初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型「NSX タイプR」最新情報!脅威のスペックや価格・発売日は?

ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで、ホンダNSXのテスト走行姿が撮影されました。このリーク動画では、初代NSXタイプRを思い起こさせる官能的なエンジンサイドを奏で、新型NSXタイプRの登場が期待されるものです。新型NSXタイプRの謎に迫っていきたいと思います。

ニュルでNSXテスト走行目撃!新型NSXタイプR復活となるか

ドイツ・ニュルブルクリンク北コース(オールドコース)でテスト走行を行う2台のNSXが目撃されました。
そして、シルバーと黒のボディーカラーだった2台のNSXは、かなりの速度でカルーセル(※)を駆け抜け、通常のNSXとは違う雰囲気から新モデルが登場することを思わせるものでした。
そして、これが噂のホンダ新型NSX タイプRであると多くの見方がされています。

※カルーセルは、ニュルブルクリンク北コースの有名なコーナーの名前であり、上動画で走行しているコーナーです。

現行のNSXから明らかに違うエンジンサウンド

テスト走行していたNSXは、コーナー進入で図太い重低音となり、旋回中からコーナー立ち上がりでは、甲高いVTECサウンドを奏でています。
これは、マフラー交換のみではなく吸気系やシリンダーなども圧縮比を上げていることが予想されます。

サーキットを意識したサスペンション

カルーセルは深いバンクと凹凸のある路面です。
NSXがカルーセルを通過するとき、路面から受ける衝撃を吸収するサスペンションの動きから、バネレートが上げ、ダンパーも固くしているように見えます。
これは、サーキット走行を意識したサスペンションセッティングであり、現行NSXとは全く違うサスペンションを装着している可能性ことも考えられます。
これは、明らかにサーキットのコーナーを高速でコーナーを攻略できるようなスペシャルチューニングがさなれていると見られます。

ニュルブルクリンクについての記事はこちら

2017~2018年のホンダ新型モデル・モデルチェンジについての情報はこちら

ホンダ新型NSXタイプRのエンジン性能とスペックは

ホンダ NSX-GT3

NSX GT3

ホンダは、NSXをFIA公認のGTレースに出場できるベース車両として、ハイブリッドを無くした「NSX GT3」を発売しました。
新型NSXタイプRも、ハイブリッドを無くし、ハイパワー化したエンジンを搭載するという見方が多くされています。
しかし、NSXの車名は、新時代のスーパースポーツ体験「New Sports eXperience」からきており、タイプRとなったしても公道走行ができる次世代型スーパーカーでなければなりません。
そこで重要なのは、大パワーでありながら各国の排ガス規制をクリアできるエコ性能です。
よって、ハイブリッドは残しつつ、車体やエンジンのチューニングにより性能向上を狙ってくると思います。

エンジンはツインターボ

ホンダNSXのパワートレイン

ホンダ NSX パワートレイン

新型NSXタイプRは、現行NSXの排気量3.5Lエンジンに2基のターボを搭載し、クランクシャフト、ピストン及びコネクティングロッド、バルブの高強度かつ軽量化させ、その他にも軽量素材を多用したスペシャルエンジンを搭載すると見られます。
エンジンの各気筒に20馬力増加させ、少なくともエンジンだけで120馬力アップし、エンジンだけで700馬~800馬力まで絞りだすと見られています。

ホンダ新型NSXタイプRの予想スペック

エンジン種類V型6気筒DOHCツインターボ
排気量3.5L
最高出力419~492[570~670]
最大トルク660~760[67.3~77.5]
モーター
[前:2基、後:1基]
最高出力前:27[37]
後:35[48]
最大トルク73[7.4]
148[15.1]
トランスミッション9速オートマチック+パドルシフト
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS] 最大トルク:N・m[kgf・m]

ホンダ新型NSX GT3についての紹介はこちら

ホンダ新型NSXタイプRの燃費は

ガソリンスタンド 給油

新型NSXタイプRが登場となれば、このクラスに燃費を意識する方は少数派かもしれます。
しかし、公道も走れるハイブリッドスーパーカーであれば、JC08モード燃費値はメーカーのハイブリッド技術を示す指標となるため、ユーザーも燃費を無視することはできません。
新型NSXタイプRは、エンジンにツインターボを搭載し、モーター・バッテリーユニットが変更なければ、燃費は確実に悪くなると思います。
ターボを搭載することにより、予想として3.0~5.0燃費が悪くなるとすれば、現行モデルがJC08モード燃費値が12.4km/Lであれるため、7.4~9.4km/Lへと変わると見られます。

