初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

モチュールの人気オイルの最新価格と評判とは?300Vや5100から7100まで

モチュール(MOTUL)のエンジンオイルは、過酷なモータースポーツで鍛えられた性能と、品質にこだわったプレミアム エンジンオイルです。 モチュールの人気オイルの中から、バイク用(4ストローク)のエンジンオイルについて解説します!

モチュールとは?

モチュール ロゴ

モチュール (MOTUL)は、1853年にニューヨークで設立された主にバイク・自動車に関わるエンジンオイルなどの潤滑油類を中心にを製造・販売を行っているメーカーです。
現在は本社をフランスに置き、80カ国以上に製品を展開しています。
日本では、バイク用のエンジンオイルとして有名ですが、最近では四輪用のエンジンオイルもスポーツカーを中心に愛用する人が増えています。
モータースポーツに積極的に参戦し、製品の開発・改良に伴う品質には定評があり、プレミアムオイルとしての地位を確立しているオイルなのです。

モータースポーツでの実績

モチュールは、モータースポーツに参戦することによって、その名を轟かせていると言っても過言ではないでしょう。
モチュールのエンジンオイルは、バイクや車のレースで活躍しており、バイクの車体やフロントフォークなどに「MOTUL」という文字を見たことがある方も多いのではないでしょうか?
車のレースでは、フロントボンネットに大きく「MOTUL」と書かれています。
モチュールのエンジンオイルは、モータスポーツで実証された性能と品質を実績として市販車に提供することで、信頼できるエンジンオイルと認識されています。

エンジンオイルの粘度について

ディーゼル オイル

©Shutterstock.com/ studiovin

モチュールのエンジンオイルに限らず、エンジンオイルの規格にて、「粘度」は最低限の知識として理解しておいた方が良いでしょう。
エンジンオイル缶の側面の見やすい場所に、下記のような表記があります。

「10W40」

これはオイルの「粘度」を表しています。
まず左の数字(ここでは10)が低温時の粘度を示しており、その横の「W」はWinter(冬)のことです。
つまり左の数字は、冬場でのオイルの粘度を表しています。
右側の数字(ここでは40)は、高温時(夏場)でのオイルの粘度を表しています。

低温時の数字が低ければ、低温でもオイルはサラサラ状態で固まらない、粘度が低いことを意味します。
高温時の数字が高いほど、高温でもオイルの粘度が高く固いことを意味します。

粘度からエンジンオイルを選ぶ時に考えること

エンジンオイルの粘度を示す低温時の数字が低いほど、低温でもエンジンオイルが固まりにくいことを意味していますので、高地や寒冷地など温度が低い地域においてはこの数字が低い方が安心です。

高温時の粘度が低いと、エンジン内部の油膜保持性が低くなってしまうため、高温時が継続するような場合にエンジンを保護する性能が落ちてしまいます。
ただし、粘度が高過ぎるとエンジン内の抵抗が増えて、燃費が悪くなるということになりますで、エンジンの性格 / 特性、走り方にあった粘度を選ぶようにすることが大切です。

モチュールが人気の理由!

人 ビックリマーク

モチュールの人気を支えているのは、モータースポーツで培われてきたその実績に伴う信頼性です。
エンジンにとって、過酷な状況で競い合うモータースポーツで鍛えられた品質であれば、市販車にはある十分なオイル性能を発揮できるでしょう。

この後、モチュールの人気オイル(バイク用エンジンオイル - 4ストローク用)を紹介していきます!

モチュールの人気オイル:300V(4ストローク)

300V ファクトリー ライン ロード レーシング
使用用途サーキット用(ストリートでも使用可)
粘度15W50 / 10W40 / 5W40 / 5W30
300V ファクトリー ライン オフロード レーシング
使用用途オフロード レース用
粘度15W60 / 5W40

モチュール 300V ファクトリーライン (FACTORY LINE)は、エステル・コア テクノロジー (ESTER Core Technology)によって作り出された 100%化学合成のエンジンオイルです。

エステル・コア テクノロジーとは、バイクの様々なレースカテゴリーで参戦してるファクトリーチームと提携して、そこからフィードバックされた様々なデータから生み出された「エステル」を「コア」としたモチュール独自のベースオイルを配合する技術です。

ここで紹介するロードレーシング (10W40)は、レースをメインとしたエンジンオイルです。
サーキット走行だけではなく、ストリートでも十分性能を発揮することができますが、ストリートでの使用は少々勿体ないかもしれません。

[適応バイク]
 ・中 / 大排気量バイク
 ・水冷 / 空冷など
 ・高性能バイク(高トルク)/ スポーツバイク
 ・ヴィンテージバイク

このエンジンオイルの購入はこちらからどうぞ!

