初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型ハイエース マイナーチェンジ最新情報!安全装備を強化し発売日は12月?価格や燃費は?

トヨタ「ハイエース」が2017年の12月にマイナーチェンジ!本記事では、トヨタの人気ワンボックスカー「ハイエース」のマイナーチェンジに関する最新情報をまとめています。はたして、新型ハイエースのデザインや価格、安全装備などはどうなるのでしょうか?

トヨタ新型ハイエースが12月にマイナーチェンジか?

現行型 ハイエース

トヨタ ハイエース 2016

トヨタ自動車を代表する人気ワンボックスカー「ハイエース」が、2017年の12月にマイナーチェンジを計画しているという噂がネットで散見しています。
2004年に発売された現行型のハイエースには、そろそろフルモデルチェンジを行うという噂もあるので、現行型では最後のマイナーチェンジになると思われます。

この記事では、新型ハイエースのマイナーチェンジに関する最新情報についてまとめています。

トヨタ ハイエースのフルモデルチェンジに関する記事はこちら

新型ハイエース マイナーチェンジの主な変更点予想まとめ

新型ハイエースはマイナーチェンジにより、以下の変更点があると予想されます。

・衝突被害軽減ブレーキ「トヨタセーフティセンスC」の採用

メインは安全装備の強化であり、それ以外で大きな変更点は無いと思われます。

トヨタ 新型ハイエースの発売日は?

カレンダー

前述したとおり、新型ハイエースのマイナーチェンジ時期は2017年12月と噂されています。
しかしこれはあくまでも噂であり、実際にマイナーチェンジされる時期を明言することはできません。

また、2004年8月の現行モデル発売後、2005年1月、11月と年に2回マイナーチェンジしたかと思えば次は2007年8月になったりと、モデルチェンジのスパンがまちまちなため、発売時期の予想も難しいです。

トヨタ 新型ハイエースのデザインはマイナーチェンジで変わる?

外装(エクステリア)デザインの変更

現行型 ハイエースの外装デザイン

トヨタ ハイエースバン 2013年

今回のマイナーチェンジでは、外装デザインの大きな変更は無いと思われます。
しかし、ボディカラーの追加や細かい点での変更がないとは限りません。

参考:現行型ハイエース(標準ボディ/標準ルーフ)のボディサイズ

全長全幅全高
4,6951,6951,980
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5701,770-2,0302/5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

内装(インテリア)デザインの変更

現行型 ハイエースの内装デザイン

トヨタ ハイエースバン シートアレンジ 内装

今回のマイナーチェンジでは、内装デザインの大きな変更は無いと言われています。
室内空間の広さもそのままのようです。

参考:現行型ハイエース(標準ボディ/標準ルーフ)の室内サイズ

標準ボディ/標準ルーフ
室内長2人乗り:3,000
5人乗り:1,855
室内幅1,520
室内高1,320
[単位]mm

トヨタ 新型ハイエースのパワートレイン、燃費はマイナーチェンジで変わる?

トヨタ ハイエースバン 2WD 3000ディーゼル 標準ボディ スーパーGL 外装

今回のマイナーチェンジでは、パワートレインの変更は無いと言われています。
そのため、燃費性能も現行型から変わることはないでしょう。

参考:現行型ハイエースの燃費性能とエンジンスペック

3.0L ディーゼル2.7L ガソリン2.0L ガソリン
JC08モード燃費10.4~14.09.1~9.910.2~11.4
実燃費---
[単位]km/L
3.0L ディーゼル2.7L ガソリン2.0L ガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量3.0L2.7L2.0L
最高出力106[144]/ 3,400118[160]/ 5,200100[136]/ 5,600
最大トルク300[30.6]/ 1,200-3,200243[24.8]/ 4,000182[18.6]/ 4,000
トランスミッション4速AT/5速MT6速AT6速AT/5速MT
駆動方式FR/4WDFR/4WDFR/4WD
使用燃料軽油レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ 新型ハイエースの安全装備は?

トヨタセーフティセンスCを採用!

トヨタ セーフティセンス

今回のマイナーチェンジによって、新型ハイエースには衝突被害軽減ブレーキの「トヨタセーフティセンスC」が装備されることになるようです。
自動ブレーキの類を装備していない現行型ハイエースに、トヨタセーフティセンスCが装備されることになれば、予防安全性能の大幅な向上が期待できます。

「トヨタセーフティセンスC」についての記事はこちら!

トヨタ 新型ハイエースのマイナーチェンジ後の価格は?

自動車 金額 価格 円

新型ハイエースに「トヨタセーフティセンスC」が装備されることになれば、現行型から5~10万円程度の値上げが行われるはずです。

参考:現行型ハイエースの新車価格

現行型ハイエース 新車価格
ハイエースバン199万~369万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ ハイエースとは?

現行型ハイエースバン

トヨタ ハイエースバン

ハイエースとは、トヨタ自動車が1967年から製造・販売しているキャブオーバー型のワンボックスカーです。
現行モデルは5代目で、2004年から販売されています。
広い室内空間と荷室を持つハイエースは、主に貨物用や送迎用の車両として活用されているほか、装備がシンプルなのでカスタム用のベース車両としても人気があります。

また、ボディが頑丈でパワーもあることから、未舗装路が多い開発途上国においても高い人気があるのですが、この海外人気の高さはハイエースの盗難被害が多い原因にもなっているのです。

トヨタ ハイエースの記事はこちら!

ワンボックス・キャブオーバーとは?

トヨタ ハイエースのライバル車は?

日産 NV350キャラバン

NV350キャラバン 2017年モデル

ハイエースのライバル車は、日産自動車が製造・販売している「NV350 キャラバン」です。
1973年に登場したキャラバンは、長年に渡ってハイエースとしのぎを削っており、2012年に発売された現行型のキャラバンにおいては、ハイエースをあらゆる面で圧倒する性能を目標として開発されています。

2017年の7月に発売されたキャラバンのマイナーチェンジモデルでは、新たに自動ブレーキの「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が標準装備となっており、安全性能が向上しています。
新型ハイエースに「トヨタセーフティセンスC」が採用されるのも、キャラバンに対抗する意図があるからだと思われます。

日産 NV350キャラバンについての記事はこちら!

トヨタ 新型ハイエースのマイナーチェンジに期待!

ハイエース 特別仕様車 外装

トヨタ 新型ハイエースのマイナーチェンジに関する最新情報のまとめはいかがでしたか?

「トヨタセーフティセンスC」の採用により、安全性能が大幅に向上し、最大のライバルである日産「キャラバン」にも対抗できるようになる新型ハイエース。

MOBYでは、今後も新型ハイエースの最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

全メーカーの新型車情報はこちら

トヨタの新型車に関連する記事はこちら!

トヨタの多人数が乗れる車ワンキングはこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社