現行型NSXの燃費値新型NSXタイプR【予想】燃費値
JC08モード燃費12.47.4~9.4
実燃費9.16.0~8.0
[単位]km/L

ホンダ新型NSXタイプRと現行モデルとの違いは

新型NSXタイプRと現行NSXとの違いは、フレーム、エンジンなどのベースは同じでも、ほとんどが違うものになると見られます。
新型NSXタイプRと現行NSXの予想される相違点をいくつかピックアップすると以下のようになります。

新型NSXタイプRと現行NSXの予想される相違点

・エンジン排気量は、現行型の3.5Lから新型NSXタイプRでは4.2Lへボアアップ。
・新型NSXタイプRは、ボンネット、ドアパネルにカーボンを使用。
・新型NSXタイプRは、現行のNSXにはないフロント・アンダーカバー、リア・ディフューザー、大型リア・スポイラーを装備。
・内装に軽量でホールド感の高いフルバケットシートを搭載。
・ホイールは現行の鍛造アルミホイールから、新型NSXタイプRにマグネシウム合金ホイールを搭載
・ブレーキディスクに新型NSXタイプRにはカーボンセラミックマテリアル製ディスクを搭載。

カーボンセラミックブレーキについての解説はこちら

リアスポイラーについての紹介はこちら

ホンダ新型NSXタイプRの発売日は

カレンダー

新型NSXタイプRは、ニュルブルクリンク北コースでのテスト走行が目撃されているため、テスト段階まできていれば、発売日は遠くないと見られます。
2018年内には登場することが予想され、ホンダが国内レースの最高穂・スーパーGT選手権のGT500クラスに使用することが予想できます。
スーパーGT選手権2019年シーズンに新型NSXタイプRを投入することを見据えば、2018年10月~12月に発表されると見られます。

ホンダ新型NSXタイプRの価格は

自動車 金額 価格 円

新型NSXタイプRの価格は、高額なパーツを多用するスペシャルモデルになるため、現行モデルからかなり高額な設定になると思います。
おそらく、1,000万円強ぐらいは上乗せされ、3,500万~4,000万円になると予想されます。

ホンダ新型NSXタイプR[予想]新車価格
新型NSXタイプR3,500万~4,000万
[単位]円(消費税込み)

ホンダ NSXの中古車情報


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ新型NSXタイプRのライバルはハイブリッドスーパースポーツ

フェラーリ・ラ フェラーリ

フェラーリ ラ フェラーリ

マクラーレンP1

マクラーレン P1 Bahrain 2014

新型NSXタイプRのライバル車は、名だたるスーパーカーブランドのハイブリッドスポーツカーであると、フェラーリ ラ フェラーリやマクラーレンP1などであり、1億円越えのスーパーカーになります。
新型NSXは、これらに肩を並べる車になることを期待しています。

しかし、新型NSXタイプRが、3,500万~4,000万で購入できるのであれば、これらスーパーカーに比べ、お買い得かもしれません。
ハイブリッドスーパーカーを比較的安く設定できれば、スーパーカーフリークが購入しやすいハイブリッドスーパーカーとなれるのではないでしょうか。

ホンダ新型NSXタイプR登場でスポーツのホンダ復活

ホンダ NSX 2016

NSXタイプRは、ホンダで初めて「TYPE R」を与えられたモデルであり、ホンダで初めて公道を走れるピュアスポーツカーでした。
ニュルブルクリンクオールドコースでは、7分56秒のラップタイムを記録し、軽量なボディと優れたコーナーリング性能で、大排気量のスーパーカーに負けない速さを生み出した運動性能は、多くのスポーツカーメーカーに影響を与えました。

そんな伝説を残したNSXタイプRが復活となれば、世界中のスポーツカーファンが注目していること間違いありません。
最近は、新型NSXスパイダーモデルも登場が噂されているため、通常のNSXにスパイダーモデル、タイプRの3モデルが揃えば、NSXとホンダのブランド力は一気に上がり、だれもが憧れるスーパーカーへとなるでしょう。
新型NSXタイプRは、我々にどんな驚きを与えてくれるのか、今から期待が膨らみます。

これからも新型NSXタイプRに注目し、新たな情報が入りましたら随時みなさまにお伝えしたいと思いますので、ご期待ください。

2018年発売が見込まれるスポーツカーについての情報はこちら

2019年に発売が見込まれるスポーツカーについての情報はこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社