初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ベンツステーションワゴン一覧比較】人気おすすめランキング!新型車から中古車価格についても

メルセデス・ベンツのステーションワゴンモデルは、セダンのような乗り心地や走行性能を持ちつつ、多くの荷物を載せることができる優れもの。ベンツならではの上質なデザインも魅力です。メルセデスベンツのステーションワゴンモデルの人気おすすめランキングを紹介します。

メルセデスベンツステーションワゴンの人気ランキング紹介

メルセデスベンツといえば、セダンやスポーツクーペの高級車というイメージが一般的でしたが、近年はSUV、ハッチバッグまでモデルをそろえ、多くのユーザーから支持を受けています。
そんなカーラインアップの中でも、根強い人気なのがステーションワゴンです。
ステーションワゴンは、セダンよりも積載量が多くファミリーカーやアウトドアに行くのも最適なボディタイプです。
そんなメルセデスベンツのステーションワゴンは、どのモデルが人気なのか、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

車の形(ボディタイプ)についての詳細説明はこちら

第1位:C200 ステーションワゴン

C200 ステーションワゴン

Cクラス ステーションワゴンは、メルセデスベンツの中で最も人気の高いCクラスのステーションワゴンタイプです。
安全性能において、先進安全機能「レーダー・セーフティー・パッケージ」や、歩行者検知機能、被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システムなど、多数の機能が装備されています。
パワートレインでは、2.0L 直列4気筒DOHCターボが搭載され最高出力184PS、最大トルク300N・mで普段使いでも扱いやすいパワーとなっています。
新車車両価格は566~678万円です。

C200 ステーションワゴンの中古車価格は

C200ステーションワゴンの中古車価格は、2001年6月~2008年7月まで販売されたW203型で25~79万円、2008年4月~2014年10月まで販売されたW204型で58~273万円、2014年10月以降から販売されるW205型(現行型)で308~566万円です。(中古車サイト「グーネット」参考)
Cクラス ステーションワゴンは中古車市場でタマ数が多いですが、人気モデルだけあって高年式のものはまだ高額な車両価格です。

第2位:C180 ステーションワゴン

C180 ステーションワゴンはCクラスステーションワゴンで最もエンジン排気量が小さいモデルです。
エンジンは1.6L 直列4気筒DOHCターボを搭載し、最高出力156PS、最大トルク250N・mを発揮します。
新車価格は465万~540万円です。

C180 ステーションワゴンの中古車価格は

C180ステーションワゴンの中古車価格は、2001年6月~2008年7月まで販売されたW203型で29~108万円、2008年4月~2014年10月まで販売されたW204型で129~278万円、2014年10月以降から販売される現行型で276~498万円です。
W203型であればかなり安く購入できますが、W204型以降はフロントマスクが現行型のスタイルに変わったことで人気が高いため高額になります。

第3位:CLA180 シューティングブレーク

CLAクラスシューティングブレークは、CクラスやEクラスよりも新しく、ルーフ部分が車体後部にかけて低くなるクーペスタイルになっています。
エンジンは、1.6 直列4気筒DOHCターボで最高出力122PS、最大トルク200N・mを発揮します。
価格は415万円で、今回紹介するモデルのなかで最も購入しやすい価格です。

CLA 180シューティングブレークの中古車価格は

CLA180シューティングブレークの中古車価格は265万~469万円であり、メルセデスベンツのステーションワゴンの中で比較的新しいモデルのため、まだ高額な価格帯です。
低走行距離の中古車が多く、購入して気に入れば長く付き合うことができます。
人気車だけに中古車市場でのタマ数は多く、良質車も多数販売されており、装備の充実度やボディカラーで価格が違ってきます。

