初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

燃費の良いSUV車種比較ランキングTOP10|一番燃費の悪い車種は?【2017年版】

近年のSUVは、高いスポーツ性、居住性、さらに燃費性能を求められる時代です。 今回は、そんなSUVの燃費性能について確認する意味も込め、燃費の良いSUV車をランキング比較として紹介していきます。 逆に、一番燃費の悪いSUVとはどんな車種なのかも最後に発表したいと思います。

燃費の良いSUV車種比較ランキング【総合TOP10】

トヨタ C-HR

順位モデル名エンジン種別燃費
1トヨタ C-HRハイブリッド30.4km/L
2ホンダ ヴェゼルハイブリッド27.0km/L
3マツダ CX-3ディーゼル25.0km/L
4トヨタ ハリアーハイブリッド21.4km/L
5タイレクサス NXハイブリッド20.6km/L
5タイホンダ ヴェゼルガソリン20.6km/L
5タイ日産 エクストレイルハイブリッド20.6km/L
8スバル XVハイブリッド20.4km/L
9レクサス RXハイブリッド18.8km/L
10マツダ CX-5ディーゼル18.6km/L
*燃費はJC08モード燃費表記

2017年のSUV車種燃費ランキングは上記のようになりました。
このランキングはガソリンモデル、ディーゼルモデルを含めた総合順位で、それぞれ分けた使用燃料別ランキングも後ほどご紹介します。

第1位に輝いたトヨタ C-HRは、2017年の販売台数でも第1位となっており、この低燃費は少なくとも高い人気に表れているでしょう。
第2位のホンダ ヴェゼルはC-HRが登場するまではトップの座にいましたが、人気でも燃費性能でも敗れてしまいました。

それでは、TOP10の車種について一つずつ見ていきましょう。
*表掲載の実燃費は編集部調べ。
*各車の燃費性能はそれぞれ最も性能が高いグレードの数値

【第1位】トヨタ C-HR ハイブリッドS(30.4m/L)

トヨタ C-HR ハイブリッドS

トヨタ C-HRは、ハイブリッドカー燃費ランキング第10位でも紹介しました。
トヨタ C-HRは2016年に発売されたばかりの、トヨタの新しいクロスオーバーSUVです。
優秀な燃費性能やスタイリッシュなデザインが高い人気を呼び、2017年4月の新車販売台数でSUV初の首位を獲得しました。

トヨタ C-HRについてさらに詳しく知りたい方は、以下に紹介する記事を参考にしてみてください。

JC08モード燃費30.4
実燃費17.0~25.4
[単位]km/L

【第2位】ホンダ ヴェゼル HYBRID (27.0km/L)

ホンダ ヴェゼル HYBRID

ホンダ ヴェゼルは、「クーペ・ミニバン・SUVの融合」というコンセプトの元開発されたコンパクトクラスのクロスオーバーSUVです。
トヨタ C-HRにその座を奪われるまでは人気No.1のコンパクトクラスのクロスオーバーSUVでした。
主要な海外市場では「HR-C」の名前で販売されています。

ホンダ ヴェゼルについてさらに詳しく知りたい方は、以下に紹介する記事のを参考にしてみてください。

JC08モード燃費27.0
実燃費14.5~21.7
[単位]km/L

【第3位】マツダ CX-3 XD(25.0km/L)

マツダ CX-3 XD

マツダ CX-3は、当初はクリーンディーゼル専用モデルとして、マツダの「SKYACTIV-D」を搭載したコンパクトSUVです。
今年の6月28日のマイナーチェンジでは、ガソリンタイプの「SKYACYIV-G」を搭載したモデルが発売されました。

下記の記事で、今回のマイナーチェンジについて詳しく解説しています。

JC08モード燃費25.0
実燃費14.6~21.9
[単位]km/L

【第4位】トヨタ ハリアー PREMIUM (21.4km/L)

トヨタ ハリアー PREMIUM

トヨタ ハリアーは、高い走行性能と高級感を組み合わせた「ラグジュアリーSUV」というジャンルを初めて確立したクロスオーバーSUVです。
レクサス RXはハリアーの兄弟車で、海外で活躍しています。

トヨタ ハリアーについて詳しく知りたい方は、以下に紹介する記事をご覧ください。

JC08モード燃費21.4
実燃費12.0~18.0
[単位]km/L

【第5位タイ】 レクサス NX (20.6km/L)

レクサス NX

レクサス NXは、レクサスブランドの中型クロスオーバーSUVです。
RX同様、こちらのNXもトヨタ ハリアーの兄弟車で、今年秋季に予定されるNXのマイナーチェンジは、ハリアーの6月のマイナーチェンジと同様になると予想されます。

レクサス NXのマイナーチェンジに関する詳しい情報については、以下の記事で詳しく解説ています。

JC08モード燃費20.6
実燃費11.4~17.0
[単位]km/L

【第5位タイ】ホンダ ヴェゼル X(20.6km/L)

ホンダ ヴェゼル X

第2位でも紹介したホンダ ヴェゼルのガソリンモデルが5位タイに再びランクインしました。

ホンダ ヴェゼルについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にして見てください。

JC08モード燃費20.6
実燃費11.4~17.2
[単位]km/L

【第7位】 日産 エクストレイル 20X HYBRID(20.6km/L)

日産 エクストレイル 20X HYBRID

日産 エクストレイルは、2000年に登場した日産のクロスオーバーSUVです。
エクストレイルは、2001年から2010年までの10年間、国内のクロスオーバーSUV販売台数について、連続で第1位を獲得し続けました。

日産 新型エクストレイルの最新情報を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

JC08モード燃費20.6
実燃費10.8~16.2
[単位]km/L

【第8位】スバル XV ハイブリッド(20.4km/L)

スバル XV ハイブリッド

スバル XVは、スバル インプレッサから派生したクロスオーバーSUVです。
今年5月に発売された新型XVには、スバルの新プラットフォーム「SGP」が採用されました。
発売開始前から先行予約が始まっていましたが、新型XVは予想以上に高い人気を集め、納期・納車がすでに3ヶ月待ちとなっていました。

新型スバル XVについて詳しく知りたい方は、以下のリンク先の記事をご覧になってみてください。

JC08モード燃費20.4
実燃費12.4~18.6
[単位]km/L

【第9位】レクサス RX(18.8km/L)

レクサス RX

レクサス RXは、元はトヨタ ハリアーの別名として海外用モデルで販売され、現在は別系統として位置づけられているSUVです。
2015年に、現行モデルとなる4代目RXが発売されました。
現行型レクサス RXにはハイブリッドモデルとガソリンモデルが用意されています。

レクサス RXの評価について知りたい方は、以下のリンク先の記事をご覧になってみてください。

JC08モード燃費18.8
実燃費9.7~14.5
[単位]km/L

【第10位】マツダ CX-5 XD(18.6km/L)

マツダ CX-5 XD

第10位にはCX-5のディーゼルエンジン搭載モデルがランクインしました。

マツダ CX-5は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を初めて全面採用したクロスオーバーSUVです。
今年の2月には5年ぶりにフルモデルチェンジとなり、エクステリアの拘りが注目されました。

マツダの人気SUV「CX-5」に関する詳しい情報は以下の記事で解説しています。

JC08モード燃費18.6
実燃費11.1~16.7
[単位]km/L

燃費の良いSUV車種比較ランキング【ディーゼルエンジンTOP5】

上記の総合ランキングでは、ハイブリッドモデルが多かったので、ここからはガソリンやディーゼルモデル別の順位もご紹介していこうと思います。

それでは、ディーゼルエンジンモデルのTOP5からご覧ください。

【第1位】マツダ CX-3 XD(25.0km/L)

マツダ CX-3 XD

マツダ CX-3は、先ほどご紹介した総合ランキングで第3位にランクインしています。
CX-3はマツダCXシリーズの最も手軽なモデルとして人気の高いモデルです。

以下の記事では、マツダCXシリーズ全車種のボディサイズやスペックを比較しています。

JC08モード燃費25.0
実燃費14.6~21.7
[単位]km/L

【第2位タイ】マツダ CX-5 XD(18.6km/L)

マツダ CX-5 XD

マツダ CX-5は、総合第10位でも紹介しました。

先ほどと同様の記事のリンクを、以下に掲載します。

JC08モード燃費18.6
実燃費11.1~15.8
[単位]km/L

【第2位タイ】ボルボ XC60 D4 (18.6km/L)

ボルボ XC60 D4

ボルボ XC60は2016年に発売されたばかりの新型車で、北欧デザインが魅力のクロスオーバーSUVです。
エクステリアはクーペの丸みとSUVの精悍さを同時に表現した、現代風のデザインが特徴的です。

2017年にはフルモデルチェンジが予定されており、PHVモデルも追加されます。

新型ボルボ XC60に関する最新情報については以下の記事をご覧ください。

JC08モード燃費18.6
実燃費11.1~16.7
[単位]km/L

【第2位タイ】BMW X3(18.6km/L)

BMW X3

BMW X3は、BMW 3シリーズのプラットフォームを流用したBMWのクロスオーバーSUVです。
X3は、X5より一回り小さく、トヨタ ハリアーの海外仕様であるレクサス RXに追随するべく、小型ラグジュアリーSUVとして進出しました。

BMW X3についてさらに詳しく知りたい方は、以下に紹介する記事のリンク先を参考にしてみてください。

JC08モード燃費18.6
実燃費10.8~16.2
[単位]km/L

【第5位】ミニ クロスオーバー(16.3km/L)

