初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

強化クラッチとは?踏み込みが重いデメリットが?どんなメリットが?

チューニングカーのアキレス腱である強化クラッチ。確実な動力伝達と引き換えになる、重いクラッチはどうすることもできないのでしょうか?強化クラッチのメリット、デメリットを解説し、その対策をお伝えします。

強化クラッチとは?

コーナーを立ち上がり、車の挙動を確かめつつ、ここぞとばかりにアクセルを全開にする。
野獣のような咆哮を上げ、鋭く吹き上がるエンジン。
狂ったように跳ね上がるタコメーターの針。
なのに、なぜか車速はちっとも上がりません。

ボルトオンターボやタービン交換などをして大幅にパワーが上がった場合、クラッチが滑って回転数だけが上がってしまうことがあります。
そんなときに、強化クラッチへの交換が必要になります。
ノーマルを大幅に超える大パワーをトランスミッションに伝達し、タイヤへと伝え、推進力へと変えるために必要な強化クラッチ。

チューニングカーのアキレス腱である、強化クラッチのメリット・デメリットについて解説していきます。

クラッチの基本についてはこちら

寿命が短い?強化クラッチのデメリット

カッパーミックスという素材を使用したニスモのツインプレートクラッチ

純正よりも強い圧着力と、摩擦係数の高い材質を使うことにより、高いトルク伝達が可能になるのが強化クラッチの仕組みです。
大径のクラッチディスク一枚で伝達するシングルクラッチ。
また小径のクラッチディスクを重ねるツインプレート、トリプルプレートなどの種類があります。

強化クラッチに交換することで、ありあまるエンジンパワーを確実に伝達できるようになります。
しかし、そのメリットを享受するために、多くの犠牲を払わなければいけません。

クラッチペダルが重い

一番のデメリットはクラッチペダルが重くなることです。
ノーマルより強いバネの力で摩擦材を押しつけているので、クラッチを切るために、より大きな力でクラッチペダルを踏む必要があります。
頻繁にクラッチペダルを踏む市街地走行や渋滞は、苦痛以外の何物でもなくなるでしょう。

発進が難しくなる

ペダルの重さに加え、ディスクの摩擦計数が高く、さらにダンパースプリングがないものは半クラ領域が非常に狭くなり、発進がしずらくなります。
極端にいえば、クラッチが切れている状態か、つながっている状態しかなくなるので、繊細なクラッチとアクセルコントロールが必要になります。
慣れないうちは、エンストしないようにエンジン回転数を高めに保ってドンッと繋いだ方が良いようです。

半クラッチについては以下の記事を参考にしてください。

寿命が短い

強化クラッチとはいえ、基本的な構造は純正クラッチと大きな違いはないため、製品寿命としては極端に違うことはありません。
ただし、発進時に純正クラッチよりも負担がかかるということで、使用寿命は短くなる傾向にあります。
また、強化クラッチが必要ということは、スポーツ走行を多用するということであり、摩擦材表面の荒れや偏磨耗などによるジャダーの発生等が起きやすくなります。
その場合も、やはり使用寿命は短くなるでしょう。

ジャダーについては以下の記事を参考にしてください。

駆動系に負担がかかる

クラッチはトルク伝達以外に、駆動系を保護するヒューズとしての役割も持っています。
クラッチが滑ることで逃がしていたトルクは、クラッチの次に弱い部分への負担となります。
その結果、ミッション、デフが壊れたり、プロペラシャフトやドライブシャフトの折れの原因になります。

プロペラ・ドライブシャフトについては以下の記事を御覧ください。

操作系統にも負担がかかる

極端に重いクラッチでは、クラッチマスターシリンダーのシールが圧力を保持できずにオイル漏れや圧力漏れを起こし、クラッチの切れが悪くなる場合もあります。
また、クラッチペダル自体にも負荷がかかるため、長期の使用ではペダルのガタやヒビが入るなど、ペダルの取り付け剛性にも注意が必要です。

クラッチマスターシリンダーについては以下の記事を参考にしてください。

音も魅力?強化クラッチのメリット

クラッチを酷使するドリフト走行。それだけクラッチ性能が重要です。

BMW M3 ドリフト走行

デメリットだらけの強化クラッチですが、伝達トルクの向上以外にもメリットはあります。
摩擦係数の増加により、加速した瞬間の僅かなクラッチの滑りもなくなるため、ダイレクトな加速感を得られます。

リアタイヤのホイールスピンを正確にコントロールしなければいけないドリフト走行では、強化クラッチは必須のパーツです。
リアタイヤを滑らせながらのクラッチ操作には、強化クラッチ特有のダイレクトなトルク伝達が必要不可欠といえるでしょう。

また、ラグドライブ構造のクラッチ特有の「シャラシャラ」という音は、聴覚によるスポーティさを演出してくれます。

ドリフトについて詳しくはこちら

重すぎるクラッチはどうにかならないの?

重いクラッチペダルは我慢できないが、強化クラッチはどうしても必要。
そんな場合のクラッチペダルを、わずかながらも軽くする方法をご紹介します。

強化レリーズシリンダーへの交換

レリーズシリンダーとは、マスターシリンダーで発生させた油圧をクラッチ動作に変換するシリンダーです。
オペレーションシリンダーとも呼ばれます。
レリーズシリンダーを大径化した強化品に変えることで、クラッチペダルの踏力が軽減するとともに、クラッチを切るために必要なペダルのストロークが増えるため、半クラッチ領域が増えたように感じられます。
ただしクラッチ側ではストローク量が減っていますので、交換した際は調整が必要です。

強化クラッチホースへの交換

純正のゴムホースでは、強化クラッチを切る際に発生する、大きな油圧に耐えきれず、膨張してしまいます。
ステンメッシュで補強されたクラッチホースに交換することで、膨張によるペダル踏力の無駄を抑え、確実なクラッチコントロールが可能になります。

理想のクラッチはカーボン製?

F-1などの高性能車のブレーキとしても使われる、カーボン複合材製のクラッチが各メーカーから販売されるようになりました。

軽量かつ高強度と高い耐熱性を持つカーボン複合材製のクラッチは、高い摩擦力でトルク伝達力に優れる新素材です。
高い摩擦力のおかげで必要なペダル踏力も減らすことができます。
カーボンは低温時には摩擦力が低く、滑りが発生しやすいのですが、温度上昇とともに摩擦力が増加するという特性を持ちます。
また、他の材質のクラッチには真似できない圧倒的な低回転慣性は、エンジンレスポンスアップ、シフトフィーリングにも変化をもたらします。

扱い易さも純正並と、メリットだらけのカーボンクラッチですが、高い価格が唯一のデメリットです。

極端な強化は禁物

高速道路 渋滞

強化クラッチのデメリットばかりが挙がってしまいましたが、マニュアルトランスミッションの車が年々減る中でも、アフターメーカーの強化クラッチは、扱い易さと性能の両立を図り、改良が重ねられています。
それでも、やはり重い強化クラッチは辛いもの。
市街地走行や渋滞は地獄と化し、坂道発進は恐怖すら覚えてしまいます。

「どうせ交換するなら伝達トルクの高いもの」と安易な気持ちで選ぶと後悔することになります。
純正品から強化品のなかで、使用目的に合わせた最適なクラッチを選び出しましょう。

クラッチに関連する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す