初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

エクストレイルハイブリッドとCX-5のクリーンディーゼルモデルを実燃費&エンジン性能&評判で徹底比較!

日産 エクストレイルとマツダ CX-5を徹底比較!この記事では、人気のクロスオーバーSUVであるエクストレイルハイブリッドとCX-5のクリーンディーゼルモデルを、実燃費やエンジン性能、ユーザーからの評判で徹底比較しています。あなたなら、ハイブリッドとクリーンディーゼルのどちらを選びますか?

日産 エクストレイルとはどんな車?

現行型 3代目 エクストレイル

日産 新型 エクストレイル 2017

エクストレイルとは、日産自動車が2000年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
現行型のエクストレイルは3代目で、2013年に発売されました。
日産の主力車種にして世界戦略車でもあるエクストレイルは、世界的にも高い人気があり、中国や欧州、北米市場において好調な売り上げを見せています。

パワートレインには、2.0L 直列4気筒のガソリンエンジンと、それをベースにしたハイブリッドエンジンが用意されています。
トランスミッションCVTで、駆動方式はFFと4WDです。
安全装備としては、エマージェンシーブレーキやアラウンドビューモニター、後側方車両検知警報といった先進安全装備が搭載されるほか、2017年6月のビッグマイナーチェンジによって、高速道路の単一車線上における半自動運転システム「プロパイロット」が追加されています。

現行型エクストレイルの価格・スペック

日産 エクストレイルの価格
ハイブリッド車259万~290万
ガソリン車220万~283万
[単位]円(消費税込み)
全長全幅全高
4,6901,8201,730-1,740
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7051,450-1,6405-7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

日産 エクストレイルとプロパイロットについての記事はこちら!

マツダ CX-5とはどんな車?

現行型 2代目 CX-5

マツダ CX-5 2016年 新型

CX-5とは、マツダが2012年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
高い環境性能と動力性能を発揮し、コストパフォーマンスにも優れたCX-5は、2017年の2月に初のフルモデルチェンジを行い、2代目となりました。

現行型CX-5のパワートレインには、2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンと2.5Lの直列4気筒ガソリンエンジン、そして2.2Lの直列4気筒ディーゼルターボエンジンが用意されています。
駆動方式はFFと4WDで、トランスミッションは6速ATの設定です。
CX-5に搭載されるクリーンディーゼルは、マツダの次世代技術「スカイアクティブテクノロジー」に基づいて開発されており、ハイブリッド車にも迫る高い燃費性能を発揮します。

現行型CX-5の価格・スペック

マツダ CX-5の価格
クリーンディーゼル車278万~353万
ガソリン車246万~321万
[単位]円(消費税込み)
全長全幅全高
4,5451,8401,690
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7001,510-1,6905
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

マツダ CX-5とスカイアクティブテクノロジーについての記事はこちら!

エクストレイルとCX-5の実燃費を比較!ハイブリッドとクリーンディーゼルはどちらが低燃費?

燃費

エクストレイルハイブリッドとCX-5クリーンディーゼルのカタログ燃費・実燃費

エクストレイルハイブリッドCX-5クリーンディーゼル
JC08モード燃費20.0~20.817.2~18.0
実燃費15.017.0
[単位]km/L

エクストレイルハイブリッドとCX-5のクリーンディーゼルモデルの燃費性能を比較すると、カタログ燃費ではエクストレイルが勝っていますが、実燃費ではCX-5が勝る上にカタログ値との差もほとんどありません。
さらにクリーンディーゼルは燃料も軽油なので、エクストレイルハイブリッドよりもCX-5のクリーンディーゼルモデルの方が経済的だと言えるでしょう。

エクストレイルとCX-5のエンジン性能を比較!ハイブリッドとクリーンディーゼルではどちらがハイパワー?

CX-5のクリーンディーゼルエンジン

マツダ CX-5 新型 2016年 エンジン SKYACTIV-D2.2

エクストレイルハイブリッドとCX-5クリーンディーゼルのエンジンスペック

エクストレイルハイブリッドCX-5クリーンディーゼル
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒ディーゼルターボ
排気量2.0L2.2L
最高出力108[147]/6,000129[175]/4,500
最大トルク207[21.1]/4,400420[42.8]/2,000
モーター最高出力30[41]-
最大トルク160[16.3]-
トランスミッションCVT6速AT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラー軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エクストレイルハイブリッドとCX-5のクリーンディーゼルモデルのエンジン性能を比較すると、モーターも合わせた最高出力ではエクストレイルが勝ります。
しかし、最大トルクとなると、ディーゼルエンジンであるCX-5の方が上です。
どちらも加速性能に優れたパワートレインを搭載していますが、エクストレイルはモーターアシストによるスムーズな加速、CX-5は太いトルクによる力強い加速を得意としているので、乗り味は大きく異なっています。

エクストレイルとCX-5の評判を比較!ハイブリッドとクリーンディーゼルではどちらが好評?

口コミ 評判

エクストレイルハイブリッドとCX-5のクリーンディーゼルモデルは、どちらも加速性能がユーザーから高く評価されています。

エクストレイルハイブリッドの評判

モーターがアシストするのでエンジン単体の力はわかりませんが
力不足を感じたことはありません。
高速の合流や追い越しでアクセルを踏み込んだ時の加速は強力ですね。
ちなみにゼロスタートから100Km/hまでは7秒ほどらしいです。

出典:http://review.kakaku.com/

高速でのモータアシストはいいです。無駄にエンジンが頑張りません。ただ、単純な加速はフォレスター、CX-5の方がよかったかな?
あと、街乗りではぎこちない感じがします。

出典:http://review.kakaku.com/

同価格帯CX-5(試乗済)やハリアーと比べても戦える車です。

出典:http://review.kakaku.com/

CX-5クリーンディーゼルモデルの評判

このディーゼルのトルクフルな走りはやっぱりいいですね。車体もきちんと追いついてくるし。

出典:http://review.kakaku.com/

走りに関してはやはりディーゼルなので、出足は若干鈍いところがありますが、
30kmくらいからのトルク感はすごいです。
CVTではなく6速ATも相まって加速感はかなりのもので、重いボディを物ともせず
って感じで加速していきます。
特に坂道なんかは全然ストレスなく登って行くのでちょっと驚きです。
高速でも80kmから120kmくらいまでもすごいレスポンス良く加速するんで
運転も楽でいいです。

出典:http://review.kakaku.com/

ディーゼル車は初めてですが、「車はトルクで走る」という意味がよくわかりました。とても扱いやすく、ガソリン車と比べても音も気になりません。

出典:http://review.kakaku.com/

エクストレイルハイブリッドとCX-5のクリーンディーゼル あなたはどちらを選ぶ?

日産 新型 エクストレイル 2017 マイナーチェンジ

エクストレイルハイブリッドとCX-5のクリーンディーゼルモデルの実燃費やエンジン性能、評判についての比較はいかがでしたか?

両車にはそれぞれ長所もあれば短所もあるので、その優劣を一概に決めることはできません。
どちらかを選んで購入する際には、両車に試乗して乗り味を確かめたうえで、用途や予算、好みに合致した方を選ぶようにしましょう。

SUVランキングはこちら

SUVの比較記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す