初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ダイハツ新型ムーヴ カスタム】8月1日マイナーチェンジ!標準モデルとの違いや価格など

8月1日にダイハツはマイナーチェンジされた、新型ムーヴ/新型ムーヴカスタム/軽福祉車両・新型ムーヴフロントシートリフトを発表しました。その中でも、今回は新型ムーヴカスタムに注目し、どのようなところが変更されたのか解説していきたいと思います。

ダイハツ新型ムーヴ カスタムモデルチェンジ【最新情報】

ダイハツ 新型 ムーヴカスタム 2017

新型ムーヴカスタムは、2017年8月1日に発売されました。今回は、新型ムーヴカスタムの他に、ベースモデルの新型ムーヴと軽福祉車両の新型ムーヴ フロントシートリフトの3車種が同時に発表され、2014年12月に発売された6代目モデルのマイナーチェンジになります。

ダイハツ新型ムーヴについての記事はこちら

ダイハツ新型ムーヴ カスタム マイナーチェンジの主な変更点まとめ

新型ムーヴカスタム 2017

新型ムーヴカスタムのマイナーチェンジにおける変更点は、安全装備に「スマートアシストⅢ」を搭載し、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用しています。

また、多灯薄型LEDヘッドランプや、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプなど装備しています。

さらに、新型ムーヴを中心に価格を見直し、購入しやすい価格へと設定しています。

ダイハツ新型ムーヴ カスタムの外装(エクステリア)デザイン

新型ムーヴカスタムの外観

ダイハツ 新型ムーヴカスタム

新型ムーヴカスタム 2017

ダイハツ 新型ムーヴカスタム

新型ムーヴカスタム 2017

旧型ムーヴカスタムの外観

2015年モデル ダイハツ ムーヴカスタム

2015年モデル ダイハツ ムーヴカスタム

2015年モデル ダイハツ ムーヴカスタム

2015年モデル ダイハツ ムーヴカスタム

旧型ムーヴカスタム(2015年モデル)と新型ムーヴカスタムを見比べると、いくつの変更があります。

まず、大きく目につくのが、ヘッドランプに多灯薄型LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能・LEDクリアランスランプ付)とフロントLEDイルミネーションランプの採用していることです。

2つ目に、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプ(クリアクリスタル/LEDストップランプ)に変更されています。

3つ目に、新意匠のメッキフロントグリルとフロントバンパー、さらにホイールも新しいデザインの15インチ、14インチアルミホイールのアルミホイールを採用しています。

これだけ変更していると、フルモデルチェンジされたかのように思えるほどに豪華な変更です。

バンパーとは

新型ムーヴ カスタムのカラーラインナップ

新型ムーブカスタム 4色 ファイアークォーツレッドメタリック ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック ディープブルークリスタルマイカ パールホワイトⅢ

左上:ファイアークォーツレッドメタリック
右上:ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック
左下:ディープブルークリスタルマイカ
右下:パールホワイトⅢ


左上:ブライトシルバーメタリック
右上:メテオライトグレーイリュージョナルパール
左下:ブラックマイカメタリック
右下:レーザーブルークリスタルシャイン【新色】

新型ムーヴカスタム 5色 左上:ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック 右上:ブラックマイカメタリック×ディープブルークリスタルマイカ 左側下:ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ 中央下:ブラックマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック 右側下:ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン

左上:ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック
右上:ブラックマイカメタリック×ディープブルークリスタルマイカ
左側下:ブラックマイカメタリック×パールホワイトⅢ
中央下:ブラックマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック
右側下:ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン【新色】

新型ムーヴカスタムのカラーラインナップは、以上の13色です。

こちらは、旧型に存在していたトニコオレンジメタリックとブラックマイカメタリック×トニコオレンジメタリックがなくなり、新たに、レーザーブルークリスタルシャインとブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャインが加わりました。

ダイハツ新型ムーヴ カスタムの内装(インテリア)デザイン

新型ムーヴカスタムのインパネ

新型ムーヴカスタム内装

新型ムーヴカスタムの前列シート

新型ムーヴカスタム内装

新型ムーヴカスタムの内装も、多くの箇所が変更されています。

まず、インパネガーニッシュとドアオーナメントパネルを新意匠し、ドアアームレストと、ドアトリム表皮の色・柄を変更しています。

そして、オーディオパネルの幅を左右10mmずつ縮小し、エアコンレジスターガーニッシュの色にプレミアムシャインブラックを設定しています。

シート表皮も変更され、ムーヴ カスタム RS“ハイパーSAⅢ”がレザー調×ファブリック、カスタム X “Limited SAⅢ”とムーヴ フロントシートリフト カスタム X がフルファブリックが採用されています。

