初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アストンマーチン ザガート バンキッシュにシューティングブレーク追加!全4車種まとめ

アストンマーチンンは、ヴァンキッシュ ザガートにクーペ、ヴォランテに加え、スピードスター、シューティングブレークを追加することを発表しました。ヴァンキッシュ ザガート4車種のスペック、価格、内外装、発売日などを紹介します。

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガートとは

ザガートのエンブレム

「ザガート」とは、イタリア・ミラノに本拠地を置く名門のカロッツェリアです。
カロッツェリアとは、イタリア語で乗用車のボディをデザイン・製造する業者のことを意味しています。

今回発表されたアストンマーチン ヴァンキッシュ ザガートは、「ザガート」によってアストンマーチンの高級スポーツクーペ・ヴァンキッシュSをリデザインしエンジンなどもチューニングされたモデルとなります。
ザガートはアストンマーチンヴァンキッシュ以外にもトヨタ ハリアーやフィアット 500クーペもオリジナルのザガートモデルを発表してきました。

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガートは4モデル展開

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガートはクーペとヴォランテの2モデルが2016年に5月に発表されています。
今回、新たに「シューティングブレーク」と「スピードスター」が発表されたことで、アストンマーチンとザガートはヴァンキッシュ ザガートのファミリーモデルとして全4モデルの展開となりました

ヴァンキッシュ ザガート クーペ

ヴァンキッシュ ザガート クーペは、2016年に5月にイタリア北部コモ湖畔で開催されたヒストリックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」で発表されました。

歴代で5台目となるアストンマーチンとザガードの合作であり、通常のヴァンキッシュにザガード独自のデザインが随所に施されています。
また、ヴァンキッシュ ザガート クーペのエンジンは通常のヴァンテージから24馬力アップされています。

ヴァンキッシュ ザガート クーペの販売台数

ヴァンキッシュ ザガート クーペの販売台数は、限定99台であり、すでに完売しています。
その内2台は日本に納入されています。

ヴァンキッシュ ザガート クーペの発売日

ヴァンキッシュ ザガート クーペの発売日は2016年6月22日でした。

ヴァンキッシュ ザガート クーペの内外装

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート

ヴァンキッシュ ザガート クーペの内外装は、ザガートのアイコン的なデザイン処理である“ダブルバブル”のルーフ形状や、円形に見えるテールライトリフレクター、「One-77」に由来し“ウイングミラー”と呼ばれるドアミラーなどが特徴です。

ボディーはカーボンファイバー製。
部分部分で分けずに極力大きな1ピースパネルを使うことにより、パネルの継ぎ目に現れる分割線を大幅に減らすようにされています。

ヴァンキッシュ ザガート クーペの価格

ヴァンキッシュ ザガート クーペが2016年6月に販売されたときの価格は約735,000ドルといわれており、2016年8月に日本に上陸した際の販売価格は8,510万円でした。

ヴァンキッシュ ザガート クーペのスペック

エンジン種類V12気筒DOHC
排気量6.0L
最高出力440[600]/ -
最大トルク630[64.2]/ 5,500
トランスミッション8速AT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

加速性能は0~60mph(約97km/h)が3.5秒です。

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ 2017

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテは、ヴァンキッシュ ザガート クーペをベースにオープンモデルとして売り出されたモデルです。
限定の特別モデルなため、アストンマーチンのショールームに飾られることなく、すべてが予約のみでの販売となっていました。

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテの販売台数

販売台数は限定99台のみで、すでに全台成約済みです。

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテの発売日

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテは2016年5月にコンセプトモデルを発表し、同年6月に販売のアナウンスがされました。

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテの内外装

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ 2017
アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ 2017

内外装デザインはヴァンキッシュ ザガートを基本にしたものですが、クーペとオープンということで、ボディ後部はクーペと大きく異なります。

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテでは、ツインカウルを設けたリアデッキを設置し、オープン時にはこのカウルの下にトップを格納されるようになります。

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテの価格

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテの価格は85万ドルとなり、日本円で9,284万円になります。

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテのスペック

エンジン種類V12気筒DOHC
排気量6.0L
最高出力440[600]/ -
最大トルク630[64.2]/ 5,500
トランスミッション8速AT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

最高速度は時速320キロ。
加速性能は0~60mph(約97km/h)までの到達時間が3.5秒です。

ヴァンキッシュ ザガート スピードスター

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート スピードスター 2017

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターは、先に発売された「ヴァンキッシュ ザガート クーペ」「ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」に続く、ヴァンキッシュ ザガートの第3のモデルです。
発表時には「ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク」と同時に登場しました。

