MOBY

マツダの”CX-3″を買うならベストグレードは「XDツーリング」がオススメな理由まとめ

2015年2月に発売された、マツダの都市型コンパクトSUV「CX3」。 スポーティでスタイリッシュなデザインが好評で、 発売1ヵ月の受注台数は、1万台を突破し、その後も順調な売れ行きをみせています。 そんな、マツダの「 CX3」」にはいったいどんなグレードがあるのでしょうか? 今回は「CX3」のグレードの種類とベストグレードを紹介します!

マツダのコンパクトSUV「CX3」

mazda-cx3

出典:http://gqjapan.jp/

2015年2月に発売された、マツダの都市型コンパクトSUV「CX3」。
クリーンディーゼル車で、走りと環境性能両立させるのはもちろんのこと、そのスタイリッシュなデザインが、人気を博しています。

SUVというと、アウトドアなイメージが強いと思いますが、「ロードスターはより官能的で、CX-3はよりインテリジェント」であることを掲げただけあって、艶っぽい佇まいが都市のなかにあっても、しっくりとなじむデザインです。

そんな「CX3」ですが、どんなグレードがあるのでしょうか?

ベースグレードの「XD」

マツダCX−3

出典:http://www.mazda.co.jp/

マツダCX−3

出典:http://www.mazda.co.jp/

まずはベースグレードの「XD」。
大きく異なるのは安全機能で、XDの場合で標準装備されるのは、スマート・シティ・ブレーキサポートという前進時のみの誤発信による衝突回避機能になります。

価格は2,376,000円(2WD,AT)からで、エンジンは1.5Lのディーゼルエンジンですべてのグレードで同じになります。
また、ATだと燃費は23.0km/Lでこちらもすべてのグレードで共通になります。

ミドルグレード「XD Touring」

マツダCX−3

出典:http://www.mazda.co.jp/

マツダCX−3

出典:http://www.mazda.co.jp/

「XD」に対して、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)といって、隣の車線や後ろから接近する車を検知すると、サインや警告音を発してくれる危機察知機能や、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)とい って、走行状況に応じてヘッドランプの配光を最適にコントロールしてくれる機能が付いているのが、「 XD Touring」になります。

それ以外にもヘッドライトがLEDとなっていたり、タイヤが18インチアルミ(XDの場合は16インチアルミ)とベースグレードのXDと比べると、かなり標準装備が充実しています。

価格は2,592,000円(2WD,AT)からで、XDと比べると、20万円ほど高くなりますが、標準装備にかなりの違いがあるので、この価格差であれば、「XD Touring」の方が断然オススメです。

最上級モデル「XD Touring L Package」

マツダCX−3

出典:http://www.mazda.co.jp/

マツダCX−3

出典:http://www.mazda.co.jp/

最上級モデルが「XD Touring L Package」です。
「XD Touring 」との違いはLEDフォグランプおよび、車線逸脱警告システム、衝突の危険を察知すると自動的にブレーキがかかるスマートブレーキサポートが標準装備されていることです。

価格は
2808,000円(2WD,AT)からとなります。


「CX3」のベストグレードとは?

マツダCX−3

出典:http://www.mazda.co.jp/

以上を踏まえると、「 XD」と「XD Touring」の間には標準装備にかなり違いがあることがわかります。

「XD Touring」と「XD Touring L Package」に関しては、「XD Touring L Package」の方が確かに装備的に至れりつくせりですが、「XD Touring」で足りてないかというと、そこまでのアシストが必要でなければ、「XD Touring」で十分であると言えるでしょう。

ズバリ、ベストグレードは「XD Touring」です!

ちなみに、ディーゼルエンジンのノック音を抑制する 「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を新開発し、すべてのグレードにも採用されていますので、これを機会に是非クリーンディーゼルの快適さを体験してみてくださいね。

CX-3の主な魅力ポイントをまとめてある記事です。

マツダCX-3といえばクリーンディーゼルですよね!