ガーニッシュとは

ダイハツ新型ムーヴ カスタムのスペック

新型ムーヴカスタムのボディサイズ/車重/乗車定員

RS“ハイパーSAⅢ”X “Limited SAⅢ”
X
フロントシートリフト X“Limited SAⅢ”
全長3,3953,3953,395
全幅1,4751,4751,475
全高1,6301,6301,630
ホイールベース2,4552,4552,455
車両重量850(900)830(890)880
乗車定員
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 ( )内は4WD

新型ムーヴカスタムのパワートレイン

RS“ハイパーSAⅢ”X “Limited SAⅢ”
X
フロントシートリフト X“Limited SAⅢ”
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc
最高出力47[64]/6,40038[52]/6,800
最大トルク92[9.4]/3,20060[6.1]/5,200
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF、4WDFF、4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ムーヴカスタムの燃費

RS"ハイパーSA Ⅲ"X"Limited SA Ⅲ"X
JC08モード燃費27.4(25.6)31.0(27.6)31.0(27.6)
[単位]km/L ( )内は4WD

ダイハツ新型ムーヴ カスタムの安全装備

2017 ダイハツミライース装備スマートアシストⅢロゴ

新型ムーヴカスタムには、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストⅢ」がRS“ハイパーSA Ⅲ”、X“Limited SA Ⅲ”に標準装備されています。
また、パノラマモニターも新たに搭載しています。

スマートアシストⅢの機能

●衝突警報機能(対車両・対歩行者)

衝突警報機能作動時のイメージ図

ダイハツ新型 ムーヴカスタム 安全装備 スマートアシスト3 衝突警報機能(対車両・対歩行者)

走行中に前方の車両と歩行者をステレオカメラで車が認識し、下表の作動条件で衝突の危険性があると判断した場合にドライバーへ注意喚起します。

スマートアシストⅢ 衝突警報機能の作動条件
対車両約4~約100km/h走行時
対歩行者約4~約50km/h走行時

●衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
衝突回避支援ブレーキ機能は、衝突警報機能が作動しても、さらに危険性が高まった場合に、車が自動で緊急ブレーキで減速します。

このブレーキ操作も、「1,事前ブレーキ」「2,被害軽減ブレーキ」「3,緊急ブレーキ」の3段階で分けられており、事前ブレーキと被害軽減ブレーキはスマートアシストⅢで新たに装備された機能です。
旧型ムーヴカスタムに搭載されていたスマートアシストⅡよりも精度の高い作動条件で、しかも対歩行者でも作動することは大きな進化といえます。

1,事前ブレーキ
衝突の危険性が衝突警告機能作動からさらに高まったときに、下表の作動条件で弱いブレーキが作動します。

スマートアシストⅢ 事前ブレーキの作動条件
対車両約4~約80km/h走行時
対歩行者約4~約50km/h走行時

2,被害軽減ブレーキアシスト
事前ブレーキが作動し、ドライバーが反応してブレーキぺダルを踏み込むと、下表の作動条件でブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。

スマートアシストⅢ 被害軽減ブレーキアシストの作動条件
対車両約30~約80km/h走行時
対歩行者約30~約50km/h走行時

3,緊急ブレーキ
衝突が避けられないような非常が非常に高いとき、下表の作動条件で強いブレーキが作動して減速し、衝突の回避や被害の軽減をサポートします。

スマートアシストⅢ 緊急ブレーキの作動条件
対車両約4~約80km/h走行時
対歩行者約4~約50km/h走行時

●車線逸脱警報機能

車線逸脱警報機能作動時のイメージ図

ダイハツ 新型ムーヴカスタム 安全装置 スマートアシストⅢ 車線逸脱警報機能

高速道路や自動車専用道路など、時速約60キロで走行中にステレオカメラが車線を検知し、車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警告を発信し、車線逸脱回避操作を促します。

●誤発進抑制制御機能(前進)

誤発進抑制制御機能(前進)作動時のイメージ図

ダイハツ新型 ムーヴカスタム 安全装備 スマートアシスト3 誤発進抑制制御機能(前進)

駐車場などで車を駐車中、前方約4m以内に障害物等があることをステレオカメラが検知している時に、シフトノブをD(ドライブ)などの前進するポジションをにしたままブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。
時速約10キロ以下で走行中にも障害物を認識してくれるため、渋滞中などのブレーキペダル、アクセルペダルの踏み間違いでも有効なシステムです。

●誤発進抑制制御機能(後方)

誤発進抑制制御機能(後方)作動時のイメージ図

ダイハツ新型 ムーヴカスタム 安全装備 スマートアシスト3 誤発進抑制制御機能(後方)

駐車場に車をバッグで駐車している時など、後方約2~約3m先までに壁などの障害物等があることをソナーセンサーが検知している時に、シフトノブをR(後退)にしたままブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。
約10km/h以下で後進中でも、障害物を認識後、踏み間違い(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

