初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

エンツォ生みの親奥山清行の新型モデル「Kode 0(コードゼロ)」を発表!衝撃のデザイン

エンツォ・フェラーリのデザインを手がけたことで有名な奥山清行氏が新型のスーパーカーを発表!昨年発表された「Kode57」に引き続いて8月18日に発表された「Kode 0(コードゼロ)」とはどんな車なのでしょうか?デザインや性能など最新情報に迫ります。

新型「Kode 0(コードゼロ)」が8月18日に発表!

Kode 0

「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」にて発表

奥山清行氏は新型のスーパーカー「Kode 0(コードゼロ)」を8月18日にカリフォルニアモントレーで開催される「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」にて発表されました。
奥山氏が率いる「KEN OKUYAMA CARS」のワンオフスーパーカーシリーズ。今回の「Kode 0(コードゼロ)」は以前、公開された「Kode 57」に引き続く第二弾となります。

また、8月19日に同じくカリフォルニアモントレーで開催される「Concorso Italiano」にて新型「Kode 0(コードゼロ)」と2016年に発表された「Kode57」も展示されました。

それでは、新型スーパーカー「Kode 0(コードゼロ)」はどのような車なのでしょうか?最新情報をご紹介していきます。

「Kode57」についてはこちら

新型「Kode 0(コードゼロ)」のデザイナー 奥山清行氏とは?

エンツォ フェラーリのデザイナーとして有名な奥山清行(KEN OUYAMA)氏

エンツォ・フェラーリ

エンツォ・フェラーリ

奥山清行氏はフェラーリの誕生55周年を記念して製作されたスーパーカー「エンツォ フェラーリ」のデザイナーを務めたことで有名な工業デザイナーです。
「エンツォ フェラーリ」とは限定399台のみ生産された希少車で、現在では1億円を超える額で取引されることもあるほどのモデルです。

日本以外では「Ken Okuyama」という名前で活動しており、ポルシェのシニアデザイナー、ゼネラルモーターズのチーフデザイナー、ピニンファリーナのデザイナーとして活躍した経歴があります。
現在は自ら立ち上げたデザイン会社「Ken Okuyama Design」にてCEOを務めています。

奥山清行氏について詳しく知りたい方はこちら

フェラーリに関するおすすめ情報はこちら

新型「Kode 0(コードゼロ)」の外装デザインは?

Kode 0
Kode 0
Kode 0

今回発表された新型「Kode 0(コードゼロ)」はかなり特徴的で、他の車にはない衝撃的なデザインです。

ランボルギーニ アヴェンタドールをベース車とし、1970年代に発表されたランボルギーニ カウンタック・ランチア ストラタスゼロといったスーパーカーを彷彿させるデザインとなっています。
また、随所にグリーンがアクセントとして取り入れられています。


ランボルギーニ アヴェンタドールについてはこちら

新型「Kode 0(コードゼロ)」の内装デザインは?

Kode 0

内装はスタイリッシュかつシンプルで、全体的に落ち着いた高級感のあるデザインになっています。内装は外装ほどアグレッシブなデザインではないことが分かります。

外装と同じく内装にも随所にグリーンがアクセントとして取り入れられています。

新型「Kode 0(コードゼロ)」の性能は?

Kode 0

新型「Kode 0(コードゼロ)」のスペック

全長全幅全高
4,6352,1251,135
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7001,5502
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型「Kode 0(コードゼロ)」のパワートレイン

エンジン種類V型12気筒
排気量6,498
最高出力
700/8,250
最大トルク690/5,500
トランスミッション7速AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型「Kode 0(コードゼロ)」は700psを発揮するハイパワーのV型12気筒エンジンと、カーボンファイバー製コンポーネンツを多用することで実現した1,550kgという軽量ボディーの組み合わせにより、これぞスーパーカーというスペックに仕上がっています。

スーパーカーの中でもトップレベルの動力性能を発揮するとのことです。

新型「Kode 0(コードゼロ)」の発売日は?

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

新型「Kode 0(コードゼロ)」の発売日については明らかになっていません。
しかし、新型「Kode 0(コードゼロ)」は限定で5台のみの発売となるため、購入するのはかなり困難であると思われます。

新型「Kode 0(コードゼロ)」の価格は?

価格 値段

新型「Kode 0(コードゼロ)」の車両価格は日本円で1億6300万円ほどになるとのことです。
しかし、これはあくまでベースの価格であり世界で5台のみの限定販売となるため、顧客のオーダーによりさらに高くなることが予想できます。

新型「Kode 0(コードゼロ)」に期待!

Kode 0

世界的にも有名なデザイナーである奥山清行氏が新型スーパーカーを発表し、大きな注目を集めました。
「kode57」に続くオリジナルスーパーカー「Kode 0(コードゼロ)」は誰の手に渡るのでしょうか?

新型「Kode 0(コードゼロ)」、そして奥山清行氏が今後デザインするスーパーカーにも大きく期待が持てますね!

奥山清行氏に関するおすすめ情報はこちら

スーパーカーに関するおすすめ情報はこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集部の車好き大学生。大学では自動運転について研究中。好きな車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。現在の愛車は18歳のころ20万円ほどで購入した9年落ちのキューブキュービック。日々自分で修理・カスタムしながら乗っています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK