MOBY

必見!ホンダの「ステップワゴン」を買うならベストグレードはどれ?

1996年に初代が発売されてから、約20年に渡って愛される、ワゴンの代名詞とも言える、「ステップワゴン」。 空間を十分に生かした広々とした室内空間はお出かけにぴったりで家族を中心に安定した人気を誇っています。 そのステップワゴンが2015年4月に5代目が発売になりました。 そこで今回はステップワゴンとそのグレードに関して、どのような違いがあるのか紹介したいと思います。

新しくなったホンダ、ステップワゴン

出典:http://www.goo-net.com/

5代目となる、ホンダ、「ステップワゴン」。
新型は旧型に比べて、後ろのドアがタテはもちろんヨコにも開く、「わくわくゲート」が採用され、家族にとっては嬉しい進化。

また、衝突回避のための支援機能もついて、安心安全にも力をいれましたよ!
3列目シートの足場も広くなり、ますます居心地が良くなったという噂。
そんなステップワゴンですが、どんなグレードがあるのでしょうか?

ステップワゴンに関して、全て詳しくまとまっている記事はこちらです!

ステップワゴンは「 STER WGN」と「STEP WGN SPADA」の2ライン

出典:http://www.honda.co.jp/

まず、ステップワゴンには、通常の「STEP WGN」と「STEP WGN SPADA」の2ラインがあります。
(写真左がSPADA,右が通常STEP WGN)

いったい何が違うの?ということになると、大きな違いは「見た目」です。SPADAの方は、専用のアルミホイールタイヤやエアロパーツが搭載され、
内装も黒を貴重にして、ボディからもパープル、ブラックを中心に構成。

精悍な雰囲気が特徴です。

それに比べて、通常のステップワゴンは内装もアイボリーやブラウンなどの優しい印象で、ボディカラーもミルクパールやホワイトパールなどを中心に構成され、落ち着いた雰囲気です。

通常ステップワゴンの価格が、2,288,000円からなのに対して、SPADAが2,725,000円からと、40万の違いがあるのを考えると、どうしても、カッコイイ方がいい!という方以外は通常のSTEP WGNの方が良いかもしれません。

というのも、走行性能には違いはなく、むしろ通常STEP WGNの方が燃費もいいんです。

それを踏まえて上で、STEP WGNの方のグレードの違いを見ていきたいと思います。

エントリーモデル「B」

まずは基本装備のエントリーモデル「B」。
全てのモデルで安全機能はついていますし、全てのモデルで1.5リットルターボなため、走行性能には違いはありません。

ただ、「B」ではわくわくゲートがついていません。
せっかく、便利になったのに、それだとちょっと残念ですね。

また、それ以外のモデルがパワースライドドアが標準整備なのに対し、「B」ではメーカーオプションになっています。

そのため、価格をどうしても抑えたいという方以外は次の「G」グレードの方が良いかもしれません。

価格:2,288,000円〜
燃費:17.0km/L(FFの場合)

わくわくゲートを採用して快適モデル「 G」

基本整備に対して、わくわくゲートが採用され、パワースライドドアも標準装備されたモデルが「G」になります。

また、おやつタイムにも活躍する、コンビニフック付のテーブル、シートバックテーブル(運転席/助手席)もついて、長時間でも快適に過ごせるツールが付いています。

さらに、アクセル操作なしで、定速走行を実現する「クルーズコントロール」機能もついています。

価格:2,480,000円〜
燃費:17.0km/L(FFの場合)

価格も「B」グレードと比べて20万ほどの違いのため、この差だと、「G」グレードが断然おすすめです。

インテリアと快適さにこだわった上級モデル「G・EX」

出典:http://www.honda.co.jp/

上級モデル「 G・EX」。
Gとの大きな違いは、シートヒーターがあるかどうかです。
装備上でそれ以外の大きな違いはありません。

価格が2,588,000円からなので、10万の違いならこっちがいいのでは?
と思いますが、G・EXの場合は燃費が16.2km/Lと、Gよりも落ちてしまいます。

ベストグレードは「G」!

以上を踏まえると、ほぼほぼ装備がそろっていて、燃費もいい「G」グレードがベストグレードといえます。
せっかく追加された「わくわくゲート」は外せませんよね。
上級モデルと比べても走行性能にも違いはなく、「G」グレードで十分快適に過ごせますよ!

家族みんなでワゴンに乗って出掛けよう!


関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す