第4位:E250 ステーションワゴン

メルセデスベンツEクラスステーションワゴンは、Eクラスの先代モデルである1978年モデル・W123型から現在まで世界で累計5000万台を販売したモデルです。
人気の秘密は、Eクラスセダン譲りの優れた走行性能やサルーンとしての快適性、容量の大きいラゲッジルームをもつ実用性で、歴史、ブランド力、性能から世界最高峰のステーションワゴンと言われます。
エンジンは、2.0L 直列4気筒DOHCターボで最高出力211PS、最大トルク350N・mを発揮し、燃費はJC08モードで13.6km/Lです。
E250 ステーションワゴンの価格は812万円です。

E250 ステーションワゴンの中古車価格は

E250ステーションワゴンの中古車価格は、2003年8月~2010年2月まで販売されたW211型で58~99万円、2010年2月~2016年11月まで販売されたW212型で124~488万円、2016年11月以降から販売される現行型で645~810万円です。
Eクラスの中古車では、W211型以降から値段が高騰しています。
対してW211型が100万円以下で購入できるため手頃といえますが、リコール数が多かったモデルだけに、購入してからの故障が懸念されます。
おすすめはW212型以降でしょう。

第5位:C220d ステーションワゴン

C220d ステーションワゴンは、Cクラスステーションワゴンのディーゼルエンジン搭載モデルであり、新エコカー減税自動車取得税自動車重量税)対象車です。
優れた燃費性能の上、使用燃料が安価な軽油であるため維持しやすいモデルです。
エンジンは2.2L 直列4気筒DOHCディーゼルターボで、最高出力170PS、最大トルク400N・mを発揮し、燃費がJC08モードで19.6km/Lです。
新車車両価格は、619万円です。

C220d ステーションワゴンの中古車価格は

C220dステーションワゴンは現行型となるW205型から登場したモデルのため、中古車価格が439~532万円とまだまだ高額です。
日本ではディーゼルエンジン搭載の新型乗用車がエコカー減税対象車であるため、人気が高くなっており、次期モデルが出ない限り価格が落ちることはないと見られます。

第6位:E220d ステーションワゴン

E220d ステーションワゴンはEクラスステーションワゴンのディーゼルエンジン搭載モデルで、C220dと同様に新エコカー減税自動車取得税自動車重量税)対象車です。
エンジンは直列4気筒DOHCディーゼルターボで、最高出力194PS、最大トルク400PSを発揮します。
排出ガス浄化システム"Blue TEC"により優れた低燃費(JC08モード20.0km/L)と世界最高水準の環境性能を実現しています。
新車車両価格は、742万~861万円です。

E220d ステーションワゴンの中古車価格は

E220dステーションワゴンは現行モデルにあたるW213型から登場し比較的新しいモデルのため、中古車価格が568~738万円とまだまだ高額です。
一方で前モデルのW212型で、同じディーゼルエンジンを搭載する「E220ブルーテック ステーションワゴン」は388~488万円と安くなるため、こちらもおすすめです。

第7位:E200 ステーションワゴン

E200 ステーションワゴンは、Eクラスステーションワゴンで標準的なモデルです。
「E200ステーションワゴン アバンギャルド」、「E200 4マチック ステーションワゴン アバンギャルド」、「E200ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」、「E200ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)」の4つのグレードがあり、4WDや本革仕様など選択肢が多い点が魅力といえます。

エンジンは2.0L 直列4気筒DOHCターボで、最高出力184PS、最大トルク300N・mを発揮し、燃費はJC08モードで14.8km/Lです。
新車車両価格は719万~816万円です。

E200 ステーションワゴンの中古車価格は

E200 ステーションワゴンはEクラスの中で比較的新しいモデルで、中古車価格が548~718万円とまだ高額です。
同じ2.0Lエンジンを搭載する前モデル・W212型のE250ステーションワゴンでは、288~488万円と現行型の約半額になります。
W212型のフロントマスクはヘッドライトに若干の違いがありますが、現行型とデザインが似ており、古臭さも感じにくいものになります。
E200ステーションワゴンのデザインが気に入った方にはW212型のE250ステーションワゴンもおすすめです。

