初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車の下取りは損?車買取りとの違い&高く売るためのおすすめ査定方法

下取りが得か、買い取りが得か。車を乗り換える際に避けては通れない疑問です。下取りと買い取りの違いと、そのメリット、デメリットを解説します。また、中古車の買取価格の相場の調べ方や、近年成長著しい中古車一括査定サイトの情報も網羅しています。

車の下取りとは

車 購入 商談 ディーラー

車の下取りとは、車の購入を条件とした上で、現在乗っている車を買い取ってもらう売買契約です。
下取りという商法の歴史は意外なほど古く、江戸時代にはすでに始まっていました。
傘の骨組みを下取って、新たに和紙を張り替えて販売するというリサイクル業が江戸時代に行われていたという事実は驚きです。

はたして車は下取りが得か、買い取りが得か。
車を乗り換える際に避けては通れない、そのお悩みにお答えします。

車の下取りは損?メリットとデメリット

サイン 車

©iStockphoto.com/ praetorianphoto

車の下取りは、新車や中古車を購入するディーラーに買い取ってもらうことをいいます。
最大のメリットは、車の売却と購入を一度にまとめてできる手間のかからなさにあります。
さらに下取りを新車の値引き交渉の材料にすることができます。

デメリットは、下取り価格が買取専門店に買い取ってもらうときに比べて安くなる傾向があるということです。
特に、車の一括査定サービスと比較すると、10万円以上も査定額に差が出ることも多いようなので、下取りをしてから「損をした」と後悔する前に、まずは一括査定サービスで無料査定をしてもらうのがおすすめです。

また、車の購入時の値引きと下取りが商談上ひとまとめに取り扱われることも多々あり、実際の下取りが有利な金額かどうかわかりにくいというデメリットもあります。

車の下取り以外にも「車買取」という選択肢も

査定

車買取とは、車を取り扱う専門の買取会社に車の価値を査定してもらい、売り手と買い手がその金額で納得した場合に手続きが完了するものを指します。
メリットは一般的に下取りよりも買い取り価格が高いこと。
また、複数の買い取り販売店に査定を依頼して、一番高い額を提示したところに買い取りをお願いできるという売り手の自由度もメリットとなります。

中古車買い取り査定に関する記事はこちら

車の一括見積をする方はこちら

スマートフォンの普及で下取りではなく車買取で売る人が急増

パソコン インターネット 検索

インターネット、特にスマホが普及するまでは、車を高く売るためには、買い取り専門店を渡り歩いて、一番高い査定価格を提示してくれた業者に買い取りをお願いしなければならない状況でした。

しかし、現在では車一括査定サイトや公開入札サイトといったインターネット上での買い取り査定サービスが急速に充実し、利用者も急増しています。
これらのサービスを利用することで、面倒な手間が必要なくなった上、安い買い取り価格で妥協する心配もなくなりつつあります。

下取りと買取りの相場価格はどのくらい違うの?

価格 お金 現金 費用 税金 維持費

自分の車の査定相場が分かれば、価格交渉を有利に進められるのはいうまでもありません。
しかし、この買取相場は中古車取扱業者にとっては門外不出のもの。
おいそれと相場価格を教えることは、自らの首を絞めることになります。
そのため、相場価格は自分で調べるしかありません。

ポイントは買い取られた車がその後、どう扱われるかという点です。
一般的に、下取り価格を重視しない新車ディーラーの下取り価格が買取相場の最低額です。
そして「中古車取扱業者による販売価格」から「業者の経費と利益」を引いた額が「相場の最高額」ということになります。

下取りや買い取りされた車の5つの流通ルート

中古車

©Shutterstock.com/Pincasso

下取りでも、買い取りでも、車は同じルートで扱われます。
買取業者はこの流通で利益を出すのに対し、下取りでは車を販売することで利潤を求めます。
同じ買い取りでも、それぞれの立ち位置が違いが、価格の差に現れるといえるでしょう。

買取業者が買い取った中古車は以下の5つのルートで市場に流通します。

1.店頭販売

一番買い取り価格が高いと思われるのが、買取専門店がそのまま店頭販売できる車です。
滅多にありませんが、余計な手間を掛けず確実に売れる車は、業者側にとって確実な利益になるので高値で買い取りしてくれます。

