初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ カローラ裏情報!実燃費や悪い口コミと評判、値引き目標額は?

トヨタのみならず日本を代表するセダン車、カローラ。世界戦略車として海外向けに大型化してきたために、国内では専用車種カローラアクシオが販売されています。本稿では、国内者であるカローラアクシオにスポットライトを当てて紹介します。欠点がないように見える車ですが、やはりそれなりに悪いと感じることもあるようです。また、実燃費や価格などの情報もまとめました。

日本を代表するセダン「トヨタ カローラアクシオ」

トヨタ カローラ アクシオ

トヨタ カローラ アクシオ

カローラは1966年の登場以来、長年にわたってトヨタのみならず、日本車を代表する存在を担ってきた車で、11代目を数えています。
他の車種に取って変わられて久しくはなりますが、30年以上に国内販売台数1位の座を維持してきたこの記録はおそらく破られることはないのではないでしょうか。
結果、海外でも成功し、近年はグローバルカーとしての側面を強めています。
海外でのニーズに応えるために車体は大型化し、10代目以降のセダンは国内専用車種として5ナンバー枠のボディサイズに収めたカローラアクシオが登場しました。
そのため、単なる「カローラ」という車種は、現在では海外専用モデルを指すようにな っている状況です。
また、それだけの長い歴史と安定したブランドのため、カローラの名を冠した派生車種も多くあります。
国内でのカローラシリーズでカローラアクシオと比較的近い存在がステーションワゴン版のカローラフィールダーです。
ここでは2017年現在、基本となるカローラアクシオを中心に見ていきます。

トヨタのセダンに関連するおすすめ記事はこちら

トヨタ カローラアクシオの歴代モデル

初代(2006~2012年)

トヨタ カローラ

カローラとしては通算10代目にあたるカローラアクシオ初代は2006年に初登場しました。
ここから海外でのカローラは大型化していて、国内ステーションワゴンのカローラフィールダーが先行して開発されて、これをベースとしているために、カローラフィールダーのセダン版とも言えるかもしれません。
デザインはいかにもカローラといった感じの落ち着いた雰囲 気のオーソドックスなセダンです。
また、エンジンラインナップもガソリンエンジンのみとなっています。

2代目(2012年~)

2代目後期カローラアクシオ

現在販売されているものがカローラとしては通算11代目のモデルです。
先代よりも小型・軽量化を目指し、ヴィッツ系のプラットフォームを使用していて、ボディも思い切って全長を少し短くするなど、カローラ本来のコンパクトなセダンというコンセプトを明確にしました。
一方、海外向け11代目カローラはさらに大型化しており、まったく別物と言っても良さそうです。
デザインも最近のトヨタ車に倣ってキーンルックを採用し、スポーティなイメージが強くなりました。
また、このモデルから待望のハイブリッドモデルが登場しています。

カローラフィールダーに関連するおすすめ記事はこちら

トヨタ カローラアクシオの欠点は大きな欠点がないところ?

口コミ 評判

カローラは非常に良く出来た車であります。最大公約数を狙ったかのような戦略がなければ、これほど長い間支持されては来なかったのではないでしょうか。
そのため、突出して大きな欠点を感じるところは見られませんが、感じ方は人それぞれなようで様々な意見が出ています。
居住性や乗り心地、走行性などはもちろんのこと、思い切って若返ったかのような最新型のデザインも、人によっては前の方が落ち着いていて良いなどの評価も見られました。

カローラの悪い点などの口コミ

【乗り心地】決して悪くはありません。しかし、ある程度、エンジン音やロードノイズなどの覚悟が必要です。

出典:http://review.kakaku.com/

1.5Lエンジンにしては少しパワー不足です。4人乗せて高 速を400キロ程走りましたが、少し加速が鈍い。踏み込めば加速はしますが、直ぐにエンジンの回転を上げて走る為、余裕がある走りは出来ません。もう少しパワーがあるとしっとりした加速が出来るんじゃないのかなと思います。

出典:http://review.kakaku.com/

このカローラも例に漏れずキーンルックデザインですが、あんまり好きなデザインではないです。
モデルチェンジ前の方が好み。

出典:http://review.kakaku.com/

シートは余計なカラクリが無い所為か座面が十分長く、これだけでも有り難かったです。
しかし臀部の落着き具合が今一つで、長距離では疲労の原因になりそうでしたので、あまり良いシートとは思えませんでした。

出典:http://review.kakaku.com/

トヨタ カローラアクシオの実燃費についての口コミ・評価は?

燃費 ガソリン代

出典:©everystockphoto.com/ Images_of_Money

カローラアクシオ・ハイブリッド車カローラアクシオ・ガソリン車
JC08モード燃費33.816.4~20.6
実燃費20~2413~20
[単位]km/L

ハイブリッド車の方は実燃費でも20km/hは超えているようですし、ガソリン車も20km/hに迫るというコンパクトカー並に健闘しています。
小型とは言え、セダンとしては良い方ではないでしょうか。

カローラ・ガソリン車の実燃費は?

満タン法で16.76km/Lでした。普通のガソリン車でこれくらいなら十分でしょう。
アクセルの踏み量は8~10割くらい。結構ベタ踏みしてました。

出典:http://review.kakaku.com/

低燃費思考な運転は全くしていませんでしたが、それでも燃費は18Km/L。
1.5L車の割に優秀でしょう。
※高速道路の走行が8割程。

出典:http://review.kakaku.com/

トヨタ カローラ・ハイブリッド車の実燃費は?

レンタカーなので正確ではありませんが20km超えてました。正直これにはびっくり。ガソリン代が安くすみました。

出典:http://review.kakaku.com/

トヨタ カローラアクシオの値引き目標額は?

値引き 商談 交渉 のイメージ画像
新車価格
カローラアクシオ・ハイブリッド車203~240万
カローラアクシオ・ガソリン車144~213万
[単位]円(消費税込み)

もともと高価格帯の車ではないため、車両本体で20万円程度、オプション分とし3~4万円相当の値引きが目標となりそうですね。

トヨタ カローラアクシオが長寿なのはそれなりの理由あり!

初代カローラ

初代 トヨタ カローラ 1968年

カローラが長年の維持してきた販売台数1位のポジションを明け渡してしまったのは、2000年前後からのコンパクトカーの台頭とセダンの人気低迷にもあります。
そして、ハイブリッド車のプリウスの登場も大きく影響しています。
しかし、ハイブリッドモデルの登場や、ボディのコンパクト化などで奮闘し、カローラとしてのブランドを維持しています。
質感や走行性などはあくまでも「普通」として、あまり車に多くを求めずに付き合っていきたい人には良い車になるのではないでしょうか。
カローラは現在、国産乗用車でとして は一番の長寿モデルです。
これからも時代の求めるニーズに合わせて進化し続けていってほしいですね。

トヨタ・カローラに関連するおすすめ記事はこちら

トヨタのセダンに関連するおすすめ記事はこちら

セダンに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す