初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費無料の法人ETCカードが作れるクレジットカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナビジネスアメックス)は法人経営者だけでなく、一般会社員でも申し込み資格のある法人カードです。ETCカードの年会費無料や、レンタカーを優待価格で利用できるなど、ドライバーにとってもお得な特典がいっぱいです。ほかにはどのようなメリットがあるのか、わかりやすく解説していきたいと思います。

発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 20,000円(税別) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険年間最高300万円まで
ETCカード年会費 年会費無料 ETCカード発行手数料 無料

条件次第で年会費半額

セゾンプラチナビジネスアメックスは年会費が20,000円(税別)となっており、数あるプラチナカードの中でも比較的お得にご利用いただけます。
そして年間200万円以上のご利用で、次年度の年会費が10,000円(税別)になります。3万円~5万円程度のプラチナカードが多いなか、この金額で利用できるのは驚きですよね。

また、家族の方や従業員(社員)用の、追加カードも年会費3,000円(税別)で4枚まで発行可能です。

ETCカードの年会費無料、しかし枚数は4枚限定

セゾンETCカード

セゾンプラチナビジネスアメックスは、ETCカードを年会費無料で持つことができます。
ただし、ETCカードを発行できる枚数には限りがあり、4枚までしか持つことができないので、まだ会社として大きくなくて、運転する人が多くない中小企業には向いていると思いますが、社用車・営業車が5台以上ある企業には向いていないので注意が必要です。

各種優待特典(割引サービス)が充実

セゾンプラチナビジネスアメックスの本領が発揮されるのはプラチナカードとしての特典内容にあります。どのような優待特典があるのか説明していきます。

国内・海外レンタカーを優待価格で利用可能

レンタカー

©Shutterstock.com/ Edler von Rabenstein

セゾンプラチナビジネスアメックス会員は、国内・海外レンタカーをセゾンカードの特設ページから予約することで優待価格にて利用可能です。
国内だとオリックスレンタカーが基本料金の5%OFFの優待価格になり、海外だとハーツレンタカーを最大5~20%OFFの優待価格で利用できます。

他にも、「セゾンマイカーリース」や「カレコ・カーシェアリングクラブ」の利用で、永久不滅ポイントが2倍貯まるといった、ドライバーにお得なサービスがあります。

ビジネスシーンで活躍するサービスを優待「ビジネスアドバンテージ」

ビジネスアドバンテージ

ビジネスアドバンテージは、事務用品やレンタカーなどビジネスシーンで頻繁に使うサービスが優待価格で利用でき、経営者や個人事業主の方にとってはビジネスの効率化、経費削減に繋がる優待プログラムです。

・ハーツレンタカーの事前予約割引料金から10%割引
・ダイヤモンド社のビジネス誌、年間購読料25,700円⇒24,500円
・西濃運輸の宅配運賃最大30%割引
など、ビジネスにおいてこれらのサービスを利用する機会がある場合、お得になります。

法律の専門家に相談できる「リーガルプロテクト」

法律に関するご相談をしたいときはリーガルプロテクトが便利です。月額3,980円(税込)でベリーベスト法律事務所が提供する法人向け顧問弁護士サービスを受けることができます。

さらに会員特典として月額3,480円(税込)で利用できます。月々の顧問料がネックで敬遠する方が多いと思いますが、セゾンプラチナビジネスアメックスでは余分なサービスを排除し、よりユーザー目線に立った金額で顧問弁護士を立てることができます。

ホテルやレストランなどで優待「オントレ」

オントレとは、ダイニング、ホテル、スパ・エステと様々なシーンで優待を使うことができるアメックスのプレミアムカード会員限定の特典です。

これには
・国内外の高級ホテルルームの無料アップグレード
・宿泊ホテルの朝食サービスやレイトチェックアウト
・ビジネスクラス航空券購入の優待
・買い物した商品の無料配送
などなど、まさに経営者でも会社員でも使って嬉しいサービス内容となっています。

プライオリティ・パスへ無料ご招待

セゾンプラチナビジネスアメックスでは会員限定でプライオリティ・パスのプレステージ会員に入会金、年会費ともに無料で入会できます。こちらのサービスを使うと、世界中の都市1,000ヵ所以上に設置されている航空会社運営のVIPラウンジを利用できます。