第8位:CLA250 シューティングブレーク

CLA250シューティングブレークは、CLAシューティングブレークシリーズに2.0L 直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載した4WDのモデルです。
CLAクラスの外装は、エレガントさが増すダイヤモンドラジエターグリルを採用し、高級感をアップ。
さらに、走行状況や天候に応じて配光モードを自動で切り替える「LED パフォーマンスヘッドライト」や、8インチ ワイドディスプレイを全モデルに標準装備しています。
購入時点から魅力的な装備が揃っているモデルといえるでしょう。
エンジンは最高出力218PS、最大トルク350N・mを発揮し、燃費はJC08モードで13.8km/Lです。
新車車両価格は555万円です。

CLA 250シューティングブレークの中古車価格は

中古車価格は239~548万円で、新しいモデルですがCクラス、Eクラスの人気モデルより安い価格です。
中古車市場では300万円代から低走行距離のものがあり、低走行距離車で比較的安く購入したいという方にはCLA 250シューティングブレークがおすすめできます。

第9位:CLS550 シューティングブレーク

CLSクラスシューティングブレークは、CLAより一回り大きく、Eクラスのプラットフォームをベースに、ジオメトリーの変更やバネ下重量を軽減するアーム類のアルミ化がされています。
クーペスタイルのシューティングブレークらしく、走行性能もスポーティーなセッティングがされています。
EクラスやSクラスのような乗り心地の良さや最高級な質感は、高級サルーンとしての立ち位置も持ち合わせます。
エンジンは4.5L V型8気筒DOHCツインターボで、最高出力408PS、最大トルク600N・mを発揮します。
また、燃費はJC08モードで9.2km/Lです。
新車車両価格は1,327万円です。

CLS550 シューティングブレークの中古車価格は中古車価格は

中古車価格は、459~778万円です。
現行型の新車価格で1,327万円する車だけに中古車も高額ですが、5年落ちの2012年モデルあたりは約500万円で購入できる車体もあります。
またCLSシューティングブレークはまだモデルチェンジしていないため、低年式でも古さを感じることはなく、外装については年式をあまり意識しなくてもいいでしょう。

第10位:CLS220d シューティングブレーク

CLS220d シューティングブレークは、ディーゼルエンジンを搭載したモデルで新エコカー免税(自動車取得税自動車重量税)対象車です。
メルセデスベンツSクラス並みのボディサイズと高級感、良質な乗り心地を実現し、JC08モードで18.3km/Lという低燃費なのが魅力的です。
エンジンは、2.2L直列4気筒DOHCディーゼルターボで、最高出力177PS、最大トルク400PSを発揮します。
新車車両価格は807万円です。

CLS220d シューティングブレークの中古車価格は

CLS220d シューティングブレークの中古車価格は、538万~678万円です。2015年3月に発売さえたモデルであるため、高額な中古車価格設定ですが低走行距離で良質車がほとんどです。
2018年には、一回目の車検になるため、購入するのであれば来年に車検2年付き車両であれば、購入してから比較的安い維持費で所有できるでしょう。

ステーションワゴンを重要視するベンツを日本メーカーは見習うべき

これまで、メルセデスベンツのステーションワゴンモデルを紹介していきましたが、これらを見渡してみると、メルセデスベンツが如何にステーションワゴンを大切にしているかがわかります。
ステーションワゴンであろうと、ガソリンエンジンだけでなく、ディーゼル、プラグインハイブリッド、ハイパフォーマンスなAMGまで、セダン並みに多くのモデルをラインナップしています。
また、CLSやCLAなどにステーションワゴンではなく新たな「シューティングブレーク」というサブネームを使ったあたりは、ステーションワゴンのブランド力を高めています。

外装のカッコよさでは、セダンやクーペと比べても見劣りせず、大容量のラゲッジルームをもっており、メルセデスベンツのステーションワゴンが愛される理由も理解できます。
家族やアウトドア好きの方ならステーションワゴンを是非おすすめします。

国産メーカーのステーションワゴン紹介はこちら

※中古車価格は2017年11月現在のものです。

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!