モチュールの人気オイル:7100 4T(4ストローク)

モチュール 7100 4T
使用用途ストリート用
粘度10W60 / 20W50 / 10W40 / 5W10

モチュール7100 4Tは、モチュールの最高級オイルである「MOTUL 300V ファクトリー ライン」の性能/品質を継承するエステル(ESTER)合成の100%化学合成のエンジンオイルです。

モチュール7100 4Tは、エンジンとギアボックスの保護をすると共に、エンジン出力の向上とスムースなシフトチェンジができるエンジンオイルです。

[適応バイク]
 ・高性能なスポーツバイク / ロードバイク
 ・国産車 / 輸入車を問わず多くのバイクに対応

このエンジンオイルの購入はこちらからどうぞ!

モチュールの人気オイル:5100 4T(4ストローク)

モチュール 5100 4T
使用用途ストリート/ オフロード用
粘度15W50 / 10W40 / 10W30

5100 4Tは、エステル(ESTER)を配合した化学合成オイルで、様々なタイプのバイクに使用可能な化学合成のエンジンオイルです。
7100 4Tと同様に、エンジンとギアボックスの保護をすると共に、エンジン出力の向上とスムースなシフトチェンジができるエンジンオイルです。

モチュール 5100 4T 15W50は、大排気量エンジンだけでなく、旧車(ピストンのクリアランスが広い)にも使用できます。

[適応バイク]
 ・ロードバイク / オフロードバイク / ビッグスクーター

このエンジンオイルの購入はこちらからどうぞ!

モチュールの人気オイル:価格は他のオイルに比べ高め!

モチュールのエンジンオイルは、オープン価格です。
ネットの各サイト内、実売店においても他のオイルと比較すると高いオイルとなっています。
前項にて、300V ファクトリーライン ロード レーシング (容量:1L)を紹介しましたが、これはコンペティション(レース)にも使用できる市販エンジンオイルということもあり、価格は安いオイルの3倍ほどします。
7100 4T /5100 4T(容量:1L)でも安いオイルの2倍前後します。

各オイルの紹介後にある「このエンジンオイルの購入はこちらからどうぞ!」の下から現在の実売価格が確認できます。
セールなどで安価に販売されていることもありますので、じっくり探してみるのもいいでしょう。

モチュールの人気オイル:モチュールの評判は?

ディーゼル用 エンジンオイル

©Shutterstock.com/ Ensuper

モチュールの人気オイルを、実際に使用した方からのレビューをいくつか紹介します。

モチュールのエンジンオイルは、「使用用途」「適応バイク」そして「粘度」の条件をきちんと合わせて使用しないと、その効果を最大限に発揮することできませんので、エンジンオイルを選ぶ際には注意が必要だということがレビューからもわかります。

モチュール300Vファクトリーラインのレビュー

バイク屋さんの激オシオイル(笑)ということで、セロー225Wに使用。
開けるのに苦労するフタと、蛍光グリーンの色がインパクトあります。
私のセローは、渋滞路などでエンジンがヒートしてくると
クラッチの切れが悪くなる持病があるのですが、
これを使うと、真夏の渋滞路でもギヤがスコスコ入ります。
ただメカノイズについては、そんなに変わりがなかったですね。
モチュールはタレ始めると、あっという間にご臨終になるという噂ですので
注意しながら使っていきたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/

モチュール 7100 4Tのレビュー

ビックスクーター単気筒熱こもるoil少ない。oil管理大事。色々試してます。自分的にワ○ーズ熱ダレ直ぐすると思います。水温計アクセル突き断然違うと個人的に思います。夏場になったら又番手上げて使います。最後まで熱ダレしないような。このoil最高です。因みにモー○ル1も良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

モチュール 5100 4Tのレビュー

SUZUKI INAZUMAで使用しました。
今まではカストロールPower1(パワーワン)4Tを使用しており、その条件ではシフトが固くスニーカーなどでは足の親指付け根が痛くなりとても乗れるものではありませんでした。
書き込みを読ませて頂き、シフトが軽くなることを信じこのオイルに替えてみましたが、非常に軽くシフトできるようになりました。
エンジンも若干静かになり、滑らかに回るようになった感じがあります。
初期だけの効果と思いましたが、交換後2か月(約1000km)経っても持続しています。
コスパが高くお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

モチュールのオイルを一度試してみませんか?

ディーゼル オイル

©Shutterstock.com/ ifong

モチュールのエンジンオイルの人気は、モータースポーツで培われてきたその性能と品質を両立させたその「信頼性」を製品にフィードバックさせた優秀なエンジンオイルだからです。

300V ファクトリー ラインのシリーズは、サーキットで最高のエンジンパフォーマンスを発揮するために合成されたエンジンオイルですので、ストリート走行での使用ではその性能を持て余してしまうぐらいの製品です。
これからサーキット走行を考えている方には、是非 300Vファクトリー ラインを一度試してもらいたいと言えるエンジンオイルです。

ストリート走行がメインの方には、ご自分の愛車に合わせて 7100 4Tもしくは5100 4Tのどちらかのエンジンオイルを試してはいかがでしょうか?
その際には、バイクに「MOTUL」のステッカーを貼るとかっこいいと思います!

エンジンオイルに関するおすすめ情報はこちら

この記事の執筆者

久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至る。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 現在の愛車はちょっと古めのフェラーリです。 この車は、工業製品でありながら芸術品でもあり、次のオー...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す