初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【東京モーターショー2017】一般公開日前に見れる 2万枚限定の入場券を発売開始!

2017年8月1日に、東京ビッグサイトで開催する第45回東京モーターショー2017のプレビューデー入場券および前売入場券のオンライン販売を8月1日(火)より開始すると発表されました。

東京モーターショー2017

東京モーターショー2017 ロゴ

第45回東京モーターショー2017は、2017年10月27日(金)~11月5日(日)に、東京ビックサイトで開催されます。

2017年8月1日、運営者の一般社団法人日本自動車工業会 (JAMA)から、前売りチケットに関する最新情報は発表されました。

2万枚限定のプレビューデー入場券と前売入場券を8月1日から販売開始

一般社団法人 日本自動車工業会(会長:西川 廣人)は、東京ビッグサイトで開催する第45回東京モーターショー2017のプレビューデー入場券および前売入場券のオンライン販売を8月1日(火)より開始しました。

東京モーターショーオフィシャルWebサイト(www.tokyo-motorshow.com)より、一般公開前のプレビューデー(10月27日(金)12:30~)に入場可能な「プレビューデー入場券」>、東京モーターショーの人気プログラムである【自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー】参加券付きプレビューデー入場券のほか、一般公開日(10月28日(土)~11月5日(日))の前売入場券を購入することができます。

なお、9月21日(木)からは、鉄道会社、旅行会社、コンビニエンスストア等でも各種前売入場券の販売を開始します。
また、一般公開日については、障がい者手帳をお持ちの方は入場時に障がい者手帳を提示することで、ご本人と付添の方1名(車いすの場合は2名まで)が無料で入場できます。

今回の東京モーターショーでは、新たなシンボルイベントとして主催者テーマ展示「TOKYO CONNECTED LAB 2017」が開催されます。

約300人が一度に体験できる大きなドーム型映像空間(360度映像)で未来のモビリティ社会を俯瞰体験できる「インタラクティブ展示」、約30人が同じバーチャル空間で試乗体験できる「VR展示」、様々な業界のリーダーが将来のモビリティについて語る「トークイベント」など、将来のモビリティ社会がもたらす新しい価値や社会とのつながりを解りやすく体験できる、参加型プログラムが用意されています。

運営者は、『従来のモーターショーの枠を超え、「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマとする新たな東京モーターショーに是非ご期待ください。』と伝えています。

プレビューデー入場券と一般公開日の入場券

【10月27日(金)】プレビューデー入場券

◆プレビューデー入場券【限定2万枚】
 価格:3,500円(税込)
 有効日時:10/27(金) 12:30〜18:00
 販売期間:8/1(火)〜10/27(金)
      ※売り切れ次第終了
 取扱い先:オンライン先行発売

◆【自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー】参加券付き入場券
(150枚限定)

 価格:4,000円(税込)
 有効日時:10/27(金) 12:30〜18:00
 ガイドツアー
  1回目:12:30~14:30 (75名)
  2回目:15:00~17:00 (75名)
 販売期間:8/1(火)〜10/27(金)
      ※売り切れ次第終了
 取扱い先:オンラインetixのみ

【一般公開日:10月28日(土)~11月5日(日)】前売り入場券

◆オンライン先行販売
・価格(税込)
 一般 1,600円
 高校生 500円
・販売期間
 8月 1日(火)~10月27日(金)

通常販売
・価格(税込)
 一般 1,600円
 高校生 500円
・販売期間
 9月21日(木)~10月27日(金)

関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す