初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【教習所では教えてくれない運転術】ハイドロプレーニング現象に勝つテクニックとは?

伝説のカービデオマガジン「ベストモータリング」が復刻!プロレーサーである中谷明彦さんに、日常でも使えるドラテクをじっくり解説してもらいました。今回のテーマはこの現象は「ハイドロプレーニング」。豪雨や台風などの荒天でスピードを出して運転していてハンドルやブレーキが効かなくなった場合、どうやって対処すればよいのでしょうか。

死なないための運転術:ハイドロプレーニング編

ベストモータリングが死なないための運転術をご紹介!

ハイドロプレーンニング01

©YouTube / Best MOTORing

Best MOTORing(ベストモータリング)にて「死なないための運転術」と題した企画がシリーズ化。

読者が実際に体験した危ないシチュエーションをヒアリングし、その対処法を紹介していきます。

ハイドロプレーニング現象について詳しくはこちら

どんなシチュエーション?

今回は、雨の日の高速道路で追い越し車線を走行していたという方を電話取材しました。

場所は豪雨の日の常磐高速道路。

ハイドロプレーンニング02

©YouTube / Best MOTORing

ハイドロプレーンニング03

©YouTube / Best MOTORing

120~130km/hで前のトラックを追い越そうと車線変更をしようとしたら、ハンドルが効かなくなりスリップしてガードレールに激突。
幸い後続車への巻き込み事故もなくドライバーは無事でしたが、大変危険な事故ですね。

中谷キャスターがシチュエーションを再現

ハイドロプレーンニング04

©YouTube / Best MOTORing

中谷キャスターにその時の状況を再現してもらいました。

ハイドロプレーンニング05

©YouTube / Best MOTORing

ハンドルを切ると車が軽くスピン!!

これが公道だったらと思うとゾッとしますね…

水深は15~20mm、80km/hでの走行でハンドルが効かなくなり車がスピンしました。
中谷キャスターは超冷静に対処していますが、これが自分の身に起きたらと考えると…

絶対パニックになってしまいます!

ハイドロプレーニング現象とは?

ハイドロプレーンニング06

©YouTube / Best MOTORing

ハイドロプレーニング現象とは濡れた路面をハイスピードで走行中に起きる現象で、水の圧力でタイヤが浮き上がってしまうことです。

前輪に水が当たった際にタイヤでうまく排水できないと、タイヤと地面の間に水の膜ができてしまいます。
ステアリング(ハンドル)操作やブレーキが効かなくなるため、車がスピンしてしまうこともある大変危険な状態です。

テクニックを知る前に自分の車について最低限の知識を持とう!

緊急事態に対処するためには「自分がどう操作したら車がどう動くか」を把握しておくことが大切です。
中谷キャスターと一緒に、自分の車はどうなのか考えてみましょう。

ハイドロプレーンニング07

©YouTube / Best MOTORing

駆動方式

前と後ろ、どちらのタイヤが動いているのかはつまり、前後どちらでブレーキが効くかということです。
駆動方式はハイドロプレーニング現象発生時だけでなく、雪の日の走行時にも重要となりますので、きちんと把握しておきましょう。

重さ

車の重さが重いほど、ハイドロプレーニング現象発生時には有利に働きます。
ハンドルの効き具合には、前後の重量配分なども重要な要素です。

タイヤの排水能力

自分の車が今どんなタイプのタイヤを履いているのかや、タイヤの溝はどれくらい残っているかも大切です。
タイヤの溝は走行中に水をうまく排水する役目があり、タイヤがすり減ってしまい溝が浅くなると排水性能も悪くなってしまいます。

路面状況(水が流れる方向性など)

自分の車が今どんなタイプのタイヤを履いているのかや、タイヤの溝はどれくらい残っているかも大切です。
タイヤの溝は走行中に水をうまく排水する役目があり、タイヤがすり減ってしまい溝が浅くなると排水性能も悪くなってしまいます。

【実践】やってはいけない危険操作編

では、一般ドライバーがやってしまいがちな「やってはいけない操作」を中谷キャスターに実践してもらいましょう。

続きは動画をご覧ください!
※やってはいけない操作の実践は、4:10から始まります。動画がご覧いただけない方は動画下部のダイジェストをご覧ください。

無理なハンドル操作はNG!

ハイドロプレーンニング08

©YouTube / Best MOTORing

ハイドロプレーニング現象が起きるとハンドルがいきなり軽くなり、どんなにハンドルを切っても車がその方向に曲がってくれません。

「あれ?」と思ってどんどんハンドルを切ってしまうと、水溜りを抜けた瞬間に切れ角の分だけ急に車が曲がってしまい、スピンしてしまいます。

びっくりしてブレーキを踏むのもNG!

ハイドロプレーンニング09

©YouTube / Best MOTORing

水の上に乗っている間は、ブレーキを踏んでも地面を踏みしめられないため、車の速度が落ちません。

ハンドルと同様「あれ?」と思ってブレーキを踏み続けてしまうと、水溜りを抜けた瞬間にいきなりブレーキが効き、車はコントロールを失ってしまいます。
ハンドルも同時に切ってしまっていると、車のバランスが大きく狂い、思わぬ方向に曲がったりスピンしたりと、大変危険です。

ゆっくりしたハンドル操作&ブレーキを踏まないことが大切

ハンドルやブレーキが効かないと感じた場合は、無理に操作しないことが大切。
車線変更や加速などは行わず、水溜りを越えるまで待つのがベストな選択です。

【実践】その他気をつけたいことは?

摩耗タイヤ、空気圧の低いタイヤ

ハイドロプレーンニング11

©YouTube / Best MOTORing

ハイドロプレーンニング12

©YouTube / Best MOTORing

タイヤの溝が少なくなっている、空気圧が低下している場合、排水能力が低下してしまいます。
高速道路を走る前は、タイヤの状態を確認しておきましょう。

過剰水圧

ハイドロプレーンニング13

©YouTube / Best MOTORing

過剰水圧とは、重たい車を追い越す際、その車がかき分けた水を一気に受けてしまうことを指します。
例えばトラックが前を走っている場合、トラックがかき分けた波が自分の車に当たり、より多くの水をタイヤで受けてしまうため、注意が必要です。

FF車(MT)はエンジンが停止しないように注意!

ハイドロプレーンニング14

©YouTube / Best MOTORing

FF車は前輪部が重いため、他の駆動方式に比べてハイドロプレーニングが起こりにくいです。
しかし、高速走行時にハイドロプレーニング現象が起きたとき、ブレーキを踏むとタイヤがスピンしてエンジンストール(停止)してしまうことがあります。

FF車の場合はエンジンが停止しないように注意し、万が一止まってしまったらクラッチを断続的に切ってエンジンを回復させてからアクセルを踏みましょう。

【実践】ハイドロプレーニングが起きたらやるべきことは?

では、次に中谷キャスターにハイドロプレーニング中の動作を実践してもらいましょう。

続きは動画をご覧ください!
※やるべき操作の実践は、9:28から始まります。動画がご覧いただけない方は動画下部のダイジェストをご覧ください。

中谷キャスターが4速で110km/hの速度で水溜りに侵入!

…スピンしない…だと…

何が起きたのでしょうか。
中谷キャスターが何をしていたのか、見ていきましょう。

ステアリングはまっすぐ

ハイドロプレーンニング15

©YouTube / Best MOTORing

アクセルを緩める

ハイドロプレーンニング16

©YouTube / Best MOTORing

ブレーキは踏まない

ハイドロプレーンニング17

©YouTube / Best MOTORing

ハイドロプレーニング現象が起きたら「なにもしないことをする」

ハイドロプレーンニング18

©YouTube / Best MOTORing

中谷キャスターの名言が全てを物語っていますね。

じっと待っていれば、やがて水の抵抗で車速が落ちます。
無理に自分で車を操作しようとしないことが大切ということですね。

パニックになってしまったら、中谷キャスターのありがたい声を思い浮かべましょう。

サーキットで雨が降ったときのテクニックは?

公道でのハイドロプレーニングの対処法をご紹介しましたが、レーサーは普段どのように対処しているのでしょうか。

ハイドロプレーンニング19

©YouTube / Best MOTORing

雨の日の富士スピードウェイのコーナー・300Rを想定してシミュレーションしてもらいました。

300Rはゆるやかな角度のハイスピードコーナー。
ヘアピンを抜けたマシンが加速しながら駆け抜けるため、普段であればスピード勝負になる場所です。
レーサー達は雨の日にはどんなテクニックで300Rを走っているのでしょうか。

晴れの日とは異なるライン取り

ハイドロプレーンニング20

©YouTube / Best MOTORing

中谷キャスターがマーキングしてくれた2つのラインは、大きく異なっています。
タイムを競うためのラインは「レコードライン」と呼ばれる、黒色のライン。
しかし雨の日は水溜りを避けるために赤色のラインで走るそうです。

