初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

楽天カードの特徴!ENEOSでポイント2倍・ETCカードの作り方やデメリット

楽天と言えば「楽天市場」のネットショッピングでお馴染みだと思いますが、実は楽天のサービスの幅は広く銀行や証券、携帯電話や保険などライフスタイルに密接したサービス展開をしています。今回はその中で「楽天カード」と言うクレジットカードについて、その特徴やデメリットに焦点を当て解説します。

発行会社楽天カード株式会社ポイント還元率1.0%
年会費年会費無料付帯保険海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ETCカード年会費500円(税別)ETCカード発行手数料無料

楽天カードの種類と特徴

楽天カードは、それぞれのライフスタイルに合わせたクレジットカードが選べるように、数種類のカードを発行しています。
それぞれのカードの特徴を紹介していきます。

楽天カード

楽天カード

楽天カードの中で最もスタンダードなクレジットカードです。このカードは場所を問わずどこでも1%のポイント還元率で、楽天市場などの楽天サービス内ではさらに2倍以上のポイント還元率になるお得なカードです。(一般的なクレジットカードは0.5%が平均的)
その人気ぶりはJCSI(日本版顧客満足度指数)において、「顧客満足度調査8年連続No.1獲得」という結果にも表れています。

楽天PINKカード

楽天PINKカード

楽天PINKカードは女性向けのクレジットカードです。通常の楽天カードの機能をそのままに、女性向けのサービス(楽天グループ優待サービス、ライフスタイル応援サービス、楽天PINKサポート)が用意されています。女性向けというだけで、男性でも申し込めるので、ピンク色のカードデザインに抵抗がない方はこちらがおすすめです。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカード

基本的な機能は楽天カードと同じですが、貯めるポイントを「ANAマイル」か「楽天スーパーポイント」で選ぶことができます。こちらのANAマイルの場合、200円が1マイルとして貯まっていきます。注意点としては楽天市場で貯まるポイントは全て楽天スーパーポイントになるという点です。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

楽天カードの上位カードして登場しました。特徴としては楽天市場での買い物につくポイントが5%になるのと国内の主要空港ラウンジが無料で使えるようになります。その他の仕様は楽天カードと同じになります。注意点としては年会費が2,160円(税込)という点です。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

こちらのプレミアムカードの最大の特徴は世界の主要な空港のラウンジが利用できるプライオリティ・パスがついていることです。年会費は10,800円(税込)ですが、プライオリティ・パスの魅力を考えるとお得です。

楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

楽天ブラックカードは楽天カードの最高級カードです。年会費は32,400円(税込)でインビテーション制となっています。こちらのサービスで特徴的なのは保険の補償額が大きいところにあります。ブラックカードならではのプレミアムな仕様で、楽天ゴールドカードの機能は全て搭載しています。

楽天カードアカデミー

楽天カード

楽天カードアカデミーは名前の通り、学生専用のクレジットカードです。学生が頻繁に使うであろう「本」「高速バス」「電子メディア」にかかるポイントが3倍になります。その他の仕様は楽天カードと同じです。

ポイントについて

楽天カードの特徴として最も注目すべきはポイントです。
詳しく説明していきます。

ポイント還元率

基本的な100円につき1ポイント(楽天スーパーポイント)が貯まるポイント還元率1%のカードです。このポイント還元率は、三井住友VISAカードやJCBカードを始めとする一般的なクレジットカードの0.5%と比較して2倍のポイント還元率です。

さらに、楽天市場や楽天トラベルといった楽天グループでの利用や、キャンペーンの利用で2倍、3倍、7倍とどんどん増えていきます。

ポイント有効期限

有効期限はポイントを獲得した月を含めた1年です。ただし、期間内に1ポイントでも獲得すれば有効期限は延長されます。
※期間限定ポイントは延長されませんので注意しましょう。

ポイントの貯め方、貯めやすい使い方

楽天はライフスタイルに密接したサービスを多く提供しており、食生活から遊びやビジネスまで全て楽天で完結することができます。

そのなかで最も大きなコンテンツである楽天市場で利用すると、楽天市場のお買い物通常ポイント1%と、楽天カードの仕様通常ポイント1%、ご利用得点ポイントが2%ついてきて常にポイント還元率4%で利用できる状態になります。その他楽天のキャンペーンの「ポン!カン!!キャンペーン」を利用すると7%ものポイント還元が受けられます。

このように楽天では常にポイントアップに関するキャンペーンが行われているのでその情報を逐一チェックし、その度に必要なものを楽天市場で購入するのが一番効率のいいポイントのため方になります。