2.中古車オークション

それなりに価値がある車なら、業者向けの中古車オークションで競売に掛けられ、転売されるのが一般的です。
買い取られた車の、およそ9割が業者オークションで取引されるといわれます。
いくらで売れるか予想しにくいため、なるべく安く仕入れたいというのが買い取り専門店の本音でしょう。

3.海外輸出

ワンボックスや、MT商用車、4輪駆動のオフロード車、古いスポーツカーなどは、海外で需用があります。
そのため輸出業者が取り扱い、海外へ販売されることが多いのです。
低年式ディーゼル車がプラス査定され高値で買い取られるのは、故障が少なく排ガス規制が緩い、新興国での需用が高いためです。

4.解体業者にて部品取り

マイナス査定のポイントが多く、ほとんど価値の付かない車は解体業者にて部品取り車として扱われます。
もう乗れないと思われる車でも販売店が下取り価格がつけられるのは、車に部品としての価値が残っているからです。

5.廃車

部品取り車としても価値が見いだせない車は廃車にするしかありません。
廃車にするには費用がかかりますので、その費用を下取り価格として提示される場合があります。
価格は0円でも、売り手としては廃車費用を負担してくれるだけも十分な価値があるといえるでしょう。

中古車価格シミュレーション

トヨタ、日産のメーカー公式HPにある中古車価格シミュレーションがありますが、対応車種の網羅性に欠け、実売価格との差が開く可能性があります。
おおまかな目安を知ることはできますが、個人情報を入力することなく知ることができるのはメリットです。

一括査定サイトで調べてもらうのが手軽で確実性が高いと言えます。
売る気がなくても、一度は調べてもらう価値はありますし、買い取り一括査定を受ける側は「売る気がなくても気軽に査定して欲しい」と歓迎してます。

車の下取りと一括査定のQ&A

本項目では車の下取りや一括査定でよくある質問とその回答やポイントまとめを紹介していきます。

下取りをするときのベストなタイミングは?

疑問 ポイント

「春の前にはフレッシュマン向けにコンパクトカーが売れる。」
「夏の前にはレジャーに使えるワンボックスカーやミニバンが売れる。」
「冬の前には4輪駆動のオフロード車が売れる。」

という話しを見聞きしたことがある方がいらっしゃるかと思います。
しかし実際に売却時期が査定額に影響を与えることはないようです。
オーナーの売りたい時期がベストタイミングなので時期は気にしなくて大丈夫です。

下取りや査定の相場はどうやって決まるの?

価格 相場

実は、一見曖昧に思える車の買い取り相場価格は、査定士が独断で決めている訳ではなく、明確な基準があるのです。
それがJAAI一般財団法人日本自動車査定協会で発行している、イエローブックという存在です。
イエローブックは中古車の卸売り価格を網羅した虎の巻とも言える本で、ほとんどの業者の下取り価格や買い取り価格が、これらの冊子を元に算出されます。
そこから、車個体の走行距離や、キズ等の劣化具合に応じて減算されて算出されるのが、我々に提示される買い取り価格なのです。

下取り相場を簡単に知るにはどうすればいいの?

価格 お金 費用 税金 維持費

©shutterstock/kurhan

中古車の卸売り価格を網羅するイエローブックは、JAIA(日本自動車査定協会)から購入して調べる方法がありますが、これは業者向けの刊行物ですので素人には逆にわかりづらいでしょう。
前述しましたが、トヨタ、日産などの中古車価格シミュレーションは、あくまで参考情報です。

複数の業者に一括査定をしてもらうのが、もっとも簡単で確実に相場を知る方法です。

事故車は下取りや買い取りをしてもらえるの?

事故車 イラスト

©iStockphoto.com/mgkaya

事故車でも、しっかり修復したものは大きくマイナス査定をされるとは限らず、車としての価値が残っているといえます。
また不動車でも、部品取り車としての価値もあるため、適正な審査をおこなってくれます。

一括査定は連絡がしつこいの?対処法はある?

携帯電話

連絡方法が選択できるのであれば、メールに設定しておくと電話がかかってくる件数を減らすことができます。
また、自由にメッセージを入れる欄があれば、電話をかけて欲しい時間、かけて欲しくない時間を入れておきましょう、
電話がかかってきても、面倒であれば「必要があればこちらからかける」と伝えましょう。
買取会社はお客さんから嫌われたくないので、言うことを聞いてくれるものです。

下取りや買取時でのトラブルや注意点は?