ベースとなる車両はアストンマーティン ヴァンキッシュSで、モデルごとに異なるチューニングやデザインを施しています。
サスペンションのアダプティブ・ダンピング機能も特徴とされるスペシャルモデルです。

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターの販売台数

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターの販売台数は限定28台となっていますが、こちらも既にすべて売約済みです。

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターの発売日

今回のヴァンキッシュ ザガート スピードスター発表は、2017年8月15日に米国カリフォルニア州カーメルにおいて行われ、現段階では生産を開始することのアナウンスでした。
売約済みの28台は、2018年内にデリバリーが完了すると見られます。

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターの内外装

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート スピードスター 2017
アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート スピードスター 2017

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターは、ヴォランテと同じオープントップですが、シートの延長上に設置され流線形のカウルを構成するスピードハンプと呼ばれるデザインを採用しています。

これは、ザガートの象徴であるダブル・バブルルーフを表現しているといわれており、超高性能スポーツカーならではのエキサイティングな雰囲気が特徴です。

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターの価格

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターの価格は公式に発表されていませんが、2018年8月現在では約130万ポンドになると噂されています。
これは日本円で1億8,243万円となり、4モデルの中で最も高額な車となっています。

ヴァンキッシュ ザガート スピードスターのスペック

エンジン種類V12気筒DOHC
排気量6.0L
最高出力440[600]/ -
最大トルク630[64.2]/ 5,500
トランスミッション8速AT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

最高速度は時速320キロ。
加速性能は0~60mph(約97km/h)までの到達時間が3.5秒です。

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレーク

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークは、スピードスターと共にヴァンキッシュ ザガートの新たなモデルとして追加された第4のモデルです。

「シューティングブレーク」とは、スポーツクーペの要素をもつステーションワゴンのことで、昔は3ドアの車両に対して用いられていました。
最近はスポール性の強い5ドアステーションワゴンも車名に「シューティングブレーク」が用いられています。

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークのような3ドアタイプには、フェラーリFFやジャガーXJ-S リンクスイベンター シューティングブレークがあります。

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークの販売台数

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークの販売台数は限定99台とされています。
まだ全車売約済みという情報はないため、購入できるチャンスはまだあるでしょう。

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークの発売日

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークの発売日は正式な発表はありませんが、2017年内で近いうちに予約を開始すると見られます。
スピードスターと同様に、アストンマーチンは2018年内にデリバリーを完了させる目的でしょう。

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークの内外装

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークの画像はレンダリング画像のみ公開されており、サイドビュー以外は不明です。
しかしクーペやヴォランテのように、フロントマスクやリアビューに共通点は多いでしょう。

ハッチバッグタイプになったことで屋根が延長され、2シーターのままでも豪華なキャビンを実現。
4人乗りにする可能性も高く、4モデルの中で居心地の良さと機能性に富んだモデルとなるようです。

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークの価格

ヴァンキッシュ シューティングブレークの価格に関しては正式な発表がありませんが、65万ポンドになると見られています。
これは日本円にすると9,123万円になります。

ヴァンキッシュ ザガート シューティングブレークのスペック

エンジン種類V12気筒DOHC
排気量6.0L
最高出力440[600]/ -
最大トルク630[64.2]/ 5,500
トランスミッション8速AT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

最高速度:時速320キロ
加速性能は、0~60mph(約97km/h)までの到達時間が3.5秒です。

シューティングブレークの最新モデルに関する情報はこちら

新型4モデルはザガートとアストンマーチンの最高傑作

アストンマーチン ヴァンキッシュ ザガート 2018

アストンマーチン ザガート バンキッシュにおいてはスピードスターとシューティングブレークの新型モデルが追加され、今までのクーペ / ヴォランテと違う魅力が示されました。
ザガートがバンキッシュをこれまで以上にエレガントでクールな車体へ作り上げた技術には驚かされます。

シューティングブレークの詳細は、レンダリング画像のみで詳細がわかりませんが、今までのアストンマーチンにあまり見られなかったハッチバッグタイプの車両で、どこまでバンキッシュのカッコよさを引き立てるか期待したいですね、。
今後もアストンマーチンとザガートの動向に注目していきたいと思います。

アストンマーチンの新型モデル登場に関する情報はこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社