初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

佐藤健が目の当たりにしたトヨタの悲劇!ル・マン24時間で何があったのか?

佐藤健さんがル・マン24時間レースを初めて体験しました。トヨタにとって大きな悲劇となった今年のル・マン24時間レースについて解説し、佐藤健さんがレースを通して感じ、思ったことを語る様子もご紹介していきます。

佐藤健さんがル・マン24時間レースを体感!

佐藤健 ルマン

「TAKERU SATOH meets GAZOO」では、モータースポーツの楽しさや、トヨタがモータースポーツに挑戦する意義を伝えていくため、佐藤健さんがTOYOTA GAZOO Racingのリアルな姿に触れ、変化していく顔つき、新たに生まれる感情の変化の過程を追いかけていきます。

トヨタの公式発表内容(プレスリリースより)

トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田章男)は、モーター
スポーツのリアルを佐藤健さんが、感じ、思い、語る、『TAKERU SATOH meets
GAZOO』の第二弾コンテンツ「LE MANS篇」を本日より公開します。
先月公開の第一弾コンテンツ「TAKERU SATOH meets GAZOO MORIZO篇」は、その反
響からTVCMとしてもオンエアされ、多くの話題を呼びました。続く第二弾コンテンツ「LE
MANS篇」では、佐藤健さんが初めて、WEC FIA 世界耐久選手権 2017年 第3戦 ル・マン24
時間レースを体験し、自らが感じ、思い、語る姿をリアルに切り取っています。

佐藤健 ルマン
佐藤健 ルマン
佐藤健 ルマン

佐藤健さんがル・マン24時間レースを体験する様子はこちら

動画では佐藤健さんがル・マン24時間レースを初めて体験し、そこで感じたこと、思いを語る様子が描かれています。

2017年のルマン24時間レースはTOYOTA GAZOO Racingにとって、とても悔しい結果となりました。レースには3台体制で臨みましたが、3台中2台は途中でリタイヤ、残りの1台もマシントラブルにより一時順位を大幅に下げることとなってしまいました。後半戦では懸命に追い上げ9位でゴールし、上位車両の失格により8位となったものの、TOYOTA GAZOO Racingにとっては無念の結果となりました。

チームはアクシデントの詳細な原因究明作業を行い、今後のレースに向けて準備をするとのことです。

「TAKERU SATOH meets GAZOO」の特設サイトはこちら

ル・マン24時間レースに関するおすすめ情報はこちら

他のレースに関するおすすめ

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集部の車好き大学生。大学では自動運転について研究中。好きな車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。現在の愛車は18歳のころ20万円ほどで購入した9年落ちのキューブキュービック。日々自分で修理・カスタムしながら乗っています。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す