●先行車発進お知らせ機能

先行車発進お知らせ機能作動時のイメージ図

ダイハツ新型 ムーヴカスタム 安全装備 スマートアシスト3 先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで、前方のクルマが発進した時にドライバーが気づかなかった場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

●オートハイビーム

オートハイビーム作動時のイメージ図

ダイハツ新型 ムーヴカスタム 安全装備 スマートアシスト3 オートハイビーム

時速25キロ以上でヘッドランプを点灯し夜間走行中、対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。
先行車や対向車などがいない時にはハイビームにし、遠くまで見通しを確保できるため、ドライバーの安心感を高めます。

パノラマモニターの機能

(参考)トールのパノラマモニター

ダイハツ トール パノラマモニター

パノラマモニターは、車に4箇所のカメラを設置することにより、車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映します。
パノラマモニターは、ディーラーオプションの純正ナビの装着が必要です。

スマートアシストについての記事はこちら

ダイハツ新型ムーヴ カスタムの新車価格やグレード構成

価格 お金 費用 税金 維持費

新型ムーヴカスタムのグレード構成

●RS"ハイパーSAⅢ"
新型ムーヴカスタムのターボエンジン搭載モデル

装備
・15インチアルミホイール
・インパネガーニッシュ(ディープマルーン[幾何学柄])
・ドアオーナメントパネル(ディープマルーン[幾何学柄])
・革巻インパネセンターシフト(シフト加飾、メッキシフトレバーボタン付)
・オーディオパネル(プレミアムシャインブラック)
・ドアアームレスト(プレミアムシャインブラック)

●X"Limited SA Ⅲ"
装備
・14インチアルミホイール
・インパネガーニッシュ(グロッシーブラッククロス)
・ドアオーナメントパネル(グロッシーブラッククロス)
・ウレタンインパネセンターシフト(メッキシフトレバーボタン付)
・オーディオパネル(プレミアムシャインブラック)
・ドアアームレスト(ブラック)

●X
装備
・14インチアルミホイール
・インパネガーニッシュ(グロッシーブラッククロス)
・ドアオーナメントパネル(グロッシーブラッククロス)
・ウレタンインパネセンターシフト(メッキシフトレバーボタン付)
・オーディオパネル(ブラック)
・ドアアームレスト(ブラック)

新車価格

新型ムーヴカスタム メーカー希望小売価格
RS"ハイパーSA Ⅲ" TURBO163万(175万)
X"Limited SA Ⅲ"149万(161万)
X137万(150万)
[単位]円(消費税込み)

ダイハツムーヴの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


燃費表示JC08モードについての説明記事はこちら

パワートレインの出力・トルクについての説明記事はこちら

ダイハツ ムーヴカスタムとは?

新型ムーヴカスタム

新型ムーヴカスタム 2017

ムーヴカスタムは、ダイハツが生産・販売する軽自動車であり、ムーヴのドレスアップモデルとして登場しました。
通常のムーヴよりもグリルやホイールにメッキやアルミを多用し、ヘッドランプ、テールランプ、バンパー、サイドスカーフなども通常のムーヴよりも特別なカスタムを施しているため、ムーヴカスタムは、ムーヴよりも若者向けの仕様といえるでしょう。

ダイハツ新型ムーヴ カスタムのライバル車は?(スズキワゴンRスティングレーに注目!)

左上:スズキ ワゴンRスティングレー、右上:スバル ステラカスタム、左下:三菱 ekカスタム、右下:ホンダ N-WGNカスタム

新型ムーヴカスタムのライバル車は、スズキ ワゴンRスティングレー、スバル ステラカスタム、三菱ekカスタム、ホンダ N-WGNカスタムの4台になると思います。
しかし、スバル ステラカスタムは、新型ムーヴカスタムのOEM車であるためライバルではなく兄弟車になるでしょう。
軽自動車購入をムーヴカスタムも含めた5台で選ぶとするなら、どの車もベースとなるモデルからカスタムアップされたモデルであるため、比べる基準に、走行性能や燃費もありますが、外観のカッコよさやカラーバリエーションを重視するでしょう。

ベーシックモデルのムーヴとライバル車の比較記事

新型ムーヴカスタムはマイナーチェンジでコストパフォーマンスアップ

新型ムーヴカスタム 2017

新型ムーヴカスタムについてを紹介していきましたが、いかがでしたか。
今回のマイナーチェンジで、新型ムーヴカスタムは値上げをせず、逆にベースモデルでは3万円の値下げをしたことでコストパフォーマンスは向上しています。
上で紹介したライバル車4台に負けない正当進化といえるでしょう。
新型ムーヴカスタムが、今よりさらに人気が高まることは間違いありません。

ダイハツ軽自動車の新型車・フルモデルチェンジについての情報はこちら

軽自動車ランキングはこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK