初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車買取は「カーセンサーネット」の一括査定がおすすめ!電話連絡を無しにする方法も解説

インターネットを利用した買取査定には、下取りや実際の買取店に足を運ぶ方法とは違ったメリットがあります。本記事では、中古車販売や買取を専門に行っている「カーセンサーネット(net)」というサービスについて、特徴や査定を受ける流れやしつこい電話連絡をなくす方法などを紹介していきたいと思います。

車の買取や中古車査定ができるカーセンサーネットとは

最大30社から比較して売却!
とにかく高く車を売るなら「カーセンサー」

おすすめポイント

  • 株式会社リクルートが運営する一括査定サイト
  • しつこい電話連絡をなしに!メールのみ連絡対応
  • 90秒の簡単入力で最大30社同時に査定依頼が可能
  • 下取りで売るのは損!一括査定なら数万円高く買い取ってもらえる可能性大!
  • 買取加盟店は600社以上と業界最大規模

カーセンサーネットとは、株式会社リクルートホールディングスが運営する中古車情報サービスのサイトのことを指します。
他にも紙媒体の情報誌としての「カーセンサー」や、スマートフォン用アプリの「カーセンサーアプリ」も存在します。

業界最大規模の加盟買取店ネットワークが特徴

カーセンサー自体は1984年から雑誌媒体でスタートしているサービスであり、知名度も非常に高く、加盟している買取店は全国で600社以上と、業界最大規模であることが特徴です。
中古車販売だけでなく、全国レベルで中古車の査定や買取にも力を入れており、中古車の回転率が非常に高くなっています。

また、車種ごとの買い取り・査定のポイントが細かく記載されており、中古車相場から買い取り相場を予測しているなど、ユーザーがお得に売却できるように、情報を積極的に提供してくれています。

申し込みから査定、売却までの流れ

【STEP1】愛車情報を入力して査定申し込み

カーセンサーネットの申し込みは90秒で完了します。

カーセンサーネット 申し込みスタート

カーセンサー 簡単ネット車査定のページに行き、メーカー、車名、車のタイプ、事故歴、郵便番号(ハイフンなし)を選択し、「申し込みスタート」をクリックしてください。

車情報 画面

次のページに移ったら、「車情報」を記入していきます。

車種によって車情報で選択する内容は異なりますが、基本は年式、グレード、色、走行距離、車検時期、車の状態(傷の有無)が基本の項目で、車によってドア数やハンドルの位置、燃料、ミッション、駆動方式、排気量などが追加されます。

お客様に関する情報をご入力ください

続いて、氏名、フリガナ、住所、希望連絡先、メールアドレスなどの個人情報を記入してください。(住所は前画面で入力した郵便番号に基づいた途中までの情報でOKです)

査定申し込み先選択

次は「査定申し込み先」の選択です。
あなたが住んでいる地域の車買取専門店の中で、あなたが売りたい車を査定してくれる店舗の一覧が最大30件表示されます。
ここですべての業者にチェックを入れて申し込みをしてしまうと、すべての業者から「査定させてください!」という連絡が一斉にくるので、「詳細」をクリックして、あなたが売りたいと思う店舗だけを残すようにするといいでしょう。(少しでも高く売りたいという人はすべてチェック入れておくのがおすすめです)

「詳細」をクリックすると
住所、連絡先、営業時間、休業日、お店からのコメント、対応しているサービスが確認できます。
「サービス」の出張OKとは、自宅まで査定しにきてくれる出張査定のことで、電話連絡ではなくてメール連絡のみに対応可能かどうかが確認できます。
買取店によっては事故車OKという、過去に事故を起こした車でも買い取ってくれるお店かどうかを確認できます。

すべての項目に「OK」という印がついたら、「確認画面へ」をクリックすると申し込みが完了します。

【STEP2】買取店から電話、メールでご連絡

携帯電話

申し込み時にチェックを入れていた車買取店から電話かメール(あるいは両方)で、買取相場価格(概算)と、「車を実際に見せてもらって査定させてほしい」という旨の連絡がきます。

実際に車を見て査定してもらう前に、簡単に車を洗う、汚れを落とす、消臭をするなどをしておくと心情的に良く働く可能性があります。
キズや凹みを直したり、新しいタイヤに交換などをしても、修理費分の査定額アップは無いので、基本的にはそのままの状態を見てもらいましょう。

査定額の注意点としては、電話やメールで知らせてくる査定相場価格は、過去の買取金額から機械的に出した概算の金額でしかないので、ここで業者を選ぶようなことはせず、なるべく多くの買取業者に車を見てもらうようにしましょう。
いちいち車を買取業者まで持っていくのが面倒だと感じる方は「出張査定OK」という買取業者に、電話やメールで連絡をもたった時に出張査定をお願いするようにするのがおすすめです。
※出張査定には交通費がかかる業者と無料の業者がいるので、無料で査定してくれるかどうかを業者に確認するようにしましょう。

【STEP3】査定額を比べて売却先を決める

車買取 比較

あとは実際に車を見てもらって納得した査定額を提示した車買取に売却するだけです。
売却前に用意できる必要書類は用意しておくと、ドタバタしないですみますよ。

車買取の必要書類

車売却の必要書類は以下の7種類です。

・自動車検査証(車検証)
・印鑑登録証明書(印鑑証明)
・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)
・自動車納税証明書
・リサイクル券
・譲渡証明書
・委任状
※譲渡証明書、委任状は車買取業者が用意してくれます。