注意 トラブル 気をつけよう

一括査定サイトに掲載される業者は、大手ばかりで安心です。
小規模な買取専門業者で、インターネット上に情報がほとんど情報がない場合は注意してください。
中には悪質な業者があります。

トラブルを避けるために、大手な業者、有名業者を利用するようにしましょう。

一括査定サービスの仕組みは?

車 一括査定 選ぶ

売りたい車の、車種、年式などのデータと、売り主の氏名、住所、電話番号など、簡単な情報を開示することで一括して査定してもらうサービスが、「一括査定サービス」です。
情報を開示すると、一括査定サイトに登録した買取業者とメールや電話連絡を交わし、査定の日取りを決めて現車を査定してもらうことになります。
複数社に査定してもらい、高額査定をしてくれた業者に買い取りをお願いするというのが基本的な流れになります。

多くのサイトが、およそ10社までの同時査定に対応しています。
業者は多い方が有利ですが、あまりに多くの業者に査定してもらうと、その連絡だけで手一杯になってしまいますので信頼できる数社に絞り込むことをおすすめします。

1,000社以上に公開入札!?ユーカーパックとは?

どうしても連絡が煩雑になってしまう一括査定サービスが自分に向かないと思う方は、新たに登場したサービスであるUcarPAC(ユーカーパック)をおすすめします。
ユーカーパックの特徴は、1,000社以上が参加する競売形式で査定額を決める仕組みです。
電話連絡をするのは最高額を入札した1社のみなので、一切の手間を掛けずに高値で車を売却することができます。
売却の手続き方法は以下のとおりです。

1.電話か入力フォームにて査定申し込み
2.ユーカーパックより査定日の連絡
3.ユーカーパック提携のガソリンスタンドに査定を依頼
4.競争入札
5.売却業者の決定
6.車の引き渡し

以上を参考に、自分に合った売却方法で、愛車を高く売りましょう。

下取りする前に車の一括査定がおすすめ!

中古車 査定 ディーラー

©iStockphoto.com/kadmy

車の一括査定サービスが、非常に勢いを増しています。
広告をどんどん打ち立てて、利用者の満足した声もたくさん聞こえてきます。
下取りに比べて50万円以上の高額査定をされたというケースもあります。

もはや乗り換えの際には下取りが常識だった時代は終わりを迎えました。
今はフォームから愛車の情報を送信するだけで高額査定をしてくれる買取販売店と出会うことができます。

下取りは手間が省けて便利ですが、せっかくなら愛車を高く売って新車のオプションの追加したほうが良いですよね。
買取相場よりもマイナス査定をされ、下取りした後で高く売れることを知って後悔することのないように、一括査定サービスを試して愛車の真の価値を知りましょう。

MOBYがおすすめする中古車一括査定サイト

中古車 査定 イラスト

©iStockphoto.com/Aihero

最後にMOBYがおすすめする中古車一括査定サイトをご紹介します。

ズバット車買取比較

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

株式会社ウェブクルーが展開するのが「ズバット車買取比較」です。
査定対応業者は150社以上。
その中から10社の買取専門店を競合させることができます。
下取りと比べ、平均で16万円の査定額アップの実績があるスバット。
今後はより有名になっていくと思われる注目の無料一括査定サイトです。

カーセンサーネット

カーセンサー 簡単ネット車査定

おすすめポイント

  • 買取加盟店は600社以上と業界最大規模で高額買取の可能性が高い
  • 中古車相場から予測した買取相場を知れる
  • 査定結果の受取を「メールのみ」に選択可能
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社リクルート約600社30社

「カーセンサー」は株式会社リクルートが運営しているサービスです。
買取会社数は公開していませんが、大手業者が参入しており、業者数は業界トップクラスなのは間違いありません。
他のサイトと圧倒的な差をつける、最大30社もの見積り依頼が可能です。

また、完全にとはいえませんが、メールのみのやり取りを希望することもできます。
煩わしい電話対応を少しても減らし、より多くの業者に見積りを出してもらうことで高値が狙える一括査定サイトです。

愛車の売却に関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す