ENEOSでポイントが2倍貯まる

全国最大規模のガソリンスタンドENEOSで、給油、洗車、オイル交換、カー用品の購入でも、楽天カードを利用してのポイント還元率が2倍(100円につき2ポイント)貯まります。
クレジットカードには、ガソリン代がキャッシュバックされるなど、お得になるクレジットカードがいくつかありますが、実はシンプルにポイント還元率が2%になった方が、金額に換算した時にお得になります。

オリコカードザポイントと楽天カードを比較

発行会社オリエントコーポレーションポイント還元率1.0%~17.5%
年会費永年無料付帯保険なし
ETCカード年会費永年無料ETCカード発行手数料無料

年会費無料でさらにポイントの還元率も高いと人気なカード、オリコカードザポイントと楽天カードの違いについて解説します。一見似ている点が多いこれらのカードですがよく見るとその違いが判ります。

オリコカードザポイント楽天カード
年会費永年無料永年無料
ETCカード年会費無料500円+税
ポイント還元率1.0%1.0%
ポイント付与率100円=1ポイント100円=1ポイント
ポイント交換先Amazonギフト券、楽天スーパーポイント、Tポイント、ANAマイル、JALマイル
など19種類
楽天Edy、ANAマイル
ポイント加算店Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピング
など600店舗以上 (オリコモール経由)
楽天市場、楽天トラベル、エネオス、エースコンタクト
など30店舗程度
旅行保険付帯なし海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
国際ブランドMasterCard、VISA、JCBMasterCard、VISA、JCB
キャッシング手数料15.0%~18.0%18.0%
発行期間最短8営業日発行完了メールが届いて約1週間

オリコカードザポイントと楽天カードの違いは、オリコカードはポイントを貯める手段やポイント交換先が多いのに対して、楽天カードは楽天系のサービスを利用するのに特化しているという点です。
楽天市場を利用した時のポイント還元率だけで比較した場合、オリコカードザポイントはオリコモール経由で2.0%~17.5%のポイント還元率になるのとプラスアルファで、楽天市場を利用することでもらえる楽天スーパーポイントを得られるので、店舗や条件によっては楽天カードよりも楽天市場でポイントが貯まることも。
また、オリコモールを経由することで楽天トラベルでもポイントを2.0%~から獲得することもできます。

一方、楽天カードの場合は「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」という仕組みを利用すれば、楽天市場内でのショッピングが4%~7%の還元率になる(SPUを利用しない場合2.0%)のと、楽天カード会員向けのキャンペーンで商品を購入することで10%以上のポイントも獲得することができます。
楽天カードを使って貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」なので、ポイント交換する手間がなくてすむメリットがあるのですが、楽天以外のサービスに活用しにくいことがデメリットです。

楽天ETCカードを作る方法

楽天カードはETCカードを追加カードとして発行することができ、ETC利用でも100円につき1ポイント(楽天スーパーポイント)を貯めることができます。

まだ楽天カード会員ではない方

まだ楽天カードを持っていない方は、楽天カードのお申し込みと同時に楽天ETCカードのお申し込みも可能です。

発行会社楽天カード株式会社ポイント還元率1.0%
年会費年会費無料付帯保険海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ETCカード年会費500円(税別)ETCカード発行手数料無料

「お申し込みはこちら」→「楽天会員の方」もしくは「楽天会員ではない方」をクリックして申し込みを進めてください。
楽天カードの審査期間は1週間ほどとなっていますが、楽天ETCカードは発行までに2週間前後かかるので、楽天カードが先に郵送されてきて、楽天ETCカードが後から送付されてきます。

すでに楽天カード会員の方

すでに楽天カードを持っている方は、楽天公式サイトの下記URLから申し込むことが可能です。

楽天ETCカードは、特に審査などはないのですが申し込みから2週間ほどかけて登録している住所に送付されてきます。

楽天ETCカードの年会費540円を無料にする方法

楽天カードでETCカードを作った場合、ETCカード年会費として500円+税がかかってしまいます。しかし、以下の2つの条件のいずれかを満たしていれば、ETCカードの年会費も無料になります。

・「楽天プレミアムカード」、「楽天ゴールドカード」、「楽天ブラックカード」を利用している
・楽天市場の「プラチナ会員」か「ダイヤモンド会員」

540円の年会費を無料にするためにお金をいっぱい使うというのもいかがなものかと思いますが、もっとも簡単でお安く楽天ETCカードを年会費無料にする方法は、プラチナ会員になるという方法です。