さらに同行者の同ラウンジ利用料金が2,000円(税別)と使い勝手のいいカードとなっています。

他に引けを取らないポイント制度

クレジットカードを利用する方にとってポイントは気になるところではないでしょうか。セゾンプラチナビジネスアメックスでは「永久不滅ポイント」という無期限のポイント制度があります。

これにより貯まったポイントはカード料金の支払いやギフトカード、オフィスの備品などに充てることができ経費削減に役立ちます。

ポイント有効期限のない永久不滅ポイント

永久不滅ポイントは有効期限が無くいつまでも保有できるポイントであり、セゾンプラチナビジネスアメックスでは海外でのショッピング利用で通常の2倍(1,000円ごとに2ポイント)貯まります。

ショッピング利用でマイルが貯まる「SAISON MILE CLUB」

SAISON MILE CLUBは登録制となっておりますが(年会費無料)ショッピングの利用金額に応じて自動的にマイルが貯まります。換算率は1,000円分の買い物で10マイルになります。

注意して頂きたいのはSAISON MILE CLUBのサービスでは永久不滅ポイントは貯まらないということです。また、セゾンポイントモールご利用の場合、ショッピング利用金額分はマイルに移行されますが、セゾンポイントモール経由によって付与されるプラス分のポイントは永久ポイントとして貯まります。

さらに1,000円の利用で10マイル取得に加え優遇措置として永久不滅ポイントが2,000円で1ポイント貯まります。

例えば年間100万円の買い物をした場合
1,000円の利用で10マイル換算

10,000マイル
永久不滅ポイント2,000円で1ポイント

500ポイント

ポイントモールの利用

ポイントモールとはセゾンカードの運営する「永久不滅.com」を経由してネットショッピングすると、最大で30倍ものポイントが貯まるというものです。こちらではAmazonやYahooショッピング、楽天市場などの大手通販サイトを利用できるため、ネットで良く購入するという方はお得になっています。

豊富なポイント交換先

永久不滅ポイントで交換できる商品は豊富にあり、その数なんと300種類以上です。商品に変えなくとも月々の請求に200ポイント=900円として充てることができます。

また特にお勧めしたいのは「Amazonギフト券」への交換です。永久不滅ポイント200ポイントでギフト券1,000円分と交換でき、そのままAmazonで買い物できます。

セゾンプラチナビジネスアメックスの審査

まず押さえておきたいこととしてセゾンプラチナビジネスアメックスの申し込み可能な方は、学生・20歳未満の方以外。つまり社会人であり、電話連絡可能な方であれば誰でも申し込み資格があるということです。

他のプラチナカードでは基本のインビテーション制を敷いてないのが魅力的ですよね。では実際に審査の難易度はどうなのでしょうか。実は審査基準もそこまで高くなく、比較的手に入れやすいカードなのです。

またこれだけでも申し込みが殺到しそうなこのカードですが、発行可能日も最短で3営業日と、かなりコストパフォーマンスに優れたカードと言えます。

付帯保険について

国内・海外旅行における保険や、ショッピング安心保険についてご紹介します。

海外旅行保険

補償内容 補償金額(最高)
死亡・後遺障害 1億円
損害・疾病治療費用 300万円
賠償責任 5,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円
航空機寄託手荷物遅延費用 10万円
航空機遅延費用等 3万円

国内旅行保険

補償内容 補償金額(最高)
死亡・後遺障害 5,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円

ショッピング安心保険

・補償額:1回の事故上限及び年間の上限ともに300万円
・自己負担額:1回の事故あたりの自己負担額は0円(1万円未満の購入品は対象外)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 0.5%
年会費 20,000円(税別) 付帯保険 海外旅行傷害保険最高1億円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険年間最高300万円まで
ETCカード年会費 年会費無料 ETCカード発行手数料 無料

ここまでセゾンプラチナビジネスアメックスについて説明してきましたが、ここまで攻守ともにバランスの取れたカードはありません。本家のアメックスプラチナと比較してもそのサービスは引けを取らず、さすがはアメックスの名前を冠するだけあります。

プラチナカードを持ちたいけど審査が不安、年会費が高そうなど二の足を踏んでいる方も持てる可能性が大いにあるステータスカードと言えます。

ETCに関する最新情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す