのチューニングメニューとして使われてきました。
しかし、シリンダーのまわりには冷却水が流れるウォータージャケットが設けられているため、極端な拡大はエンジンの耐久性を損ねることになります。
そのため、ある程度の耐久性を確保しつつ、拡大するボア径を決定する必要があります。

また、その加工精度やピストンとのコンマ数ミリのクリアランスの決定がエンジンパワーとフィーリングに影響するため、チューナーには熟練した知識と技術が求められます。

ほとんど行われなくなったボアアップ

エンジン 工場

出典:cShutterstock.com/ Hamik

ボアアップという作業は、現代のエンジンではほとんど行われていません。
その理由は、鋳鉄よりも耐久性の低いアルミエンジンが主流になったためです。

また、シリンダー内壁を交換できるシリンダーライナーの採用により、シリンダー内壁を削り取るという必要もなくなってきています。
さらに、シリンダー内壁表面加工や燃焼設計の緻密化により、単純にシリンダー径を拡大するだけではメリットは得られなくなっています。

つまり、設計段階でボアアップされることは想定されないようになったため、かつては販売されていた補修用の純正オーバーサイズピストン自体が現在販売されなくなりました。

4ミニではボアアップが定番

ホンダ モンキー 外装

車のエンジンではボアアップはほとんど行われなくなりましたが、二輪車では定番のチューニングメニューです。

特に4ストローク空冷単気筒エンジンを搭載するホンダ モンキーなどには、ネットショップでも安価で買えるボアアップキットが販売されており、手軽にパワーアップが可能になります。
キット内容にもよりますが、インジェクターやキャブレターなどの燃料供給装置の調整が必要になる場合がありますのでご注意ください。

バイクのエンジンに関する記事はこちら

ボアアップしても車検は通る?

四輪自動車と251cc以上になる二輪車の場合

車検は通すことはできますが、排気量が変わるため、構造変更手続きが必要になります。
再度車検を取り直すことになりますので、定期車検時に合わせて作業することをおすすめします。

事前に陸運支局へ「改造自動車等届出書」「改造概要等説明書」と変更点の強度計算などを明記した説明資料を提出して書類審査に合格する必要があります。
その上で、再度車検に合格すれば、晴れて合法改造車として使用する事ができます。
自賠責保険と任意保険の料率も変わりますので、合わせて変更する必要があります。

250cc以下の二輪車の申請と免許

車検のない250cc以下の二輪車の排気量を拡大した場合は、地方自治体に「改造申請書」を提出しなければいけません。

なお、50cc以下の原付一種と、51cc~125ccまでの原付二種、それに126cc~400ccでは、それぞれ取扱免許が違います。
たとえば、原付一種をボアアップして51cc以上にすると小型自動二輪免許が必要になります。
ボアアップして区分をまたいだ場合は、その排気量に応じた免許が必要になるので注意が必要です。

ボアアップの手順

エンジン ピストン 画像

ボアアップ単体で作業を行うことは少なく、多くの場合がエンジンの状態を確認して、オーバーホールのメニューとして行われます。
個人で行うは無理がありますので、整備工場か、チューニングショップに作業を依頼することになります。

ビッグボアキットや大きなシリンダーのブロックに換装してボアアップをするためには、エンジンを分解し、部品を用意し組み直すことで可能になります。

車のエンジンを降ろして組み直すのは大変ですが、小型バイク程度のエンジンならばプラモデル感覚で作業ができます。
しかし、シリンダーをボーリングするとなると、専用の設備と熟練した技術が必要になるため、機械加工屋でなければ作業をすることはできません。
わずかなズレも、失敗も許されない緻密な作業です。

ボアアップのデメリット

シリンダー容積を大きく拡大しただけでは、燃料が薄く燃焼温度が上がり易くなるのでオーバーヒートの危険性が増してしまいます。
それを防ぐためには、拡大したシリンダー容積に見合うだけの燃料を供給するため、インジェクターやキャブレターの交換調整やECUのリセッティングが必要です。

また、大きく排気量が上がる場合には、ブレーキの強化や駆動系の強化をしなければ危険を伴いますので、車両全体のバランスを考えて作業を行う必要があります。

ボアアップにかかる費用

クリッピングポイント製ボアアップキット

車のボアアップ

自動車の場合、エンジン脱着だけでが5万円から10万円もの費用がかかります。
さらにエンジン分解、ボーリング作業で15万円ほど。
オーバーサイズピストンやピストンリングなどの部品代は、気筒数が増える毎に増すことになります。
一般的なエンジンオーバーホール費用が30万円~50万円といわれますので、ボアアップをするにはそれ以上の費用がかかることになります。

4ミニのボアアップ

4ストローク空冷単気筒の4ミニなら、1万円~3万円ほどでボアアップキットを購入することが可能です。
キタコ、デイトナ、武川、クリッピングポイントなどのパーツサプライヤーから販売されています。
自分で作業すればそれ以上の費用はかかりませんが、別途でブレーキや駆動系の強化費用が必要になるかもしれません。

ボアアップで排気量がアップしたら必ず申請を!

徹底した燃焼管理とコンパクト化の進む現代のレシプロエンジンでは、もはやボーリングによるボアアップはできないように作られています。
いずれはボアアップという言葉すら消えてなくなるのでしょう。

しかし、小型バイクのボアアップ化は人気のチューニングメニューです。
二輪車のボアアップは手軽におこなえますが、排気量アップの申請は確実に行いましょう。

カスタムに関するその他のおすすめ記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す