審査について

審査 リスト データ

楽天カードの申し込み資格は高校生を除く18歳以上からとなっており、未成年や学生や専業主婦でも楽天ユーザーIDを持っている楽天会員であれば申し込むことが可能です。
※未成年者は親権者の同意が必要です。

まだ楽天会員でない方でも、カードの紹介ページから無料で会員登録がすぐにできます。

楽天カードの審査難易度

楽天カードは審査難易度が甘いことで有名なカードです。
中には過去にクレジットカードの支払いを滞納してしまい、ブラックリストになっている人でも審査通過したという話もあるくらいです。

しかし、申し込めば誰でも審査に通るというわけではありません。
「適当に申し込んでおけば通るだろ」と思って、申し込み内容に嘘や誤った情報を書くと当然審査には落ちてしまうので、年収(大体で大丈夫です)や借入金額、電話番号など、誤った情報を記載していないかを確認してから申し込みましょう。

楽天会員ランク「ダイヤモンド会員」は審査が優遇される

楽天市場を定期的に利用していると、会員ランクが上がっていき、最終的には「ダイヤモンド会員」になれます。
ダイヤモンド会員は、普段から楽天市場を利用している会員として、楽天カードの審査が甘くなるそうです。
ダイヤモンド会員にまでなっているのに、楽天カードを作っていないという方は少ないと思いますが、楽天市場で最もお得に買い物ができるカードなので、まだ楽天カードを持っていないという方は作っておくことをおすすめします。

年会費について

価格 お金 費用 税金 維持費

クレジットカードには、発行から1年経過ごとに費用がかかる「年会費」というものがありますが、通常の楽天カード、楽天PINKカード、楽天カードアカデミーの年会費は永年無料で利用できます。そのほかの楽天カードについては以下の年会費です。

■楽天ANAマイレージクラブカード・・・初年度無料、2年目以降は500円(税別)年に一度でもカード利用があれば無料
■楽天ゴールドカード・・・2,000円(税別)
■楽天プレミアムカード・・・10,000円(税別)
■楽天ブラックカード・・・30,000円(税別)

楽天カードのデメリット

カードで悩む男性

ここまで見ると楽天カードは初めてクレジットカードを使う人にも敷居の低い、使いやすいカードであることがわかります。しかし、その使いやすさの裏に隠れて見えないデメリットの部分もありますので紹介します。

ETCカードに年会費がかかる

楽天カードでETCカードを作ろうとすると540円(税込)の年会費が発生します。多くのクレジットカード会社が年会費無料でETCカードを作れるのに対し年会費がかかるのは少し痛いですね。しかし、その年会費も無料にする方法があります。それは楽天市場の会員ステータスをプラチナ以上にすることです。普段からよく楽天市場で買い物するという人であれば問題ないかと思います。

紙の明細書を発行するのに手数料がかかる

利用明細書を発行する場合には別途料金がかかります。年間でおよそ1,000円の負担になります。ネットで見る場合は無料ですのでご安心ください。

コールセンターがフリーダイヤルじゃない

あまりご存じない方も多いと思いますが、楽天カードのコールセンターは無料ではありません。ただ、ここを安く抑えたいならIP電話やSkypeを使うと10分待っても20円程度負担になります。

キャンペーンでもらえるポイントの有効期限が短い

キャンペーンでもらえるポイントは大体が期間限定ポイントと言い、有効期限が付与されてから40日程度しかありません。なるべく付与されたらすぐ使うようにしましょう。

メルマガ(広告メール)が多い

楽天カードを申し込みする際にメールアドレスを登録するのですが、楽天から連日多くのメルマガが届きますので設定から届かないように変更することをお勧めします。

海外キャッシングがリボ払いになる

これもデメリットの1つです。海外キャッシングをすると自動でリボ払いとなってしまい、翌月一括払いで払いきることができないため、海外へ出張や旅行に行くときはリボ払いの1回あたりの支払金額を引き上げてから行くといいでしょう。

楽天カードの特徴まとめ

発行会社楽天カード株式会社ポイント還元率1.0%
年会費年会費無料付帯保険海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)
ETCカード年会費500円(税別)ETCカード発行手数料無料

楽天カードの特徴をまとめると以下のようになります。

・常にポイント還元率1.0%と高還元
・楽天市場でポイント還元率2倍以上
・ENEOSでポイント還元率2倍
・年会費永年無料
・未成年や専業主婦でも審査通過可能

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す