車一括査定のデメリット面!しつこい電話連絡を無しにしてメール連絡のみにする方法

複数の買取業者を比較して車を高く売れるというメリットを持つ車一括査定ですが、デメリット面として「電話連絡が激しい(しつこい)」と感じる人が多いことが挙げられます。
電話連絡の方がこちらの状況を踏まえた上で査定相場を出せるのでスムーズにいくことも多いのですが、10社以上から次々に電話をかけられてもなかなか対応しきれません。

カーセンサーの一括査定では、これらの電話連絡を無しにしてメール連絡のみの希望を出すことができます。方法を説明します。

電話連絡を無しにしてメール連絡のみにする方法

お客様に関する情報をご入力ください

カーセンサー 簡単ネット車査定のページから、「申し込みスタート」を押したあとの画面で、「お客様に関する情報をご入力ください」と書かれたボックスの下に「売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック」という文言があるのでクリックしてください。

メールでの連絡のみを希望

すると、隠れていた入力欄が出てくるので、「連絡希望時間帯」の箇所に「メールでの連絡のみを希望」という旨を記載して申し込んでください。

ただ、メールの査定サービスを使えない加盟店もあり、電話を完全にシャットアウトできるわけではありませんので、ご注意下さい。

車を高く売るなら下取りよりも一括査定がお得!

ディーラー 新車 営業

©Shutterstock.com/ snvv

車を買い換えるとなったときに、ディーラーに下取りしてもらうという選択肢が先ず浮かんだ方はいませんか?
確かに下取りを選択する方が多いのが現状ですが、実はカーセンサーネットで中古車一括査定をしてもらい、買取してもらう方が高く売れてお得になる可能性が高くなります。

理由として、下取りに出された中古車はディーラーにとって需要がないことがほとんどだからです。
需要がなければ、どれだけ下取り価格を高く見積もったとしても、「新車購入の際の値引き」としての意味にしかならず、中古車の価値に見合った金額を提示してくれるわけではないのです。

カーセンサーネットに査定を出した場合、その中古車を本当に欲しがっている買取店に出会える確率がグッと上がり、結果的に高価価格で買取してもらえることになります。

車査定の依頼をキャンセルや申し込み内容の修正は可能?

電話相談

一括査定に申し込んだら思った以上に電話連絡がきてわずらしい!もう依頼したい買取業者は決めたので営業しないでほしい!という気持ちから、キャンセルをしたいという方もいると思います。また、間違えた情報を申し込んでしまって、内容を修正したいという方もいるでしょう。

しかし、一度申し込むとカーセンサーの方から買取業者側に情報がすでに行ってしまっているので、少し手間ではありますが、各業者から連絡があった際にキャンセルしたい旨や修正したい内容を伝えるしか方法はないようです。

買取査定って無料?

OKサイン ゼロ円 女性

車の査定は基本的に無料のことが多いですが、買取業者によっては「出張査定に交通費がかかります」という場合や、実際に車を見て詳細な査定額を出してもらうのは有料という業者もいます。

カーセンサーの一括査定を行うまでは無料なので、ここまでは安心しておこなって頂いて大丈夫ですが、車買取業者から電話連絡やメール連絡を受け取った際には念のため査定に料金がかかるかを確認しておいた方がいいでしょう。

車検が切れた車でも売却可能?

車検 ステッカー

車検が切れた車でも売却は可能です。

ただし、車検が切れている車は公道を走らせることができないので、出張査定を依頼するか、買取業者のもとまで車載車で運ぶ、仮ナンバーを取って運転していく必要があります。
出張査定は無料で行ってくれる業者もいれば、交通費が必要になる可能性がありますし、車載車や仮ナンバー取得には費用がかかるものなので、なるべく車検が切れる前に売却しておきたいところです。

最近はネットで簡単に車検に来てもらえるサービスもありますが、車検費用分がそのまま査定額に上乗せされることはなく、損をしてしまうので基本的には安価で済む仮ナンバー取得がおすすめです。

事故車も買取可能?

事故を起こしたものの、破損した部分を修復している「修復歴車」なのであれば、査定額はダウンするものの基本的には買い取ってくれますが、修復していない事故車が買取可能かどうかは買取店によって異なります。

詳細をクリック

カーセンサーネットの買取業者を選ぶ画面で「詳細」をクリックして、「サービス」の欄に「事故車OK」という文字がある車買取店は事故車でも買取可能としています。

サービスの欄

カーセンサーnetはこんな方におすすめ!

中古車 査定 イラスト

©iStockphoto.com/Aihero

ここまでの内容をまとめると、カーセンサーnetは、他の一括査定サービスと比較して、圧倒的な加盟店ネットワークを誇り、自分が売りたい車を本当に欲しがる買取店と出会える確率が最も高いでしょう。
ただ、買取店が多いほど、買取に漕ぎ着けるまでにじっくりと時間をかける必要がありそうです。
つまり、カーセンサーnetは

すぐに売るわけではなく、高く買い取ってくれる業者をじっくりと探したい

そう考えている人におすすめなサービスと言えます。
愛車を高く売りたいと考えている方は、カーセンサーnetで査定をしてみましょう!

カーセンサーnetで愛車の値段を知りたい方はこちら!

愛車の査定に関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す