初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダプレマシー新型へモデルチェンジせず販売生産終了へ!

2010年3月にモデルチェンジが行われた現行のマツダ・プレマシー。「次のモデルチェンジはいつになるのか?」と期待されている中、現時点で予想可能なスペックや価格、フルモデルチェンジの有力な噂まで最新情報をまとめました。果たして新型プレマシーは出るのか?出ないのか?出るとすればいつになるのでしょうか?

おすすめ関連記事

プレマシーの実質的後継車となる「CX-8」についてはこちら

【マツダ新型CX-8予約受注開始】発売日は12月14日!価格と燃費や納車時期は?

マツダ プレマシー販売生産終了!

マツダはミニバンから撤退し、SUVへシフト

これまで、マツダのミニバン、プレマシーのモデルチェンジはモデルチェンジをするのかしないのか、多くの噂がありました。
最新情報として、マツダは「ミニバンから撤退する。そして、SUVの注力する」という方向で検討しているそうです。
したがって、プレマシーもモデルチェンジをすることはなく、このまま販売生産終了になると思われます。

マツダ プレマシーってどんな車だった?

販売生産が終了する見込みのマツダ プレマシーですが、これまでどんな車だったのか振り返ってみたいと思います。

運転しやすいコンパクトミニバン

マツダ プレマシー 20S-SKYACTIV CELEBLE 2013年

「プレマシー」は、1999年にマツダからリリースされた、5ナンバーサイズのコンパクトミニバンです。マツダの「ファミリア」がベースとなっており、排気量1800ccのガソリンエンジン、全車4速コラムシフトATのトランスミッション、FFまたは4WDの駆動方式です。

自然界の水や風の流れをコンセプトとした「NAGARE」デザインが特徴で、エレガントなボディラインが人目を引きます。

マツダ独自の「スカイアクティブテクノロジー」を施したエンジンは、低燃費と心地良い加速を両立。
その運転のしやすさには定評があり、自分の思うままに進み、曲がり、止まる、滑らかな走行感覚を味わうことができる車です。

マツダ プレマシーのユーティリティ

マツダ プレマシー 3代目

室内は広々としており、大きな荷物はもちろん、ベビーカーやチャイルドシートが乗せやすいようスライドドアを採用。

マツダ プレマシー 20S-SKYACTIV CELEBLE シート 3代目

使いやすい収納が至るところにあり、5人~7人が快適に乗れるよう工夫されたインテリアになっています。

唯一の走れるスライドドア!
中途半端と言われているようだが、これは走りを諦めていないだけ。
内装はチープだが、シンプルでゴテゴテしてないので悪くないです。

出典:http://www.goo-net.com/

サスの深さと車体剛性のおかげか、凹凸のある路面でも、固い衝撃や大きな音はありません。
ここらへんが、車格が出るところでしょう。
低速中速も苦にしませんが、高速こそ得意な領域だと思います。ハンドルの手ごたえもしっかりしており、安心して高速も走れそうです。

出典:http://www.goo-net.com/

両側スライドドアが装備されていて乗降りが楽にできるのでファミリーでの使用にピッタリだと思います。
ディスチャージヘッドランプなど便利な装備も満載で使い勝手の良い車です。

出典:http://www.goo-net.com/

マツダ プレマシーvsライバル車まとめ

マツダプレマシーはライバルとして購入候補にあがる車が数多くあります。
ひとつひとつ徹底比較してみてみましょう。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す