中谷キャスター曰く、

「グリップのある外側のタイヤを水溜りに乗せない」
「川(水が流れているところ)の上でブレーキングをしない」

ようなライン取りが大切とのこと。
一瞬で適切なラインを見極める技は、やはりプロそのものですね。

スピードではなくコントロールを優先させる

ハイドロプレーンニング21

©YouTube / Best MOTORing

同じくレーサーの土屋圭市さんの走行動画からもわかるように、ぐんとスピードを落として走行していますね。

中谷キャスター曰く、

「制動にじっくり時間をかける」
「川の上ではステアリングを切らない、まっすぐ進む」

とのこと。

スピードが命のレーサーですらスピードをぐっと落として、ハイドロプレーニングによるスピン、クラッシュを避けています。
それほど、ハイドロプレーニング中の車はコントロールできず、危険な状態にあると言えるでしょう。

国産スポーツカー 耐ハイドロ性能チェック

ハイドロプレーンニング22

©YouTube / Best MOTORing

最後に、国産スポーツカーの耐ハイドロ性能を比較してみましょう。
今回は駆動方式や車重の異なる4車種を用意し、80km/hでのスラローム走行に挑戦しました。
※【】内は駆動方式を示しています

三菱 GTO【4WD】

ハイドロプレーンニング23

©YouTube / Best MOTORing

4WDのGTOは比較的重い車です。
重い車の方がハイドロ性能がいいため、60km/hまでスピードを落とせば制動できました。

マツダ RX-7【FR】

ハイドロプレーンニング25

©YouTube / Best MOTORing

FRは他の駆動方式に比べて前後の重量バランス配分がよいレイアウトです。

軽量化にこだわったRX-7は、GTOより400kg軽いスポーツカー。
排水性はいまいちですが、車体が軽いのでタイヤが太くてもスラロームはそこそこ制御できました。

トヨタ スープラ【FR】

ハイドロプレーンニング24

©YouTube / Best MOTORing

こちらはRX-7に比べて重いスープラ。
重いため排水性能はRX-7よりもよいはずですが、タイヤが太いためスラロームは苦手のようです。

ホンダ NSX-R【MR】

ハイドロプレーンニング26

©YouTube / Best MOTORing

ミッドシップレイアウトは車の中心に重いパーツを配置しているため、フロントが軽くなっています。
そのため、NSXはハイドロプレーニング現象が起きやすい車種と言えるでしょう。
リアが重いためスラロームも苦手で、制動がかなり難しいようでした。

この弱点はメーカーも把握しており、NSXにはオプションで排水性能が高いアクアトレッドタイヤも発売されました。

【結論】80km/hでは全車種がハイドロプレーニング状態に

公道でも80km/hは体感しやすい速度域です。
しかし、その速度でハイドロプレーニングが起きた場合、高性能なスポーツカーであっても制御できないことがわかりました。

おかしいな?と思ったら「やってはいけないことをしない」ことが大切

では、最後におさらいです!

ハイドロプレーニング現象が起き「いつもと違うな?」と感じても、
なにもしないことが大切!


車速を落とすことが最も安全な対処法ですので、水の抵抗で車速が落ちるのを待ちましょう。
無理なハンドル操作やブレーキは禁物です。

ハイドロプレーンニング27

©YouTube / Best MOTORing

今回は「ハイドロプレーニングが起きてしまったら」という視点で解説していただきましたが、ハイドロプレーニングが起きないようスピードを出しすぎないことが大切です。

雨の日の高速道路はスピードを落とし、車間距離を十分取って走行しましょう。
雨の日も安全運転を心がけてくださいね。

【YouTube】ベストモータリング公式チャンネル

ベストモータリング

©YouTube / Best MOTORing

Best MOTORing(ベストモータリング)は、
YouTube 自動車動画チャンネルでユーザー登録数 No1

スポーツカーを中心に、サーキットや峠でのバトルを多数公開しています!
あの「頭文字D」をオマージュしたシリーズ企画もあります。

毎週金曜・土曜 21時に更新しています!

ぜひ、チャンネル登録してご覧ください!

MOBYは、歴史ある「ベストモータリング」と共にクルマの楽しさを発信していきます。
今後の記事も、どうぞお楽しみに!

ベストモータリング名動画を紹介する記事はこちら