ミニ クロスオーバー

ミニ クロスオーバーは、BMWブランド「MINI」のクロスオーバーSUVモデルです。
当初日本での販売はクリーンディーゼルモデルのみでしたが、今年の7月にプラグインハイブリッドモデルである「クーパーSE ALL4」グレードが登場しました。

ミニ クロスオーバーについてさらに詳しく知りたい方は、以下に紹介する記事のリンク先を参考にしてみてください。

JC08モード燃費16.3
実燃費11.2~16.8
[単位]km/L

燃費の良いSUV車種比較ランキング【ガソリンエンジンモデルTOP5】

【第1位】ホンダ ヴェゼル X(20.6km/L)

ホンダ ヴェゼル X

ホンダ ヴェゼルは、先ほどご紹介した総合ランキング第5位タイでもランクインしています。
ガソリンエンジンながら、JC08モード燃費 20.6km/Lという高い燃費性能を発揮します。

先ほどと同様の記事リンクを以下に掲載します。

JC08モード燃費20.6
実燃費11.4~17.1
[単位]km/L

【第2位】日産 ジューク 15RX(18.0km/L)

日産 ジューク 15RX

日産 ジュークは、独特なデザインが発売当時話題を呼んだコンパクトクラスのクロスオーバーSUVです。
ボディデザインはクーペの雰囲気を漂わせつつも、しっかりとしたSUVとしての走行性能を確保しています。
ジュークは近いうちに次期フルモデルチェンジが予定されており、日産 ノートでお馴染みの「e-power」ハイブリッドが設定される噂が出ています。

新型日産 ジュークについて詳しく知りたい方は、以下に紹介する記事のリンク先を参考にしてみてください。

JC08モード燃費18.0
実燃費10.4~15.6
[単位]km/L

【第3位】スズキ エスクード(17.4km/L)

スズキ エスクード

スズキ エスクードは、スズキ伝統の本格派SUVです。
30年前の発売当初に比べれば、現代のSUVに求められる舗装道路での快適性や燃費性能、乗り心地の良さが向上しています。
現行は4代目ですが、3代目のエスクード2.4は旧型とはならず、併売されています。

2017年7月26日には、エクスクードに1.4L 直噴ターボエンジンを搭載したモデルが新たに発売されています。

ターボエンジンが搭載された新型エスクードについて詳しく知りたい方は、以下の記事のリンク先を参考にしてみてください。

JC08モード燃費17.4
実燃費10.9~16.3
[単位]km/L

【第4位】スズキ SX4 S-クロス (17.2km/L)

スズキ SX4 S-クロス

スズキ SX4 Sクロスは、2006年に発売したクロスオーバーSUVで、日本国外をメインに販売展開を行うスズキの世界戦略車です。
2015年に現行の2代目モデルとなりましたが、既に新型モデルがイギリスで発売されています。

日本にて7月発売のスズキ SX4のマイナーチェンジ情報について詳しく知りたい方は、以下の記事リンク先をご覧になってみてください。

JC08モード燃費17.2
実燃費12.1~18.2
[単位]km/L

【第5位】 日産 エクストレイル 20X(16.4km/L)

日産 エクストレイル 20X

日産 エクストレイルは、ハイブリッドモデルが総合7位にランクインしていますが、ガソリンモデルも高い燃費性能を発揮しています。
決してコンパクトとはいえないボディサイズながら、JC08モード燃費16.4km/Lという数値は高く評価されるべきでしょう。

JC08モード燃費16.4
実燃費9.8~14.8
[単位]km/L

一番燃費の悪いSUVは?

トヨタ ランドクルーザー ZX(6.7km/L)

トヨタ ランドクルーザー ZX

トヨタ ランドクルーザーは、世界的に活躍する大型SUVです。
V型8気筒エンジンの強力なパワーと、走行環境に応じて調整されるサスペンションや駆動システムによって高い走行性能を実現します。
その分、燃費がカタログ燃費ですら一桁で、非常に高燃費であるという代償がつきます。

トヨタ ランドクルーザーの歴代モデルついて詳しく知りたい方は、以下の記事のリンク先をご覧になってください。

JC08モード燃費6.7
実燃費4.7~7.1
[単位]km/L

走りと燃費の両立が日に日に進歩するSUVたち

トヨタ C-HR

SUVの燃費ランキングを総合TOP10、ガソリンモデルTOP5、ディーゼルモデルTOP5で紹介しました。
やはり総合で上位に食い込むのはハイブリッドモデルの車種が多いですが、マツダ CX-3のクリーンディーゼルもなかなか優秀でした。

ランキングを見るとわかる通り、SUVに求められる走行性能を保ちながら、現代のエコ需要に応える自動車メーカーの技術は日々進歩していると言えます。
今後はPHVやEVの登場もあるでしょうし、SUVの次なる姿を見る日も近いですね。

SUVに関連するおすすめ記事!

燃費に関するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!