初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

千原ジュニア×日産セドリック330:Vol.5「千原ジュニアさんにとって“クルマ”とは?」MOBY連載インタビュー

車は人生をともに過ごす仲間。“その車”にはどんな想いが詰まっているのだろう――。15年以上も日産セドリック330型に乗り続ける千原ジュニアさん。これまで一緒に過ごすなかで、さまざまな想い出や出会いがあったはず。その歴史を様々な角度から振り返る、MOBYスペシャルインタビュー。最終回にあたる第5回は、「千原ジュニアにとって“クルマ”とは?」についてお話していただきました。

【Profile】千原ジュニア1974年03月30日生まれ。京都府福知山市出身。
愛車:日産セドリック330型

千原ジュニアさん×MOBY連載インタビュー
前回までのインタビューはこちら:
Vol.1「死んだら棺桶にして欲しい」
Vol.2「愛車と過ごした日々とこだわり」
Vol.3「未来をともにする車」
Vol.4「タクシーのすべらない話」

Vol.5:千原ジュニアさんにとって“クルマ”とは?

千原ジュニアさん インタビュー

幼少時からクルマに憧れを抱いていましたか?

小さい頃、父親がセリカに乗ってたんですよ。だから子供心に、三角窓とかがカッコイイなぁとは思ってましたね。いい車乗ってんなぁ、みたいな。

でもなんかこう……、父親の運転がめちゃくちゃ遅いんですよ。もうホンマに、常軌を逸するくらい遅い。というのも父親は設計士やから、建物見て走りよるんです。それで後ろからクラクション鳴らされるんですけど、本人はどこ吹く風で。

だから父親の運転する車、すごい嫌でしたねぇ。

千原ジュニアさん インタビュー

これからドライブに行きたい場所や、一緒に行きたい人はいますか?

千葉にすごいキャンプ場があるとかいってね、そこに行きたいと思ってますね。

そもそもドライブって言われても、目的地を決めずに走ることが無いんですよ。絶対行きたい場所があって、そこまでの過程やから、温泉だったら後輩とかみんなで行くし、ご飯食べ行くんやったら奥さんと行くし、行く場所によって人を選んでます。

でも今はやっぱり、甥っ子2人を乗っけてどこかに行くのが一番楽しいですね。過去は京都の水族館とか、まぁご飯食べ行ったりとか、甥っ子とは色んな場所に行ってます。

千原ジュニアさん インタビュー

最近「マンチェスター・バイ・ザ・シー」っていう映画を観たんですよ。主人公が兄の死をきっかけに甥っ子と生活を始めるっていうストーリーなんですけど、めっちゃいい映画で。せいじ死なないかなぁ、思いましたわ(笑)。

千原ジュニアさんにとってクルマとは?

なんかこう、自分だけの空間やし、物事を考えるのに一番適しているというか……、勉強部屋みたいな感じですかね。

車に乗っているときは考え事ばっかりしています。一番してるんじゃないかな。仕事の事とか、これから向かう現場のこととか、……ずっと考えてますね。

千原ジュニアさん インタビュー 日産 330 セドリック

愛車である330日産セドリックをこよなく愛し、15年以上も一途に乗り続ける千原ジュニアさん。昨今のクルマには見られなくなったクラシックカーならではのディティールを大切に守り続ける千原ジュニアさんのこだわりは、クルマ好きなら誰もが憧れるロマンスであると言えます。

千原ジュニアさんにとってクルマとは勉強部屋であり、苦楽を共にしてきた唯一無二の相棒。そんな330を“棺桶にしたい”と語った千原ジュニアさんの生き様は、誰よりも眩しく、男らしい美学を感じます。

次回「MOBY連載インタビュー」のゲストはマキシマム ザ ホルモンの上原太さん!上原さんには、今ハマっているという「ドリフト」や愛車への愛についてとことん語っていただきます。どうぞお楽しみに!

取材:村橋ゴロー
撮影:渡部孝弘
文:MOBY編集部

■千原ジュニアさんライブ情報

【ライブ名】チハラトーク
【出演者名】千原兄弟
【日時】8月25日(金)
【会場】草月ホール 東京都港区赤坂7-2-21
【問い合わせ先】チケットよしもと:0570-550-100 http://yoshimoto.funity.jp/

【ライブ名】1P(いちぴー)
【出演者名】千原ジュニア/他
【日時】9月21日(木)、9月22日(金) 18:30開場 19:00開演
【会場】草月ホール 東京都港区赤坂7-2-21
【問い合わせ先】チケットよしもと:0570-550-100 http://yoshimoto.funity.jp/

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す