初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

「ぶっちぎれ 技術の日産」新スローガンが決定!

矢沢永吉さんの「やっちゃえ 日産」で知られる日産のスローガンが新たに変わりました。新しいスローガンは、「ぶっちぎれ 技術の日産」。「さらに抜きん出た存在へ!もっと人生を面白くする会社へ!」という思いを「ぶっちぎれ」の言葉に込め、日産が掲げる日産が掲げる持続可能なモビリティ社会「ニッサン インテリジェント モビリティ」の実現に向けたメッセージになっています。

「やっちゃえ NISSAN」から「ぶっちぎれ 技術の日産」に

ぶっちぎれ 技術の日産

日産 スローガン

矢沢永吉さんの「やっちゃえ NISSAN」で知られている日産のスローガンが新たに変わることが公式発表されました。
新スローガン「ぶっちぎれ 技術の日産」のもと、新たなブランドキャンペーンが始まりました。
また、このブランドキャンペーンは、9月6日発表予定の新型リーフの登場に合わせ、日産が掲げる持続可能なモビリティ社会の実現を目的としたメッセージです。

日産の公式発表内容(プレスリリースより)

日産は、8月7日より、「ぶっちぎれ 技術の日産」のスローガンのもと、新たなブランドキャペーンを開始した。

日産は2015年、「やっちゃえ NISSAN」というメッセージとともに、電気自動車と自動運転によってもたらされる、持続可能なモビリティ社会の実現への挑戦を宣言したブランドキャンペーンを開始した。

「自分の信じる道に、勇気をもって踏み出そう」という投げかけでもあった“やっちゃえ”は、多くのユーザーから共感を得て、高く支持された。また、電気自動車や自動運転によって未来をつくりだす、という企業姿勢についても評価され、その結果、同キャンペーンは様々な広告大賞を受賞した。

翌2016年には、“やっちゃえ”を具現化した高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」や、電気自動車のまったく新しいカタチ「ノートe-POWER」などを市場投入。

日産は、世界中のユーザーに向けた、安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的とした「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの電動化、知能化に向けた技術開発により、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていきたいと考えている。

ぶっちぎれ 技術の日産×矢沢 宣言

日産新型ノートの詳しい最新情報についてはこちら

日産の新型車に関連するおすすめ記事はこちら

日産の技術に関連するおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す